プロミスでお金を借りるには?賢い借り方を知って利息を最小限に抑えよう

プロミスでお金を借りるには?賢い借り方を知って利息を最小限に抑えよう

プロミスでお金を初めて借りる際、どのような手順を踏めばスムーズに借入ができるのか気になりますよね。

本記事では、プロミスでのお金の借り方や、審査を受ける際の注意点、利息を抑える返済方法などをご紹介します。

プロミスで出来るだけ早くお金を借り、損をせず返済したいと考えている方は必見です!

プロミスで利用できるお金の借り方は5種類

  • WEB
  • 自動契約機(無人契約機)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送

プロミスの新規借り入れには、5つの申し込み方法があります。

それぞれ利用する端末や対応時間が異なりますが、おおまかな手順や最終的に受けられるサービスは同じです。

自分の要望に合ったメリットを持つ方法を選び、効率よく手続きを進めてください。

プロミスでお金を借りる方法(1)WEB申し込み

現在最もおすすめできるのが、スマホアプリやインターネット上のサイトを利用して申し込む方法です。

インターネット上で必要な情報を入力するだけで24時間365日いつでも審査を申し込めるので、場所を選びません。

さらに、「WEB完結」を選択すれば、カードを利用しないで融資を受けられます

店舗まで行ってカードを受け取る手間が省けるので、時間を節約したい方に向いています。

プロミスでお金を借りる方法(2)自動契約機(無人契約機)

プロミスは自動契約機の数が非常に多く、現在は日本各地で1000台以上が稼働しています。

申し込みやカード発行などプロミスの契約に関する手続きはすべて自動契約機内で行なえるので便利です。

スペース内にはプロミスのスタッフと通話できる電話や書類をスキャンする設備もあるので、必要な書類を持参するだけですぐに申し込めます。

営業時間は土日祝を含む9:00~22:00で、ATMが併設されていればカード発行後すぐに借り入れを行なえるのも特徴です。

プロミスでお金を借りる方法(3)店頭窓口(お客様サービスプラザ)

全国で17店舗と数は少ないですが、プロミスの有人店舗「お客様サービスプラザ」でも借り入れの申し込みが可能です。

スタッフと直接話しながら手続きを進めるので、借り入れ金額や返済プランなどを相談しながら決めたい方や、機械の操作が苦手な方におすすめ。

営業時間は平日10:00~18:00のみなので、その点には注意が必要です。

先述した通り、店舗数は限られているため、利用前に所在地を確かめておきましょう。

お客様サービスプラザがある都道府県
北海道、宮城県、石川県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、愛媛県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

プロミスでお金を借りる方法(4)電話(プロミスコール)

プロミスコール(0120-24-0365)でも、土日祝を含む9:00~22:00に新規借り入れの申し込みができます。

スタッフの質問に答えていくだけで申し込みが進むので、パソコンやスマートフォンでの入力が苦手な方はこちらも検討してみてください。

ただし、電話だけで申し込みが完了するわけではなく、プロミスカードを受け取るために無人契約機、お客様サービスプラザ、もしくは郵送でのやり取りが必要です。

また、月末や長期休暇などは回線が混雑しやすく、手続きに時間がかかる可能性も考慮しておきましょう。

プロミスでお金を借りる方法(5)郵送

プロミスは機械の操作が苦手な方に向けて、郵送での申し込みにも対応しています。

郵送での申し込みには「申込書」が必要なので、店舗に取りに行くかプロミスコール(0120-24-0365)に連絡して送付してもらいましょう。

なお、郵送のやり取り自体に時間がかかるため、書類不備があると契約までに1週間以上必要になる場合があります

即日、または翌日には融資を受けたい方は郵送以外の手段がおすすめです。

プロミスの審査を通過してスムーズにお金を借りる方法

プロミスで借り入れを受けるためには、申し込み後の審査に通過する必要があります。

借入のおおまかな手順

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借り入れ

審査にはコンピューターが申し込み情報から融資額を判定する「1次審査」と、スタッフが申し込み情報を精査する「2次審査」があり、どちらにも通らなくてはいけません。

審査で特に重視されるのは、これまでのローン返済状況が分かる「信用情報」のほか、現在の年収や毎月の収入、他社借り入れの金額などです。

その他書類の提出や在籍確認など、必要な手続きを一つでもクリアできないと審査に通らなくなってしまうので、事前準備が重要だと言えます。

信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの契約情報、残高
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などが信用情報を照会した記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

