アイフルの審査通過率は?原因と対策から学ぶ通過率を上げるコツとは

最終更新日:
アイフルの審査通過率は?原因と対策から学ぶ通過率を上げるコツとは

「アイフルの審査通過率ってどれくらい?」
「少しでも通過率を上げる方法はあるの?」

アイフルへの申し込みを検討している方で、審査通過率がどれくらいなのか気になっている方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではアイフルの審査通過率や審査通過のポイント、そして審査に落ちた原因を元に審査通過率を上げる対策をご紹介します。

少しでも審査に通る可能性を高めてからアイフルに申し込みたい方はぜひ参考にしてください。

アイフルの審査通過率は約40%

カードローンの審査は申込者の職業、勤続年数、年収、さらには過去のローン利用履歴やクレジットカード支払履歴など、様々な情報を元に行われます。

そのため、たとえ大手企業に勤めていても審査に落ちる可能性はありますし、逆に年収が低くても審査に通る可能性はあるでしょう。

カードローンの審査はどこも厳しい

カードローンを利用する時、審査が甘いのはどこかが気になると思います。

しかし、アイフルなど消費者金融のカードローン審査は基本的にどこも厳しくなっています

というのも、消費者金融などの貸金業者は貸金業法といった法律(※以下参照)によって厳密な審査が義務付けられているからです。


■貸金業法 第十三条(返済能力の調査)
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
※引用:貸金業法|e-Gov

つまり、無理な貸し付けによって借金に苦しむ人を増やさないよう法律によって厳密な返済能力の調査(=審査)を求められているのです。

アイフルの成約率は40%程度

では、実際にどれくらいの人がアイフルの審査に落ちているのでしょう?

公式の発表ではアイフルの成約率は2020年8月時点では41.1%(※)となっているため、約半数以上が審査に落ちていると言えます。

とはいえ、40%の人は審査に通過しているのもまた事実

この40%に入るためにも、まずは審査に落ちる原因にはどういったものがあるのかを見ていきましょう。

※参考:アイフル月次推移(2020/4~2021/3)|アイフル公式

何らかの理由で自ら審査キャンセルした人も含まれるため必ずしも成約率=審査通過率にはなりません

審査が不安ならまずは「1秒診断」

「自分は審査に通過できるのかな?」と不安な方のために、アイフルでは「1秒診断」が受けられるようになっています。

1秒診断とは、必要事項を入力するだけで融資可能か簡易的に診断できるサービスです。

仮に融資不可と診断されても信用情報には何も影響はないので、誰でも気軽に受けられるのが特徴です。

ただし、あくまで簡易的な診断なので「融資可能」と診断されても、審査に通る保証があるわけではないので注意してください。

    ■ 「1秒診断」の必要項目

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

※年齢は20~69歳の方が対象
※クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除く借入状況を入力

アイフルの審査通過のポイント

それではこの40%の審査に通過するためには、いったいどんなポイントに注意すればいいのか?

ここでは審査通過のポイントをご紹介しますが、その前にアイフルの申込条件を確認しておきましょう。

    ■ アイフルの申込条件

  • 満20歳~69歳であること
  • 安定した収入と返済能力があること

アイフルでは、最低でもこれらを満たしていないと必ず審査に落ちるので注意してください。

申込条件を満たしている上で、審査通過の基準となるポイントは大きく分けると以下の3つです。

    ■ 審査通過の3つのポイント

  1. 返済できる経済力があるか
  2. 申込内容に嘘偽りはないか
  3. 既に多額の借金を抱えていないか

返済できる経済力があるか

あなたがお金を貸す立場になったと考えた時、最も心配するのが「本当に返してくれるのか?」といった点ではないでしょうか。

アイフルの審査でもそういった点は当然重要なポイントとなります。

正確な審査基準までは公開されていませんが、返済できる経済力があるかどうかは「年収」「勤務会社」「勤続年数」などを元に審査されると言われています。

申込内容に嘘偽りはないか

誰かにお金を貸す際、相手を信頼できないとやはり不安ですよね。

特に嘘をついてるような人にお金を貸したいと考える人はおそらくいないでしょう。

そのためアイフルの審査でも申込内容に嘘偽りがないかはとても重要な審査基準となっています。

尚、詳細は後述しますが、アイフルの審査ではあらゆる情報機関から申込者の情報を収集するため、嘘の情報はほぼバレると考えた方がいいでしょう。

既に多額の借金を抱えていないか

既に他の人からもお金を借りていて返せていない人がお金を貸してくれと言ってきた場合、あなたも本当に返してくれるのか不安になるでしょう。

それと同じように、アイフルの審査では既に他の金融機関などから借り入れがあるかどうかは必ずチェックされます。

ただし、他社から借り入れがあるから審査NGとなるわけではなく、あくまで審査で不利になる程度だと考えてください。

アイフルの審査に落ちる原因

ここまで審査通過の大まかなポイントをご紹介してきましたが、具体的に何に気を付ければいいのかをここからは詳しく解説していきます。

しかし、アイフルの審査通過率を上げる対策を考えるにはまず審査に落ちる原因を知り、そこから対策を考えるのが一番の近道です。

そこで、実際に審査に落ちた人の特徴からアイフルの審査に落ちる原因6つをピックアップしてみました。

    ■ 審査に落ちる6つの原因

  1. 申込内容に不備や虚偽がある
  2. 収入が安定していない
  3. 年収の3分の1以上の借入を希望している
  4. 既に複数社から借り入れしている
  5. 短期間に複数社へ同時申込している
  6. 信用情報に問題がある

