nanacoとリクルートカードでポイント二重取り!更にポイント還元率が最大3%に!

最近ではコンビニやスーパーでのお会計の際にスムーズに支払いができる電子マネーが普及しつつあります。
手軽で便利だけではなく、ポイントプログラムを導入している電子マネーも。

そんな電子マネーの中で、セブンイレブンなどでお得にお買い物ができる電子マネーnanacoをご存知でしょうか?
実はこのnanaco、クレジットカードのリクルートカードと組み合わせることでポイントの二重取りが可能!
更にはポイント還元率が最大3%になる方法もあります。

還元率がここまで高いのは凄いわ!

そうじゃのう!これから、リクルートカードとnanacoを使った上手な利用方法を紹介するから要チェックじゃ!

nanacoってどんな電子マネー?

nanaco
まずは、nanacoについて解説しますね。

nanacoは株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行している電子マネー。
なんと会員数は2017年で5,300万人を超えており、人気の高い電子マネーの一つと言えます。

電子マネーnanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドー、飲食店のデニーズなどで利用が可能で、更にこれらのお店で100円利用ごとに1ポイントのnanacoポイントが付与されるポイントプログラムを導入しています。

nanacoを利用出来る店舗って、セブンみたいに身近にあるお店が多いわね!100円の利用で1ポイントもうれしい還元率だわ。

そうじゃのう。還元率は1.0%じゃから、普段nanacoが使えるお店を利用している人は、nanacoを利用しないと勿体ないのぅ。
ちなみに、貯まったポイントはnanacoの電子マネーに交換したり、オムニ7というショッピングサイトで利用することが出来るんじゃ。

nanacoとリクルートカードの組み合わせはここがお得!

nanacoについて分かったとところで、次はnanacoとリクルートカードの組み合わせでお得なところを余すことなく紹介しますね。

リクルートカードでnanacoをチャージするとお得!

リクルートカードでチャージしてnanacoでお買い物
セブンイレブンでも使える便利なnanacoですが、実はどのクレジットカードを使ってもチャージできるというわけではありません。
むしろチャージできないクレジットカードの方が多いのが現状です。

そんな中、リクルートカードはnanacoへチャージが可能。しかもチャージした際のポイント還元率は1.2%
リクルートカードはカードショッピング時の通常還元率が1.2%と高還元率ですが、その恩恵がnanacoへのチャージでも受けることが出来るのはとってもお得ですね。

さらにリクルートカードでチャージしたnanacoでお買い物をすれば、nanacoポイントが1.0%で還元されます。

つまりはポイントが二重取りできるだけでなく、還元率は合計2.2%とかなりの高還元率に!
普段からセブンイレブンなどを利用している方は、このお得な利用方法をぜひ活用して欲しいところです。

ここで注意じゃ!チャージでも還元率がとってもお得なのじゃが、1ヵ月にリクルートカードからnanacoへチャージできる金額は3万円までとなっておる。それ以上はポイント付与対象外になってしまうんじゃ…気を付けるんじゃぞ。

リクルートカードとnanacoとクオカードで3%の高還元率!

リクルートカードでチャージしたnanacoでクオカード購入
リクルートカードとnanacoをさらにおトクに利用する裏技としてクオカードの購入という方法があります。

クオカードはセブンイレブンで購入することが可能で、1,000円券、5,000円券、10,000万円券の3種類。
実は、クオカードは5,000円券を購入すると5070円分の利用が可能で、10,000円券については10,180円分の利用が可能です。

つまり、リクルートカードでチャージしたnanacoでクオカードを買うと、合計3%の還元率になる、ということ。

  1. リクルートカードでnanacoにチャージ(還元率1.2%)
  2. nanacoでクオカードを購入(ポイント付与対象外)
  3. クオカードをお店で利用する(180円分=1.8%お得に利用出来る)

クオカードは全国のコンビニ、書店などで利用できますよ。

リクルートカードでチャージしたnanacoは公共料金の支払いも可能!

電子マネーnanacoは通常の買い物だけでなく、公共料金の支払いにも使用することができます
セブンイレブンでは市町村の水道料金や国民健康保険料、さらには自動車税などがnanacoで支払うことが出来ます。

そのため、リクルートカードでnanacoのチャージをしてから支払えば、通常ではできないクレジットカードでの公共料金の支払いを間接的に行うことができる、ということ。
nanacoチャージ分で1.2%のポイントを貰いつつ、公共料金を支払うことが出来るのはとってもお得ですね!

ただし、nanacoでの公共料金支払いはnanacoポイントの付与は対象外じゃから気を付けるんじゃ。
既にリクルートカードで1.2%のポイントを貰っており、損ということはないから安心するんじゃ。

まとめ

リクルートカードでnanacoを上手に利用すると、ポイントの二重取りや高還元率でポイントを貯めることが出来る、ということが分かりましたね。
唯一の欠点は、nanacoチャージ時のポイント付与対象が1ヵ月で3万までとなっている点。
3万円を超えると、ポイントは付与されませんので注意してくださいね。

nanacoチャージ時のポイント付与対象が1ヵ月で3万までとなっておるが、リクルートカードは国際ブランドの組み合わせによって2枚持つことが出来るんじゃ。つまり、チャージ分最大6万円分までポイント付与対象にすることが出来るということじゃ!
月3万円で足りない場合は、もう一枚リクルートカードを発行して利用するのも手じゃのう。

人気 リクルートカード

年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率 1.2%~4.2
国際ブランド off off on on on
電子マネー 無料
発行スピード 1週間程度

キャンペーン情報

  • 新規入会&ご利用で最大6,000円分相当のポイントプレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム