プロミスは土日も利用可能?急な借り入れをするための方法や注意点

最終更新日:
プロミスは土日も利用可能?急な借り入れをするための方法や注意点

「土日に冠婚葬祭が急に入ったけど、お金が足りない!」
「給料日前に生活費が無くなりそう……」

そんなときに頼りになるのが、大手消費者金融「プロミス」のカードローン。

プロミスのカードローンは土日・祝日でもパソコンやスマートフォンから簡単に利用できるのが長所です。

今回は、プロミスを土日に効率よく利用する方法や注意点をお伝えします。

急な出費で土日の間にお金が必要な方や、平日に手続きをする時間のない方は必見です!

プロミスで土日にできること

プロミスは土日・祝日でも以下の手続きを利用可能です。

  • 新規申込
  • 借り入れ
  • 返済
  • 各種問い合わせ

ただし、受付時間など平日利用時との違いもあるため、それぞれ詳しく説明していきます。

新規申込

プロミスは土日でも新規申込が可能です。

しかし、土日の申し込みに対応しているのは「Web」「プロミスコール」「自動契約機」の3つのみで、店頭での申し込みはできません。

また、プロミスコールからの申し込みはオペレータではなく自動音声対応となります。

特別な理由がなければ、24時間受付で平日との違いもないWeb申込が最もおすすめです。

申込方法 土日 平日
Web 24時間可 24時間可
プロミスコール 9:00~21:00
(自動音声)
9:00~21:00
(18時まではオペレータ)
自動契約機 9:00~21:00 9:00~21:00
店頭窓口 × 10:00~18:00

借り入れ

プロミスでは「口座振込」もしくは「ATM」から、土日でも借り入れできます。

原則24時間いつでも借り入れ可能ですが、ATMの設置先や振込先の金融機関によって受付時間が異なる場合もあります。

借入方法 土日 平日
口座振込 24時間可 24時間可(※)
プロミスATM 7:00~24:00 7:00~24:00
提携ATM 設置先による 設置先による
店頭窓口 × 10:00~18:00

※:毎週月曜日の0:00~7:00はメンテナンスにより利用不可

返済

土日にプロミスに返済するには「Web」「ATM」「マルチメディア端末」の3つの方法があります。

借り入れ時と同じくATMやマルチメディア端末は設置先の営業時間によりますが、原則24時間いつでも返済可能です。

返済方法 土日 平日
Web 24時間可(※) 24時間可(※)
口座振替 自動引落 自動引落
プロミスATM 7:00~24:00 7:00~24:00
提携ATM 設置先による 設置先による
マルチメディア端末 設置先による 設置先による
店頭窓口 × 10:00~18:00

