プロミスの返済期間は選べるの?返済額や返済方法のメリット・デメリット!

「プロミスでカードローンを組みたいけど、返済期間のルールがよく分からない」
「プロミスの場合は返済期間を長くしても大丈夫なのか心配」

プロミスのカードローンを検討している方の中には、返済期間や期日に関するルールが分からない方もいるかと思います。

プロミスの返済期間および期日に関する基本的なルールは、以下の通りです。

  • 初回借入日の場合はおおよそ1ヶ月程度の返済期日
  • 返済期日が土日の場合は翌営業日

今回はプロミスの返済期間に関するルールをはじめ、期間別の返済総額例返済期間を長くするメリット・デメリットについて紹介します。

プロミスの利用を検討しているものの、返済期間について不明点が残る方は特に確認してみてください。

>>プロミス公式サイトはこちら<<

プロミスは返済期日を4種類から選択できる

プロミスの返済期日は、4つの期日から自由に選ぶことができます。

ただし、初回と2回目以降では返済期間や期日に関するルールが少し変わるので注意も必要です。

まずは返済期日の具体的な日にちと初回借入日について確認します。

返済期日は借入日によって通常4種類に分かれる

プロミスの返済期日は、4種類から自身のライフスタイル・給料日に合わせて選択できるのが特徴です。

【返済期日】

  1. 毎月5日
  2. 毎月15日
  3. 毎月25日
  4. 毎月末日

給料日が毎月20日であれば、25日もしくは末日を返済期日へ設定するのもありです。

ただし、返済期日が土日祝日・年末年始に該当する際は、翌営業日に変わるため事前に確認しておくことも大切です。(※店舗の営業日に沿って設定される)

たとえば返済期日2020年8月15日(土)の場合は、翌営業日の2020年8月17日(月)に変更されます。

プロミスの初回返済期日は借入日も関係している

プロミスでは、返済期日および返済期間に関して、初回と2回目以降では異なるルールとしています。

2回目以降の返済期日は翌月の指定日(4種類のうち1つ)ですが、初回は借入日も関係しているため少々ややこしいですよね。

そこで以下に借入日と返済期日・期間を整理したので確認してみましょう。

【初回借入のルール】

返済期日の指定
借り入れた日
返済期間
・5日を返済期日にする場合 1日~19日の間 ・借入日の翌月まで
・翌月の5日が返済期日
20日~末日の間 ・借入日の翌々月まで
・翌々月の5日が返済期日
・15日を返済期日にする場合 1日~末日(1ヶ月のうちどこか) ・借入日の翌月まで
・翌月の15日が返済期日
・25日を返済期日にする場合 1日~9日の間 ・借入日の同月中
・同月の25日が返済期日
10日~末日の間 ・借入日の翌月まで
・翌月の25日が返済期日
・末日を返済期日にする場合 1日~14日の間 ・借入日の同月中
・同月の末日が返済期日
15日~末日の間 ・借入日の翌月まで
・翌月の末日が返済期日

参考サイト:プロミス「ご返済期日について」

それぞれの借入日と返済期日に関するルールは異なるものの、どれも初回返済期間約1ヶ月程度になるよう調整されている傾向です。

ですので、返済期間は最大でも1ヶ月と考えておくと簡単です。

次回返済日の詳細は利用明細書で確認できるので、事前に返済計画を立てられます。

プロミスの期間別返済総額例と利息負担例

前述では、プロミスの返済期間と返済期日に関する基本的なルールと仕組みを簡単に説明しました。

しかし、金利と合わせた具体的な返済総額には、疑問点も多いのではないでしょうか。

プロミスでは一括返済の他に、借入額に一定の数値をかけた「残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれる方式を採用しています。

例を交えながら返済期間と返済総額について確認していきます。

例:借入額50万円の32回払いと58回払い

※利息17.8%で計算
32回払いの場合 58回払いの場合
借入額
50万円
利息
13万1,632円 24万8,998円
毎月の返済額
1万9,739円(32回目は1万9,723円) 1万2,914円(58回目は1万2,900円)
返済総額
63万1,632円 74万8,998円

