プロミスの振込先って?振込先を知ってスムーズな返済を実現する方法とは

初めてプロミスを利用する方の中には、以下のような疑問を抱いているでしょう。

  • 返済時はどこから振込をすればいいのか
  • ATM以外からも返済できるのか

プロミスを利用する際、お金を借りる場合だけでなく返済時の利便性考えておかなければなりません。

自分に合う振込先を知っていればスムーズな返済が可能になるので、知っておくといいでしょう。

今回は、プロミスの返済方法や振込先の詳細について詳しく解説していきます。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの返済先・振込先

プロミスへの返済は以下の5種類の方法から選択でき、ニーズに応じて多様な振込先に対応しています。

    プロミスの返済方法

  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM
  • コンビニ(提携ATM・マルチメディア端末)

プロミスの返済方法はいくつかあります。それぞれの方法に特徴がありますが、同時に振込先もあるのです。

どこに振込をしたらいいのかを知っておくと返済時に時間やお金の節約ができるので知っておくのは重要だと言えるでしょう。

プロミスの返済方法別の振込先

インターネット返済の振込先

インターネット返済とは、インターネットバンキングを通じてプロミスに返済を行う方法です。

プロミスのインターネット返済の振込先例
三井住友銀行 三菱UFJ銀行
みずほ銀行 ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行

全国約1,100の金融機関がインターネット返済に対応しており、スマートフォンやパソコンからいつでも返済できます。

来店する必要がなく利用時間に制限がほとんどないので、出入りする姿を家族や友人、職場の同僚などに見られるリスクがなく安心です。

上記の振込先例で示した銀行以外で口座を持っている方は「ご利用可能金融機関検索」で確認してみましょう。

手数料は0円なので余分な支払いが発生しません。

口フリ(口座振替)の振込先

口フリとはその名の通り、毎月決まった日に一定額を自動的に引き落とす方法です。

振込先はインターネット返済と同じですが、利用する金融機関によって引落しの内容が異なります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行の場合
引落日(返済期日) 5日、15日、25日、末日のどれか
引落開始日 手続き後、最初の返済期日から開始
引落反映日 当日
その他の金融機関
引落日(返済期日) 5日
引落開始日 登録した日により、初回の引き落とし開始日は変動
引落反映日 引落日の3営業日後に反映

いずれにしても毎月自動的に引き落とされるので、うっかり振込を忘れてしまうリスクがありません

また事前に指定した金額を振り込むため、計画的な返済がしやすいのもメリットと言えるでしょう。

振込先に関係なく、毎月の引落額は毎月の支払金額で手数料は0円です。

店舗やATMでの振込先

お客様サービスプラザと呼ばれる店頭窓口やプロミスATMや提携ATMから返済をすると、プロミスに直接振り込まれます。

インターネット返済などとは違い、ATMを利用して振込を行う場合プロミスのローンカードの発行しなければなりません

店頭窓口での振込先

プロミスの店頭窓口は全国に17店舗あります。

プロミスの店頭窓口一覧
札幌(北海道) 仙台(宮城県) 金沢(石川県)
大宮(埼玉) 千葉(千葉県) 新宿(東京都)
横浜(神奈川県) 名古屋(愛知県) 京都(京都府)
なんば(大阪府) 梅田(大阪府) 神戸(兵庫県)
広島(広島県) 松山(愛媛県) 福岡(福岡県)
鹿児島(鹿児島県) 那覇(沖縄県)

インターネット返済やATM、口フリなどとは違い、お客様サービスプラザの場合は銀行窓口のようにプロミスの担当者とコミュニケーションが取れます。

たとえば完済するための相談をすれば、月々の支払い額やボーナス月にいくら増額すれば良いのかなども提案してくれます。また、借入限度額のアップも相談可能です。

これらの相談はプロミスへの電話でも可能ですが、じっくりと話をしたい方にとっては店頭窓口への来店がおすすめでしょう。

プロミスATMの振込先

プロミスATMは全国に900以上が稼働しており、通勤途中や買い物の途中などでも気軽に立ち寄れます。

ほとんどが自動契約コーナーと併設されており、お客様サービスプラザに来店が難しい方でも自動契約コーナー内に設置された電話などで担当者と会話可能です。

プロミスATMは「店舗・ATM一覧」にて検索可能なので調べてみるといいでしょう。

提携ATMでの振込先

プロミスの提携ATM例
銀行提携ATM コンビニ提携ATM
三井住友銀行 三菱UFJ銀行 セブンイレブン ローソン
西日本シティ銀行 横浜銀行 ファミリーマート デイリーヤマザキ
東京スター銀行 第三銀行 ポプラ 生活彩家
福岡銀行 熊本銀行 コミュニティ・ストア ニューデイズ
ゆうちょ銀行 アンスリー(京阪沿線) サンドラッグCVS(コンビニエンスストア)

プロミスと提携している銀行やコンビニで使えるATMを提携ATMと言います。

提携ATMの数は提携している銀行やコンビニの店舗の数だけあると考えてもいいでしょう。

コンビニの提携ATMは営業時間が24時間の場合が多いので、いつでも利用が可能です。

振込手数料
振込金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

プロミスの提携ATMから振込を行う際は基本的に手数料がかかります

振込額が1万円を超えるかどうかで手数料が変わるので注意が必要です。

三井住友銀行の提携ATMのみ手数料がかかりません。


>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの振込先は変更可能

契約時にローンカードを使う返済を選んだ場合でも、銀行振込に変更ができます。

    プロミスの振込先の変更方法

  • プロミスコールでの申し込み
  • インターネットでの申し込み
  • 店頭窓口からの申し込み

プロミスコールから振込先変更

プロミスコール(0120-24-0365)とはプロミスの電話受付です。

電話をかけてプロミスのオペレーターに銀行振込に変更したいと意思を伝えましょう。

口頭で口座番号を伝えるので、相手に聞き間違いが起こらないようハッキリ、ゆっくりと話すように心がける必要があります。

プロミスコールは日によって繋がりにくい場合があります。
すぐに変更をしたいならインターネットからの変更をしましょう。

インターネットから振込先変更

インターネットでプロミスの会員ページを操作すれば振込先の変更が可能です。

会員ページにある「振込先口座を登録」の項目を選択すれば手続きを進められます。

インターネットでの手続きは24時間いつでも可能なので、急いでいる方には特におすすめです。

店頭窓口から振込先変更

プロミスの店頭窓口で振込先変更の申し込みをすれば、直接説明を受けながら手続きを進められます。

スタッフの指示に従えば振込先を変えられるので、マイページの操作をするのが苦手な方にはおすすめです。

ただしプロミスの店頭窓口の数は少なく設置されていない県もあるので、近くにいない場合はインターネットや電話から申し込みをするといいでしょう。

プロミスの振込先を知って返済をスムーズに行う

プロミスの振込先は返済方法によって様々です。

自身にとって手間なく時間をかけずに振込ができる方法を見つけられるとストレスを少なくして返済ができます

返済の方法は申し込み時に決められますが、後からでも振込先を変更できるので安心してください。

>>プロミスの公式サイトはこちら

関連コラム