クレジットカードの海外旅行保険を徹底解説!真のオススメ自動付帯カードとは?

クレジットカードを選ぶ際には気になるポイントがたくさんありますよね。年会費、ポイント還元率、ステータスetc…
そんな中、「海外旅行保険」もクレジットカードを選ぶ大きなポイントの1つとなります。

今年の夏はハワイ旅行を計画してるんっすよねー!
海外で現金持ち歩くのが怖いからクレジットカードを作るっすよー

なら海外旅行保険の付いたクレジットカードを選ぶのがオススメじゃ!海外旅行保険付きじゃとまさかのケガや病気も気にせず旅行を楽しめるぞい!

海外旅行保険って何すか?
よくわかんないっす。てゆか先生、その保険いるんすか?

今回はクレジットカードの海外旅行保険てそもそも何?という初歩の初歩から、海外旅行保険で選ぶオススメクレジットカード紹介まで徹底的に解説していきます。

そもそも海外旅行傷害保険って何?

どのようなサービス?

クレジットカードの中には会員向けのサービスとして、カードを持っているだけで海外旅行中の保険を付与してくれるものがあります。

保険の内容は海外旅行中に発生した予期せぬ費用の補償や、万が一の事故で死亡、障害をおった場合に保険金を受け取れるといったもの。
海外ではキャッシュレス決済の手段としてクレジットカードが非常に便利ですが、合わせて旅行中の保険まで賄えると非常に嬉しいですよね。

海外旅行保険って必要?

そもそも海外旅行保険て必要なの?不要なサービスをつけてサービスが充実してるように見せかけているだけじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

ですが海外旅行をする際に旅行保険は絶対に必要です。

海外旅行保険が必要である最大の理由、それは「海外の高額な医療費」です。
日本在住の方が日本の医療機関にかかる分には健康保険があるので、驚くような高い医療費を請求されることはほぼないですよね。
しかし海外ではそうはいきません。日本の健康保険は適用されず医療費は原則全て自己負担となります。また、そもそも医療費自体が日本よりはるかに高い国も多いです。

例えばアメリカで怪我をして病院への搬送・治療を受けたら300万円近くを請求された、なんて話もざらなんじゃ。

せっかくの楽しい海外旅行が一転、帰国時には貯金がすっからかんに…なんてことになったら笑えないっすねー

治療費用は500万円を1つの目安に

海外旅行保険は疾病・傷害治療費で300〜500万円、救援者費用で200〜300万円ほどの補償を用意しておくとかなり安心感があると言えるのではないでしょうか。

もちろん年齢や経済状況によって必要な保険金額は変わるので、上記の数字は1つの目安と受け止めてください。

目安の500万って何を元に出てきた数字なの?と思った方はこちらの記事も読んでみてくださいね!

海外旅行保険のついていないカードもあるの?

クレジットカードの中には海外旅行保険の付いてないカードもあるのでしょうか?答えはイエスです。
年会費が無料、または安価なカードは保険料のコストを避けるため海外旅行保険を付与していない場合も多くなります。

海外旅行保険の補償について

海外旅行に行くとき事前に準備することはある?

海外旅行でクレジットカード付帯の海外旅行保険を利用したい場合、事前に何か特別な準備は必要なのでしょうか?

例えば「◯月◯日から海外旅行に行きます」とカード会社に連絡する必要があるのでしょうか?
答えはNOです。カード付帯のクレジットカードを利用する場合特にカード会社への連絡や申請などは不要です。

ただしクレジットカードの付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2タイプがあり、条件を満たしていないと保険が適用されない場合があります。
以下では付帯保険の適用条件について解説していきます。

自動付帯と利用付帯って何?

クレジットカードの海外旅行保険の付帯条件(保険が適用されるための条件)には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

自動付帯とは?

自動付帯はその名の通り「カードを持っているだけで自動で保険が適用される」タイプです。持っているだけで保険が付帯されるので利用しやすいですね。

自動付帯のカードを持っていて万が一海外旅行中に事故などにあってしまった場合、カードの利用規約などに記載してある保険会社の窓口などに請求手続きを行いましょう。
すでに保険対象となっているはずなので手続きを進めてくれます。

ちなみに自動付帯タイプの注意点として

  • 有効期限がきれているなど、カード自体が無効になっていた
  • 保険の請求手続きをしなかった

といったケースでは保険金が支払われません。

利用付帯とは?

利用付帯は「そのクレジットカードで旅費等を決済した場合のみ保険が適用される」タイプです。自動付帯に比べ保険適用の条件がある分少し不便です

どんな補償があるのか?

代表的な補償内容としては、

  • 海外で何らかの理由で傷害を受け死亡、または後遺障害が残った場合に保険金がおりる「死亡・後遺障害」補償
  • 旅行中に怪我をしたり病気になり現地の医療機関にかかった時に、医療費を補償してくれる「傷害・疾病治療費用」補償
  • その他旅行中に発生した様々なシーンでの損害を補償してくれる「救援者費用」「携行品損害」「賠償責任」等の補償

などが挙げられます。

補償期間とは?