それではそれぞれを詳しく解説していきます。

申込内容に不備や虚偽がある

申込時に入力する個人情報や勤務先情報などの必要事項に不備や虚偽があった場合は審査に落ちてしまいます。

入力ミスなどの不備であれば、大抵の場合は確認の電話が入ってその場で修正されますが、年収や勤務先の情報など明らかな虚偽だと判断されれば審査に落ちる原因となるでしょう。

少しでも審査に通る可能性を上げようと見栄をはっても確実に嘘だとバレますので、故意による虚偽申告も当然おすすめできません。

また、正直に書いていたとしても以下のようなケースでは審査に落ちる原因となってしまうので注意してください。

  • 詐欺や犯罪の疑いがある
  • 暴力団と関係している疑いがある

収入が安定していない

審査では返済能力の有無を調査されるため、収入が安定していない場合は審査に落ちる原因となるでしょう。

まず大事なのは「年収の額」です。収入の多さ=返済能力の高さと判断されますので、やはり年収の額は重要な要素になります。

ただし、毎月の給料の「安定性」や、どれほどの期間その収入を得ているかの「継続性」も同じくらい重要です。

たとえ年収の額が高いからとって収入のある月とない月があったり、年収が高かったのは直近1年だけといった状況では審査に落ちる原因にもなり得ます。

年収の3分の1以上の借入を希望している

借入希望額が年収の3分の1を超える場合は審査に落ちる原因となってしまいます。

なぜなら貸金業者には「総量規制」といったルールがあり、それによって年収の3分の1を超える貸し付けは行ってはいけないと定められているからです。


引用:日本貸金業協会

例えば上の図のように、年収が300万円の方が100万円以上の借り入れを希望した場合は審査に落ちるでしょう。

また、このルールは1社に対してだけではなく、複数社からの借り入れでも同様に適用されます。

既に他社から借り入れがある場合は、その合計額が年収の3分の1を超えないように借入希望額を調整する必要があるのです。

既に複数社から借り入れしている

たとえ総量規制の範囲内の額であっても、既に複数社からの借り入れがある場合は審査に落ちる原因となり得ます。

なぜなら複数社から借り入れがあると、「お金に困っている」「返済能力が低い」などと判断される可能性が高くなるからです。

明確な件数は開示されていませんが、他社からの借入件数が多ければ多いほど、審査に落ちる可能性は高くなると考えてください。

短期間に複数社へ同時申込している

カードローンだけでなく、クレジットカードの支払情報やその他ローンの利用情報などのお金に関する情報は、「信用情報」として信用情報機関に保管されます。

そしてこの信用情報機関では、1~2ヶ月の間に4社以上の申込履歴がある人は「申込ブラック」として記録されるのです。

これは多重債務者になる危険性のある人といった意味合いで、この状態になるとアイフルの審査に落ちる可能性は非常に高くなるでしょう。

信用情報に問題がある

「信用情報」は複数社への同時申込がなくても審査の上で非常に重要になります。

信用情報機関にはあらゆるお金に関する情報が記録されているため、過去に金融事故を起こしている場合は審査に落ちる原因となるでしょう。

例えば、以下のような事例が該当します。

  • クレジットカードの支払延滞
  • 携帯代金の支払延滞
  • 自己破産などの債務整理

これらの情報は6ヶ月間にわたって保管されるため、過去6ヶ月に該当するような事故を起こしていないか確認しておきましょう。

アイフルの審査通過率を上げる対策

さて、アイフルの審査に落ちる主な原因がわかった所で、いよいよ審査通過率を上げる対策のご紹介です。

先にご紹介した審査に落ちる原因からわかった、審査通過率を上げる対策は以下の6つです。

    ■ 審査通過率を上げる対策

  1. 借入希望額を低くしてみる
  2. 他社からの借入件数を少しでも減らす
  3. 信用情報を確認しておく
  4. 複数社への同時申込は避ける
  5. 利用目的は印象を考慮する
  6. 再申込は半年以上時間を空ける

それではそれぞれの対策について詳しく見ていきましょう。

借入希望額を低くしてみる

審査では申込者が借り入れた金額を問題なく返済できるかどうかを判断されているため、借入金額が高くなればなるほど審査に落ちる可能性は高くなります。

そのため、再申込をする際は借入希望額を低くしてみるのも有効な手です。

一度審査に落ちてしまうと半年間はカードローンを利用できない可能性が高くなるので、借りられないよりマシだと考えて必要な額よりも少なめに借り入れる選択肢も検討してみてください。

