SMBCモビットの審査を通過するには?審査基準を知り借入を実現させる!

SMBCモビットを利用したいけれど、審査に落ちたらどうしよう…と、申し込みをためらっていませんか?

SMBCモビットの審査基準は標準的で、他の消費者金融と同じと言われています。審査に通るためには以下の3点を意識すればいいでしょう。

    SMBCモビットの審査に通る条件

  • 安定的に一定以上の収入を得ている
  • 他社から年収の3分の1以上の額を借り入れていない
  • 借り入れている金融業者が少ない

今回紹介する審査に通るコツを押さえたら審査に通過しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査の特徴

まずは、SMBCモビットの審査の特徴から詳しくみていきましょう。

WEB完結なら在籍確認の電話がない

SMBCモビットには電話連絡や郵送物によるやり取りが発生しない「WEB完結」の申し込み方法があります。

「WEB完結」で申し込みをすれば、勤務先へ在籍確認の電話もかかってきません。

キャッシングの利用を勤務先に知られる心配がないため、安心して申し込めるでしょう。

勤務先が実在しているか、年収と勤続年数に違和感がないかなど、書類の内容を審査されます。
    WEB完結申込をするのに必要な銀行口座

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

ただし、「WEB完結」で申し込むには上記いずれかの金融機関の本人の口座が必要です。

どれか一つでも口座を持っていれば、WEB完結申込をおすすめします。

10秒で簡易審査結果がわかる

SMBCモビットの申し込みで必要事項を記入すると、途中で「簡易審査結果」が表示されます。

簡易審査結果は、正式な審査結果ではありませんが、審査に通過する見込みがあるかどうかが分かるため、大変便利なサービスです。

簡易審査で芳しくない結果が返ってきたら、すぐさま別の消費者金融への申し込みを検討できます。

最短30分で本審査が完了

SMBCモビットの審査にかかる時間は最短30分です。

できるだけ早く融資を受けたい方は、申し込みを行ったその日から利用できるでしょう。

ただし、営業終了の30分前や1時間前に申し込む場合は、審査結果が翌日に出る可能性が高いので注意が必要です。

希望すれば即日審査が可能

SMBCモビットは、申し込み完了後にコールセンターへ電話をかけると、可能な限り早く審査を開始してくれます。

書類に不備がない限り、即日で結果が出る可能性が高いでしょう。審査結果はメールで届くため、電話に出られず結果が分からなくなる心配はありません。


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査難易度

大手カードローン会社の新規成約率
社名 成約率
SMBCモビット 非公開
アイフル 43.7%
アコム 43.6%
プロミス 41.1%


※2020年3月のデータです。

参考:月次データ|アイフル
参考:月次データ|SMBCコンシューマーファイナンス
参考:マンスリーレポート|アコム

カードローン会社では、新規申込者数に対してどれだけ新規貸付を行ったかをデータ化しており、これを成約率と言います。

SMBCモビットの成約率は非公開ですが、その他のカードローン会社の成約率はおよそ4割強といったくらいです。

カードローンの審査難易度は主に金利が大きく関わっており、金利が低いと審査難易度が上がると言われています。

SMBCモビットと他社の金利比較
社名 金利
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

SMBCモビットとその他のカードローン会社の金利や貸付金額に大きな差がない点から、審査基準は近いものと考えられます。

したがって、SMBCモビットの審査はとりわけ甘いとは言えず、標準的だと言えるでしょう。


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査の申し込み条件

SMBCモビットでは、審査の申し込みできる条件を下記のように明確に定めています。

    SMBCモビットの申し込み資格

  • 年齢が20~69歳以下である
  • 安定した定期収入がある
  • アルバイト・パート・派遣社員などの非正規雇用、自営業も申し込み可能(基準を満たす場合のみ)

上記の基準を満たしていればSMBCモビットに申し込みができるので、正社員の方は資格があると言えます。

非正規雇用者、自営業者が申し込める条件は公開されていませんが、一定期間継続的に収入を得ている必要があるのは明白でしょう。

また、保証人や担保、印鑑などは不要です。

ただし、口座振替依頼の手続きの際には、押印を求められます。



>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査の必要書類

SMBCモビットの審査では、「本人確認書類」の提出が必要です。また、「収入証明書類」の提出を求められる場合もあります。

それぞれに該当する書類について、詳しくみていきましょう。

本人確認書類

下記のいずれかの書類を提出しましょう。

    本人確認書類として認められるもの

  • 運転免許証(変更事項がある場合は裏面のコピーも必要)
  • 健康保険証(カード型保険証は裏面のコピーも必要)
  • パスポート(顔写真と住所が掲載されているページ)

運転免許証がない場合は、健康保険証かパスポートを提出してください。

また、場合によっては本人確認書類2点の提出を求められる場合があります。

収入証明書類

現在の収入を証明できる次のいずれかの書類を提出してください。

    収入証明書類として認められるもの

  • 源泉徴収の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2ヶ月分が必要、賞与がある場合は賞与明細書も必要)

また、自営業の場合は、SMBCモビットのホームページからダウンロードできる「営業状況確認のお願い」の提出を求められる場合があります。

あらかじめダウンロードをしておくといいでしょう。


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビット審査前のお借入診断とは

SMBCモビットでは、申し込みの際に簡易審査結果が表示されます。

必要事項の記入を面倒に感じる方は、あらかじめ「お借入診断」を受けてはいかがでしょうか。

下記の情報を入力するだけで、借入可能かどうか大体の目安がわかります。

    お借入診断の必要事項

  • 生年月日
  • 税込み年収
  • 現在他社借入金額

結果は、借入可能の見込みがあるかどうかで表示され、審査に通過できる確率までは分かりません


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査の流れ

SMBCモビットの審査の流れは、「カード申込」と「WEB完結」で異なります。それぞれの申し込みの流れを詳しくみていきましょう。

1.申し込み

「カード申込」と「WEB完結」で、必要書類や記入事項に違いはありません。どちらの場合も、本人確認書類の提出が必要です。

また、収入証明書類を求められた場合は提出できるよう準備しておきましょう。

2.審査

審査の際には、オペレーターの個人名で電話がかかってきます。いくつか質問をされますが、本人による申し込みであるかどうかを確認作業です。

基本的にWEB完結の申し込みでは電話はかかってきませんが、必要と判断された場合は電話がかかってきます。

3.審査結果の通知

審査結果は、電話かメールで通知されます。

通過の可否に関係なく連絡が入るので、連絡がないときはメールの迷惑メールフォルダをチェックしましょう。

4.カード・書類の送付または入会手続き

カード申込

「カード申込」の場合は、モビットカード入会申込書などが送付されます。

なお、モビットカードは三井住友銀行内ローン契約機からも受け取れますが、審査の内容によっては郵送のみの対応になる場合もあるので頭に入れておきましょう。

WEB完結

「WEB完結」では、審査完了メールに添付の審査結果紹介ページにて結果を確認し、審査に通過していればそのまま入会手続きへと進めます。

入会後は、入会完了メールが届くので通知メール同様、迷惑フォルダに振り分けられていないか確認しておきましょう。

5.カードの受け取りと書類の返送

「カード申込」では、届いた入会申込書の返送が必要です。SMBCモビットが入会申込書を受け取り、手続き完了の通知がきたらキャッシングを利用できるようになります。

「WEB完結」では、カードの受け取りや書類の返送は不要で、入会完了メールが届き次第、提携ATMでキャッシングが利用可能です。


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査に通過するための条件

SMBCモビットの審査に通過するには、次の条件を満たす必要があります。

    SMBCモビットの審査に通る条件

  • 安定的に一定以上の収入を得ている
  • 他社から年収の3分の1以上の額を借り入れていない
  • 借り入れている金融業者が少ない

1.安定的に一定以上の収入を得ている

借りたお金を返済するには、安定的かつ一定以上の収入を得ている必要があります。

「安定」と「一定以上の収入」の基準は公開されていません。一月当たりの収入が低すぎず月々の収入に大きなムラがなければ審査に通ると考えられるでしょう。

審査は総合的に行われるので、収入の安定性が多少低くても、収入が多ければ審査に通過できる可能性があります。

2.他社から年収の3分の1以上の額を借り入れていない

貸金業法では「総量規制」が定められています。総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を禁止する仕組みです。