このような金融事故を過去5年間(自己破産の場合は10年間)に起こしている場合、プロミス以外の消費者金融でも審査に通る可能性は非常に低いでしょう。

これが、「信用情報に傷がある=ブラックリストに入っている」状態です。

プロミスの借入シミュレーションを利用すると簡易的な診断ができる

プロミスの審査に通過できるか不安な方は、まず「お借入シミュレーション」を利用してください。

「生年月日」「年収」「現在の借り入れ金額」を入力すると、審査に通過するかどうかを簡易的に診断できます。

ただし、診断結果は貸金業法の「総量規制」(年収の3分の1以上を貸し付けてはいけない決まり)に基づいているため、必ずしも審査通過を保証する内容ではありません。

あくまで簡易的な診断だと承知したうえで利用するのをおすすめします。

プロミスで求められる必要書類を事前に準備しておく

プロミスでの審査時に提出を求められる「必要書類」は、「本人確認書類」「収入証明書類」の2種類です。
※外国籍の方は本人確認書類として「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要

必要書類を提出しないと審査が進まないので、申し込む前に準備しておいたほうが賢明と言えます。

なお、収入証明書類が必須なのは下記のケースのみで、当てはまらない場合はプロミス側から求められない限り用意する必要がありません。

収入証明書類の提出が必要なケースの例

  • 希望借り入れ額が50万円を超える
  • 希望借り入れ額と他社での残高の合計が100万円を超える
  • 月々の収入が不安定な個人事業主

本人確認書類の一覧

書類の内容 備考
運転免許証
健康保険証 店頭で申し込む場合、住民票や公共料金の請求書などの補助書類1点が必要
パスポート アプリでの契約では補助書類扱いとなる
住民基本台帳カード
マイナンバーカード(通知カードは不可) アプリでの契約には利用できない

収入証明書類

書類の内容 備考
最新の源泉徴収票 提出日が1月1日~2月末日→前々年度以降の収入を証明
提出日が3月1日~12月31日→前年度の収入を証明
最新の確定申告書 原則として前年度分の収入を証明する(提出日が1月1日~3月31日の場合、前々年分でも受付可能)
税額通知書 提出日が1月1日~6月30日→前々年度以降の収入を証明する
提出日が7月1日~12月31日→前年度の収入を証明する
※所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載がある通知書に限る
最新の所得(課税)証明書(「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
給与明細書(直近2ヶ月分+1年間の賞与明細) 現在の勤務先での給与明細書が必要。直近1年間に賞与がない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書のみでOK

必要書類に記載された住所と現在の住所が異なる場合は、現在の自宅住所が記載されている以下のいずれかの補助書類(発行日から6ヶ月以内のもの)をあわせて用意しておきましょう。

また、Webでの契約時に「郵送で本人確認(Web提出)」を選んだ場合や、店頭での契約時に健康保険証を提出する場合も下記の書類が必要です。
※個別でカウントされるので、両方のケースに当てはまる時は補助書類が2種類必要

補助書類

  1. 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  2. 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  3. 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  4. 社会保険料の領収書

プロミスへ申し込んだ当日にお金を借りる方法

プロミスは申し込みから審査結果の通知まで最短30分、即日融資も可能なスピード感が強みの一つです。

しかし、全ての利用者が即日融資を受けられるわけではありません

契約方法や申し込む時間帯などに左右されるため、お急ぎの方は下記の点に注意してください。

申し込み当日にお金を借りる方法(1)契約はWEBか店舗で行なう

審査通過後、契約をする方法には3通りの手段があります。

  • WEB完結……全ての書類や借り入れ・返済をWEB上で管理する
  • 来店……店舗(自動契約機or店頭窓口)に向かい、カードを受け取る
  • 郵送……送付された契約書類に記入後、必要書類のコピーを返送

申し込み当日に融資を受けたい場合、カードが必要なら来店での契約、必要ない場合はWEB完結での契約をおすすめします。

郵送では書類のやり取りだけで数日かかり、即日での融資が不可能なため、特に理由がないのであればやめておく方が賢明です。

「カードは欲しいけど、自動契約機や店頭窓口で待つ時間は短くしたい」と考えている方は、申し込み~審査をWEBで行ない、カードの受け取りのみ店舗に向かうのが良いでしょう。