他社からの借入件数を少しでも減らす

他社からの借り入れが多いと審査に落ちる可能性は高くなります。

これは、総量規制に引っかかる可能性があるので借入金額ももちろん減らす必要があるのですが、それよりも重要なのは借入件数です。

同じ金額を借り入れてるのであれば、借入先が多い方が印象は悪くなるので審査に落ちる可能性も高くなるでしょう。

まずは1社に集中して返済していく」「おまとめローンを利用する」などの方法で少しでも借入件数を減らしてみてください。

「おまとめローン」とは複数社からの借金を1社にまとめて返済できるサービスです。返済専用サービスのため追加借入はできませんが、金利や返済額を下げられる場合もあるので、多重債務にお悩みの方にはおすすめです。

信用情報を確認しておく

ここまで審査には「信用情報」が重要だとご説明してきましたが、実は「信用情報」は自分で確認する方法があります。

そのため、アイフルの審査に落ちてしまった場合、再申込をする前に自分の「信用情報」を確認しておきましょう

アイフルが加盟している信用情報機関と、確認手順の流れは以下の通りです。

指定信用情報機関(CIC)
主に消費者金融やクレジットカード会社で登録された信用情報を取り扱う信用情報機関。まず情報開示するならこちらがおすすめ
情報開示手順
情報開示までの流れ
日本信用情報機構(JICC)
消費者金融や銀行など幅広い金融機関で登録された信用情報を取り扱う信用情報機関。
情報開示手順
信用情報の確認

開示してもらった信用情報に「異動」の文字があればあなたの信用情報はブラックになっているので申し込みを控えた方がいいでしょう。

信用情報の開示には手数料1,000円が必要です。

複数社への同時申込は避ける

こちらも審査に落ちる原因でもお伝えしましたが、複数社に同時申込をした記録が残っていると、「お金に困っている人」「返済能力がない人」と判断されてしまいます。

そのため、再申込をする場合でも、複数社への同時申込は避けるようにしましょう

利用目的は印象を考慮する

アイフルの審査では申し込み項目の利用目的も参考にされています。

間違っても「ギャンブル」「投資」などを目的として記載するのは避けましょう。

また、「生活費」や「引っ越し費用」などは普通にありそうな目的ですが、返済能力を低く判断されやすかったり、引っ越しにより連絡がつかなくなる可能性を懸念されるためあまりおすすめできません。

良い印象(安心できる印象)を与える利用目的には「資格取得」「冠婚葬祭」などがおすすめ

ポイントはあくまで一時的な出費であるといった印象を与えられると審査に落ちるような悪い印象は与えにくいでしょう。

再申込は半年以上時間を空ける

審査に落ちる原因の中で、カードローン審査には信用情報機関に保管された「信用情報」が影響しているとお伝えしました。

これはアイフルの審査に落ちてしまった場合もやはり「審査に落ちた」といった記録が残ってしまいます。

そしてこれらの信用情報は半年間記録されるため、再申込をする場合は必ず半年以上時間が経ってから申し込みましょう。

アイフル以外の消費者金融の場合も同じ信用情報を元に審査が行われているため、半年以上時間が経ってから申し込みましょう。

\★対策万全になったらアイフルに申し込んでみよう☆/

審査通過率を上げたいなら原因と対策を万全に

アイフルなどの消費者金融をはじめ、貸付業者の審査は決して甘いものではありません。

とはいえ、アイフルでは審査通過率が約40%あり、3人に1人は審査に通る計算となります。

そのため、審査に落ちた原因とその対策を事前に把握し、少しでも審査に通る可能性を上げてから申し込みましょう。

審査に落ちる原因と通過率を上げる対策のまとめは以下の通りです。

アイフルは無理のない範囲で正しく利用すれば急な出費も助けてくれる非常に心強いサービスと言えるでしょう。

    ■ 審査に落ちる原因

  1. 申込内容に不備や虚偽がある
  2. 収入が安定していない
  3. 年収の3分の1以上の借入を希望している
  4. 既に複数社から借り入れしている
  5. 短期間に複数社へ同時申込している
  6. 信用情報に問題がある
    ■ 審査通過率を上げる対策

  1. 借入希望額を低くしてみる
  2. 他社からの借入件数を少しでも減らす
  3. 信用情報を確認しておく
  4. 複数社への同時申込は避ける
  5. 利用目的は印象を考慮する
  6. 再申込は半年以上時間を空ける

人気 アイフル

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
利用限度額 最大800万円
郵送物一切なし!
カードレスだからスマホひとつで簡単操作!
  • 24時間365日、いつでも申込み可能な最短30分審査、即日融資が可能なカードローン!
    更に最大30日間利息は0円!
  • 無担保・無保証人で借り入れOK。
  • 20~60代まであらゆる人におすすめ。

関連コラム