※以下の時間帯はメンテナンスにより利用不可
・毎週日曜日23:00~月曜日7:00
・毎月第3日曜日0:00~6:00
・前日土曜日の23:00~24:00

各種問い合わせ

プロミスに問い合わせたい場合はプロミスコールに電話しましょう。

プロミスコールでは土日も含めて24時間受け付けていますが、土日の場合は自動音声対応のみとなっているので注意が必要です。

複雑な相談など、オペレータに対応してほしい場合は平日に問い合わせるようにしましょう。

ただし、カード紛失・盗難のような場合は、土日でもオペレータが対応してくれるので安心して下さい。

プロミスに土日に申し込む方法

前述の通りプロミスには土日でも申し込みが可能で、3つの申込方法が利用できます。

ここでは、中でもおすすめな「Web申込」「自動契約機申込」について更に詳しく解説します。

最もおすすめは時間制約のないWeb完結

土日や祝日にプロミスに申し込むなら、受付時間に制約のないWeb完結がおすすめです。具体的なメリットは以下の通り。

    Web完結で申し込むメリット

  • 24時間いつでもどこでも申し込める
  • 最短30分で借り入れ可能
  • ローンカードや書類などの郵送がない

インターネット環境さえあれば、時間や場所を選ばず申し込み可能なのがWeb完結最大のメリットです。

スマホかPCがあればすべての手続きができるので、自動契約機のところまで行く必要もなければ、郵送物を出しに外に出る必要もありません。

審査の所要時間も最短30分と短く、土日祝日に融資を受けたい場合には最適の方法でしょう。

また、Web完結で申し込んだ場合はカードが発行されないため、周囲に借り入れがバレにくいのもメリットの1つです。

簡単操作で申し込める自動契約機も便利

プロミスカード(ローンカード)が必要な場合は、自動契約機を利用した申し込みがおすすめ。

自動契約機は日本各地に設置されており、簡単な操作だけでローンを申し込めます。

稼働時間は9時~22時、審査時間は9時~21時という制約があるのが難点です。

しかし、土日祝日でも申し込みを受け付けているのは大きなメリットと言えます。

周辺の自動契約機はこちらから検索可能です。

土日の審査にかかる時間はどれくらい?

プロミスの審査にかかる時間はWeb申込なら「最短30分」、自動契約機なら「30~40分」となっており、土日と平日で違いはありません

また、Web申込であれば土日であっても24時間申し込みが可能ですが、審査が行われるのは9:00~21:00の間だけなので注意が必要です。

必ず30分で終わるわけではない

「最短30分」、「30分~40分」といった時間は、あくまで最短時間です。

実際は審査状況、申込者の情報、在籍確認の可否や書類不備の有無などによって、審査時間は変わってきます。

実際に30分で審査が終わる人もいれば、数時間~翌日まで審査の連絡が来ない人もいるようです。

そのため、少しでも早く借り入れをしたい方はなるべく1日の早い時間に申し込みましょう。

審査時間については以下の記事も参考にしてみてください。

審査内容は土日も平日も同じ

土日の申し込みであっても、審査内容は平日と違いはありません

審査を完了させるには申込者の在籍確認が必須となっていますが、勤務先が土日は休日であれば在籍確認ができない点には注意してください。

勤務先は休日だがどうしても土日に審査を完了させたい場合は、プロミスコールに相談すれば何らかの対応をしてくれる場合もあるそうです。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

プロミスで土日に借り入れる方法

プロミスでは土日でも原則24時間借り入れが可能です。

ここでは特におすすめな「瞬フリ」と「ATM」による借入方法を詳しく解説していきます。

土日でもすぐ借り入れたいなら「瞬フリ」

土日や祝日にすぐ借り入れたい場合は、24時間365日最短10秒(※)で振り込みが行なわれる「瞬フリ」がおすすめです。
※:金融機関によって振込が実施できる時間帯は異なる

瞬フリを利用する場合、まずはWeb会員サービスにログインしましょう。

ログイン時には取得済みのWeb ID・パスワード、もしくはカード番号とカード暗証番号が必要です。

その後サービス内で口座を登録し、瞬フリを申し込めばすぐにお金が振り込まれます。詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

ATMでも土日に借り入れ可能

瞬フリを利用できる口座がなくても、ローンカードがあれば土日でもATMで借り入れ可能です。

プロミスの借り入れができるATMには「プロミスATM」の他、提携している金融機関やコンビニに設置されている「提携ATM」があります。

利用時には手数料が必要になりますが、「プロミスATM」か「三井住友銀行ATM」であれば手数料無料で利用できるのでおすすめです。

提携ATM一覧

提携ATM一覧
三井住友銀行 三菱UFJ銀行 西日本シティ銀行
横浜銀行 東京スター銀行 第三銀行
福岡銀行 熊本銀行 ゆうちょ銀行
親和銀行 広島銀行 八十二銀行

提携ATMの利用手数料

利用金額 借入時 返済時
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

土日でも即日融資を受けるには?