プロミスにWEBから申し込む場合の流れ

プロミスでWeb審査を申し込んだ場合

申し込み当日にお金を借りる方法(2)遅くても20時には申し込む

プロミスは早朝や深夜でも申し込み自体は可能なのですが、スタッフが審査を行なう時間は9~21時のみです。

混雑状況にもよりますが、最短30分~1時間程度で審査が終わると考えるなら、どんなに遅くても20時までには申し込んでおきましょう。

審査中に21時を越えた場合、審査結果の通知は翌営業日となります。

申し込み当日にお金を借りる方法(3)職場の営業日に申し込んでおく

プロミスの審査では、申し込み時に記入している情報の真偽を確かめるために職場へ在籍確認の電話がかけられます。

この電話が取られなければ審査がストップしてしまうので、即日融資を受けられなくなってしまうだけでなく、審査落ちの原因にもなります。

勤務先の休日に申し込む場合は、すぐにプロミス側へ在籍確認の電話に対応できない理由を伝えましょう

早く融資を受けたい方は、勤務先の営業日に申し込んでおくのをおすすめします。

申し込み当日にお金を借りる方法(4)借り入れが可能になった後は瞬フリを利用する

せっかく審査に通過しても、近くに対応しているATMがなければすぐに借り入れを受けられませんよね。

プロミスでは、WEB上での申し込み後最短10秒で振込を受けられる「瞬フリ」があるので、覚えておきましょう。

瞬フリの対応時間は24時間365日となっていますが、口座側も24時間振込可能な金融機関を選んでおく必要があります。

また、事前に振込先の口座を登録しておかないと振込を受けられないので、審査に通過したのが分かったらすぐに登録するのがおすすめです。

対応している主な金融機関は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行など。

利用できる金融機関の一覧は、下記リンクから確認できます。

参考:金融機関別振込実施時間検索

プロミスで特に注意点するべきお金の借り方

プロミスの延滞時には実質年率20%の遅延損害金が発生する

プロミスでの利息は通常、実質年率4.5%~17.8%です。

しかし、キャッシングの返済期日に1日でも遅れた場合は「遅延損害金(遅延利息)」が科せられます。

プロミスで延滞をした場合の遅延損害金は、実質年率20.0%。

たとえば、残高が10万円とすると延滞一日あたりの遅延損害金は54円。10日で547円、30日で1643円となります。

延滞日数が増えるごとに加算されていくので、万が一延滞してしまった場合はなるべく早く解消するようにしましょう。

プロミスで口座振替の日付を指定できる金融機関は限られている

プロミスで設定されている返済日は「約定返済」と呼ばれる、最低限の金額を毎月返済するための日程となっています。

返済日は5日、15日、25日、月の末日の4パターンから選べるので、都合のいい日を選びましょう。

返済方法はインターネットでの手続きの他、提携ATMやコンビニなども利用できます。

中でも最も便利なのが手数料無料で自動引き落としが行われる「口座振替」で、登録さえしておけば振込忘れを心配する必要がありません。

しかし、口座振替は三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関だと返済日が5日固定になってしまいます。

日付を自由に選びたい方は、これを機に返済用の口座を開設するのも一つの手です。

プロミスが提供する無利息期間を活用しなければ損

プロミスでは、一定条件をクリアした新規利用者に対して、30日間利息が無料になるサービスを実施しています。

30日の無利息期間を利用できる条件

  • プロミスの利用経験なし
  • メールアドレスの登録
  • プロミスWeb明細を利用する

30日間以内に返済すれば、利息0円で元金だけで借金を完済できるようになります。

全額が厳しくても、無利息期間中になるべく返済を進めておけば以後の返済が楽になるはずです。

新規利用者の方は、ぜひこのサービスを活用してください。

プロミスでお金を借りるなら事前準備が大切!自分に合った借り方を選ぼう

  • 早く借り入れを受けたいならWEB申し込みがおすすめ
  • 当日中にお金を借りるなら郵送以外の契約方法を選ぶべし
  • 必要書類は事前に準備しておく

プロミスへ新規借り入れを申し込む手段は多くありますが、最も効率的なのは場所と時間を選ばないWEBからの申し込みです。

とはいえ、他の方法にもスタッフと相談しやすいなどの長所があるので、自分に合った方法を選ぶのをおすすめします。

申し込み後に必要な書類や在籍確認に対して、事前に不備がないよう準備しておくと審査通過率が上がります。

借り入れ金額を高くしすぎると返済が難しくなるので、返済計画も念入りに考えてから申し込むと良いでしょう。

人気 プロミス

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利用限度額 最大800万円
郵送物なし!WEB完結なら電話連絡なし!
バレずにお金を借りたい方へオススメ
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物無し!内緒でお金借りるならコチラ!
  • 10秒で簡易審査結果表示!ご融資可能かすぐわかる!
  • 来店不要、スマホ・WEBで申込完結!免許証又は健康保険証で申込可能!

関連コラム