上限金利で計算しているため同じ返済回数・金額であれば、上記を超える返済総額になることはありません。

法定金利は4.5~17.8%(年利)で、返済期間など借り入れ条件によって変わります。

2つの事例を見ても分かりますが、分割回数が増えるほど利息がかさみ、返済総額も増えています。

借入額と返済期間は、1ヶ月あたりに負担できる返済金額と利息による上乗せを総合的に考える必要があります。

プロミスの返済期間を長くするメリットとデメリット

ここまでプロミスの返済総額や返済期間などについて確認しました。

そこで疑問点となるのが、返済期間を長くした方がよいのか、それとも短縮した方がいいのかといった点ですよね。

返済期間を長くすることに関しては、メリット・デメリットどちらも存在します。

ですので、各々の給料日や一か月の総支出などから、適宜見極める必要があります。

返済期間を長くするメリット①1ヶ月あたりの負担を抑えられる

100万円や50万円など一括で負担できない場合は、返済期間を長くすることによって毎月の返済額を抑えながら利用できます。

【例:金利10%、借入額100万円の場合】
分割回数
毎月の返済額
10回 10万4,640円
20回 5万4,489円
30回 3万7,811円
40回 2万9,500円
50回 2万4,537円

上記のように分割回数が増えれば、1回の返済額もおさえられます。

これからプロミスを含むカードローンを利用する方は、毎月の支払額を無理のない範囲に設定するために返済期間を長くしておくのもひとつの選択肢です。

ただし、返済期間を長くするほど返済総額は増えますので注意しましょう。

返済期間を長くするメリット②繰り上げ返済の余地がある

返済期間を短くした場合、繰り上げ返済の余地が少なくなってしまいます。

返済期間を短くし過ぎると、状況によって毎月の返済負担が大きくなるリスクも存在します。

繰り上げ返済は決められた返済額を超える金額で返済し、期日前に完済する方法です。

あらかじめ長めに返済期間を設定しておけば、ボーナスなど収入に余裕がある月に繰り上げ返済し、早めの完済も可能ですよ。

もちろん、必ずしも返済期間の長さがメリットに繋がる訳ではありません。

しかし、繰り上げ返済など、余裕を持った計画を立てやすい側面もあります。

まずは自身の支払い能力を確認し、繰り上げ返済の余地があるかどうか考えてみましょう。

返済期間を長くするデメリット:返済総額が増えてしまうリスク

返済期間を長くした場合、毎月の返済負担を下げることができますが返済総額は増えてしまいます。

当たり前ではありますが、返済期間を長くすると毎月の利息および総支出は増える仕組みです。

そのため安易に返済期間を長くせず

  • なぜ返済期間を長くしなくてはいけないのか
  • 返済期間を短縮できる方法はあるか

この2点をよく考えて設定するのも重要です。

たとえばローンの総額が小さかったり、翌月や翌々月には完済できる状況であれば返済期間を短縮する方がいいですよね。

まとまった返済額の場合は返済期間を伸ばし、毎月の返済額を減らすことで無理なく完済するという選択肢もあります。

プロミスの返済期間を短縮する方法

カードローンは毎月の返済負担を減らすだけでなく、返済期間を短縮し早期完済へ向けた考え方も必要です。

代表的な短縮方法といえば、一括返済や繰り上げ返済です。

一括返済
返済を分割せず、一度に全ての金額を返済する方法
繰り上げ返済
毎月の返済金額を上回る金額で返済し、早期完済を目指す方法

返済総額を抑えるという点では、一括返済が適しています。

繰り上げ返済は、たとえば返済期間を長くし、その後収入に余裕が出た際に早期完済へ方向転換できます。

プロミスの返済期間について:まとめ

プロミスの返済期日は、5日・15日・25日・末日のいずかれ1つから自由に選択可能です。

次回の返済まで、初回借入日を含め1ヶ月程度で設定されています。

返済期間については、30回や50回など分割回数を増やすことで長くできます。

期間を長くする主なメリットは、毎月の返済額を抑えられたり繰り上げ返済しやすかったりといった点です。

ただし返済総額は増えるため、利息負担についても考える必要はあります。

プロミスは返済シミュレーションも可能ですし、30日間利息無料キャンペーン・即日融資など返済期間以外のメリットもあります。

借入を考えている方は一度プロミス公式サイトで返済シミュレーションを行うことをおすすめします。

>>プロミス公式サイトはこちら<<

関連コラム