そのため、他社から年収の3分の1以上の額を借り入れている場合は、SMBCモビットに申し込んでも審査には通過できません

すでに他社から借り入れをしている場合は、先に返済を済ませておきましょう。

参考:1 お借入れは年収の3分の1までです|日本貸金業協会

3.借り入れている金融業者が少ない

安定的かつ一定以上の収入があり、総量規制の問題をクリアしていても、複数の会社から借り入れをしている場合は気を付けてください。

借入先が多いとは、1社あたりの借入可能額が少ないのを指します。

そのため「申込者に何らかの不審な点があるから、他社が借入可能額を据え置きにしているのではないか」と警戒され審査に通りにくいのです。


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査に落ちる原因

続いて、SMBCモビットの審査に落ちる原因を確認していきましょう。

1.年収や安定性の基準を満たしていない

年収や安定性などの基準を満たしていない場合は、審査に通過できません。年収や安定性の基準は非公開なうえに、借入希望額や他の情報の影響を受けます。

しかし基準が非公開だからこそ、年収や安定性が低くても審査に通過できる可能性はあると考えられるでしょう。

そのため、年収が低くて非正規雇用者だから審査に通らないとあきらめるのではなく、まずは申し込みをしてみてもいいかもしれません。

2.書類に不備がある

勤務先の名称や住所、生年月日、他社からの借入額などの記載に誤りがあった場合には、審査に通過できない可能性が高まります。

また、本人確認書類や収入証明書類が指定のものではなかったり、偽造であったりした場合は審査に通過できないでしょう。

SMBCモビットの審査に通るために、いかして抜け穴を通るかを考えるのではなく、求められているものには素直に応えるのが一番の近道です。

3.在籍確認ができない

勤務先へ在籍確認をとる場合、本人が席を外していたり退職済みであったりした場合は、審査に通過できない可能性があります。

在籍確認ができなかった場合に再度電話をかけてくれるかどうかは分かりません。

もし自分が席を外している時に電話がかかってきたら、席を外している旨を伝えるようにと同僚や仕事仲間に事前に伝えておきましょう

4.信用情報に問題がある

SMBCモビットは審査の際に信用情報を照会しています。信用情報とは、CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)に登録されるキャッシングやクレジットカード、ローンへの申し込み内容や返済状況、利用残高などの情報です。

いつどの金融業者に申し込んだのか年収の3分の1以上の借入がないかなどが事細かに記録されているのです。

信用情報から審査に重大な影響を及ぼす問題が発覚した場合は、審査に通過できない可能性が高まります。

返済が滞っているものがあればできるだけ早く済ませて、信用情報にキズをつけないようにしましょう。

参考:信用情報とは|CIC


>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<

SMBCモビットの審査の難易度

SMBCモビットの審査の難易度は、ごく一般的なものです。即日審査が可能な金融業者は審査が緩いとの噂がありますが、事実ではありません。

申し込みの条件を満たしているか、審査に落ちる重大なミスがないかなど確認のうえ、適切な方法で申し込みましょう。

SMBCモビットの審査は素直さが大切

SMBCモビットは、「カード申込」と「WEB完結」で申し込みの流れが若干異なります。

申し込み条件を満たしたうえで、必要事項を正しく記入して必要書類を確実に提出するのが大切です。嘘の情報を入力しても審査には通りません。

一見、審査に通過できないと思われる年収でも、雇用形態や他社からの借入状況などによっては通過できる場合があるため、まずは現状を正確に伝えられるよう申し込んでみてください。

人気 SMBCモビット

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利用限度額 最大800万円
郵送物なし!WEB完結なら電話連絡なし!
バレずにお金を借りたい方へオススメ
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物無し!内緒でお金借りるならコチラ!
  • 10秒で簡易審査結果表示!ご融資可能かすぐわかる!
  • 来店不要、スマホ・WEBで申込完結!免許証又は健康保険証で申込可能!

関連コラム