ここまで土日に申し込む方法と借り入れる方法をそれぞれ解説してきましたが、できるなら土日でもその日のうちに借り入れまでを済ませたいと思う人が多いでしょう。

そこで、次は土日でも即日融資を受けるためのポイントを以下の3つご紹介します。

  • 19時までにWebで申し込む
  • 職場が土日休みの場合は事前に相談する
  • 書類は不備がないように準備する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

19時までにWebで申し込む

土日に即日融資を受けたい場合、申込方法は必ずWeb完結を選びましょう。

時間や場所を選ばずに申し込める上、ローンカードや郵送物なしで契約できるため他の申込方法と比べて最もスピーディーです。

また、融資を受けるには審査を完了させる必要があり、審査は21時までしか行われません。

審査は最短30分ですが、平均すると1時間程度かかるとも言われており、在籍確認の状況次第ではさらに時間がかかる可能性もあります。

そのため、ある程度の余裕を持たせて19時までには必ず申し込むようにしましょう

職場が土日休みの場合は事前に相談する

審査を完了させるには在籍確認は必ず行われなければいけません。

そのため、土日に即日融資を受けるにはその日中に在籍確認まで完了する必要があるのですが、勤務先が土日は非営業日だというケースは少なくないでしょう。

そういった場合は申込後すぐにプロミスコールに相談してみましょう。

勤務先への確認以外の方法(書類での確認など)で在籍確認を完了できる場合があります。

書類は不備がないように準備する

申し込み時には「本人確認書類」「収入証明書類」の2種類の書類が必要になります。
(※収入証明は借入額が少額なら不要になる場合もあります。)

これらの書類に不備があると審査はやり直しになってしまうため、その日中の借り入れは非常に厳しくなるでしょう。

そのため、土日に即日融資を受けたい場合は必ず必要書類を準備しておきましょう。

    本人確認書類

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証+補助書類1点(※1)
  3. パスポート
  4. マイナンバーカード(※2)
  5. 在留カード/特別永住者証明書
  6. 住民基本台帳カード

※1:住民票や公共料金の控えなど現住所のわかるもの
※2:通知カードは不可

    収入証明書類

  1. 源泉徴収票
  2. 確定申告書
  3. 税額通知書
  4. 所得(課税)証明書
  5. 給与明細書+賞与明細書

※:いずれも最新のものが必要

プロミスを土日に利用する際の注意点

最後にプロミスを土日に利用する際の注意点を3つご紹介します。

急な土日利用でも焦らないよう事前に注意点を抑えておきましょう。

  • 返済日が重なると翌営業日に
  • 土日は増額審査が行われない
  • 土日はオペレータ対応がない

それぞれ解説していきます。

返済日が重なると翌営業日に

プロミスでは返済日を5日、15日、25日、月末の4種類から選択できます。

しかし、これらの返済日が土日や祝日と重なった場合は、返済日が翌営業日にずれるので注意してください。

ずれるといっても返済日が早まるわけではありませんが、返済方法を自動引落にしている場合などは既に返済が終わったと勘違いしてお金を使ってしまわないよう注意が必要です。

土日は増額審査が行われない

プロミスを利用中に借入額を増額したい場合は、別途増額の申し込みが必要になります。

増額の申し込みは土日でも問題なくできますが、申込後の増額審査は平日9:00~18:00の間しか行われないので注意してください。

借入額の増額が必要になりそうな場合は、早めに申し込むのをおすすめします。

土日はオペレータ対応がない

土日でもプロミスコールへの連絡は可能ですが、その場合は自動音声による対応になります。

複雑な相談など、オペレータに対応してほしい場合は平日9:00~18:00の間に連絡する必要があるので注意してください。

プロミスは土日でも利用可能だが受付時間には要注意!

プロミスは土日でも新規申込、借り入れ、返済などの各種手続きが可能です。

しかし、やり方によっては平日と受付時間が異なる場合もあるので、土日でも24時間対応可能なWebからの各種手続きをおすすめします。

また、土日に即日融資を受けたい場合は、なるべく早い時間に申し込みを行い、在籍確認や提出書類で時間がかからないように事前に準備して、Web完結申込+瞬フリを利用しましょう。

上記のようにいくつかの点に気を付けさえすれば、プロミスでは土日の即日融資も可能です。

急な出費が必要になってしまった場合は、プロミスに頼るのも選択肢の1つとして検討してみてください。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム