プロミスは土日でも利用できる?当日中に必要なお金を借りる方法

プロミスは土日でも利用できる?当日中に必要なお金を借りる方法

「土日に急な冠婚葬祭が入ったけれどお金がない!」
「来週の給料日の前に手元のお金が無くなりそう……」

そんなときに頼りになるのが、大手消費者金融「プロミス」のカードローン。

プロミスのカードローンは土日・祝日でも最短即日で借りられるうえ、パソコンやスマートフォンから簡単に申し込めるのが長所です。

今回は、プロミスを土日に効率よく利用する方法や、申し込む際の注意点をお伝えします。

急な出費で土日の間にお金が必要な方や、平日に手続きをする時間のない方は必見です!

土日祝日にプロミスを利用するならWeb完結での申込みがおすすめ

土日祝日にプロミスで借入を申し込むなら、受付時間に制約のないWeb完結での申し込みがおすすめです。

Web完結で申し込むメリット

  • 24時間いつでもどこでも申し込める
  • 最短30分で借り入れ可能
  • ローンカードや書類などの郵送がない

インターネット環境さえあれば、時間や場所を選ばず申し込み可能なのがWeb完結最大のメリットです。

スマホかPCがあればすべての手続きができるので、自動契約機のところまで行く必要もなければ、郵送物を出しに外に出る必要もありません。

審査の所要時間も最短30分と短く、土日祝日に融資を受けたい場合には最適の方法でしょう。

また、Web完結で申し込んだ場合はカードが発行されないため、周囲に借り入れがバレにくいのもメリットの1つです。

Web完結が使えない場合は自動契約機が便利

何らかの事情でプロミスのWeb完結を使えない場合は、自動契約機を利用した申し込みがおすすめです。

自動契約機は日本各地に設置されており、簡単な操作だけでローンを申し込めます。

稼働時間は9時~22時、審査時間は9時~21時という制約があるのが難点です。

しかし、土日祝日でも申し込みを受け付けているのは大きなメリットと言えます。

周辺の自動契約機はこちらから検索可能です

土日祝日に審査に通った後、すぐにお金を借りるなら「瞬フリ」

土日祝日に審査に通ったら、次に実際にお金を借りましょう。

ATMなどを利用しても良いのですが、土日祝日はATMの手数料が高いため、手数料無料の「瞬フリ」がおすすめです。

瞬フリはオンライン上の手続きだけで、自分の口座にお金が振り込まれるサービスです。

振込までは最短10秒。ATMがある場所まで出かけなくてもいいので、非常に効率的な方法と言えます。

瞬フリを利用する方法

瞬フリを利用する場合、まずはWeb会員サービスにログインしましょう。

ログイン時には取得済みのWeb ID・パスワード、もしくはカード番号とカード暗証番号が必要です。

その後サービス内で口座を登録し、瞬フリを申し込めばすぐにお金が振り込まれます。

プロミスWeb会員サービスへのログインはこちらから

プロミスを土日祝日に利用する際の注意点

当日中に借入をしたいなら19時までに申し込む

Web申込みの受付時間は土日祝を含めた24時間、自動契約機での受付時間は9時~22時までとなっています。

しかし、プロミスで審査が行われるのは申し込み時間に関わらず、9時~21時のみです。

つまり、遅い時間に申し込んだ場合、審査結果の回答は翌日以降になってしまう可能性が高くなります。

プロミスの申し込みから借り入れまでには、最短でも30分~1時間程度はかかるのが通常です。

さらに、申し込んだ日の混雑状況や書類の不備、在籍確認などによって審査に更に時間がかかるケースもあります。

そのため、当日中の借入を望んでいる方は、遅くとも19時には申し込んでおいた方が安全だと言えるでしょう。

土日でも在籍確認は省略できない

プロミスをはじめとした消費者金融では、審査の最終段階で必ず「在籍確認」を行ないます

在籍確認とは、申し込み者が本当に申請した職場に勤めているかどうか確認する作業です。

電話に出る人がいないと在籍確認はできないため、職場に人がいない場合は審査がストップしてしまいます。

土日祝が休みの職場に勤めている場合、審査の結果は月曜日まで出ない点には注意しておきましょう。

土日祝日でもプロミスの返済手数料が0円になるオトクな方法とは?

プロミスのカードローンは様々な返済方法を採用していますが、その中には手数料が110円~220円(税込)程度かかる方法も少なくありません。

1回当たりの負担額は少ないですが、回数を繰り返すと金額がかさんできます。

土日祝日でも返済に費やす手数料を0円にしたい場合は、以下の返済方法の中から選ぶようにしましょう。

  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • プロミスATM
  • コンビニのマルチメディア端末
  • 三井住友銀行のATM

インターネット返済

各金融機関のインターネットバンキングで所定の手続きを行えば、普段利用している金融機関口座からプロミスへの返済が可能になります。

対象となるのは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行など全国1100以上の金融機関です。

口座振替(口フリ)

予め登録した口座から自動的に毎月の返済額が引き落とされるサービスが口座振替(口フリ)。

自動でお金が引き落とされるため、手間がかからないのと支払い日を忘れずに済むのがメリットです。

支払いを忘れてしまうと、実質年率20%の遅延損害金が発生するので、延滞を避けたい方は登録しておくと良いでしょう。

その他の返済方法

ATMや端末から返済する場合は「プロミスATM」「コンビニのマルチメディア端末」「三井住友銀行ATM」のいずれかの利用をおすすめします。

それ以外の端末(例えば各提携銀行のATMなど)から返済すると、手数料を取られてしまうので気をつけましょう。

プロミスは土日祝でも利用可能!急いでいるときは瞬フリが便利

  • プロミスの申し込みは土日祝でも可能
  • Web完結や瞬フリを活用しよう
  • 当日中に融資を受けたい場合は19時までに申し込む

プロミスのカードローンは土日祝日でも即日融資が受けられるのが大きな魅力です。

プロミスの審査に通過し、契約が完了した後に瞬フリを利用すれば、すぐに自分の口座にお金が振り込まれます。

Web申し込みなら24時間いつでも申し込みが可能な上、ほとんど手間もかかりません。

土日の急な出費に困っている方は、プロミスへの申し込みを検討してみてください。

関連コラム