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の補償期間は原則出国日から3ヶ月以内となっています。(一部カード会社等によって例外あり)
補償期間中かつ旅行期間中に発生した傷害・損害のみが補償の対象となります。

例えば3ヶ月以上海外に滞在する場合、原則出国から90日を過ぎた時点でクレジットカードの補償期間は終了し、それ以降に発生した損害については補償の対象外となります。

とはいえ長期のクルージングなどを除けば90日を超える海外旅行というのはまれですから、補償期間の面ではクレジットカードの海外旅行保険は十分使えると考えていいでしょう。

タイプ別オススメ海外旅行保険付きクレジットカード

初めての海外旅行でつくるのにオススメは?

これからも海外旅行に行く予定の方

今後も海外に行く予定があり、クレジットカードでの保険を頼りにしたいという方。そんな方には「(年会費の割に)手厚い補償」が「自動付帯」するカードがオススメです。

十分な補償をクレジットカードで用意できれば、旅行の度に海外旅行保険を契約する費用を節約できます。
また自動付帯であれば、還元率がいいなどの理由で他のカードで決済していても旅行保険が付帯するので使い勝手がよくなります。

年会費3,000円で手厚い補償+旅行と相性バツグンのサービス付き!「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
券種名 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
ステータス 一般カード
年会費 3,000円(税抜) ※初年度無料、26歳になるまで年会費無料
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円(免責金額3,000円)
救援者費用 200万円
補償対象期間 90日間
家族特約の有無 無し

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスは年会費3,000円で傷害・疾病治療費用300万円、救援者費用200万円と、年会費1万円クラスのゴールドカードにも引けを取らないレベルの補償内容となっています。
もちろん保険は自動付帯なので持っているだけで保険が適用されます。

しかも年会費が26歳になるまで無料なので、学生さんはじめ若い世代に非常に嬉しいカードでもあります。

セゾンブルーアメックスは旅行保険だけでなく、以下のような旅行中に嬉しいサービスも充実しています。

  • 帰国時の手荷物無料宅配サービス
  • キャッシュレス診療対応(海外で現金がなくても診療を受けられる)
  • ショッピング保険(カードを使って購入した商品が損害を受けた場合に補償)

年会費が有料ということを除けば、海外旅行者に強くオススメできるスペックのカードと言えます。

すでにクレカを持っているが、海外旅行保険の補償額が頼りない(または付いていない)ので2枚目を考えている

ケース1. 1枚目が年会費無料カード(流通系または信販系)で2枚目を検討中の方

死亡・後遺障害以外の海外旅行保険は限度額を合算可能です。
2枚目のカードを発行し海外旅行保険を充実させたい場合、手持ちのカードと新たに発行するカードの補償額を合算してトータルの補償はいくらになるか?計算してみましょう。

2枚目としてオススメなのは先ほど紹介した年会費無料の「エポスカード」、年会費有料でもよければ「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス」など。

さらに追加でカードが欲しい場合「REX CARD(レックスカード)」が年会費無料で補償内容が充実しており、かつ自動付帯なのでオススメです。

年会費無料で1.25%の超高還元率&自動付帯の充実保険!「REX CARD」
レックスカード
券種名 REX CARD
ステータス 一般カード
年会費 無料
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 200万円
補償対象期間 90日間
家族特約の有無 無し

REX CARDはポイント還元率1.25%と国内トップクラスのお得なカードでもあるので、普段使いにもオススメですよ。

ケース2.プロパーカードで海外旅行保険に強いカードを探している場合

1枚目がイオンカードなどの流通系カードなので、2枚目には少し大人なイメージのプロパーカード・信販系カードを発行しようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

プロパー・信販系カードで海外旅行保険を充実させたいなら、年会費実質無料の「三井住友カード A」がオススメです。

『ザ・スタンダード』三井住友カードが年会費無料で海外保険まで 「三井住友カード A」
三井住友カード A
券種名 三井住友カード A
ステータス 一般カード
年会費 1,500円(税抜)※初年度無料、マイペいすリボ登録&利用で翌年度以降も無料
海外旅行保険付帯条件 自動付帯(死亡・後遺障害のみ一部利用付帯)
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 2,000万円(自動付帯分300万円、利用付帯分1700万円)
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,500万円
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 150万円
補償対象期間 3ヶ月
家族特約の有無 無し

日本でクレジットカードと言えば、というイメージすらある三井住友カード。社会人の方などが持つカードとして非常にイメージもよく安心感のあるカードと言えます。

三井住友カード Aは年会費実質無料で海外旅行保険が自動付帯するので使い勝手がよく、もちろんVISAブランドなどなので海外での買い物でも利用しやすいカードとなっています。

年会費がかかっても補償がとにかく手厚いカードがほしい

年会費は多少かかってもいいから最高級の補償が欲しい、という方には「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」が最高レベルの補償内容を用意しておりオススメです。

家族特約でも治療費用300万円!手厚すぎる「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
券種名 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
ステータス ゴールドカード
年会費 10,000円(税抜)
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円(免責金額3,000円)
救援者費用 200万円
補償対象期間 90日間
家族特約の有無 有り
補償内容と補償金額(家族特約)
傷害死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円(免責金額3,000円)
救援者費用 200万円

セゾンゴールドアメックスのすごいところは疾病・傷害治療費用が家族特約でも300万円まで補償されること。
セゾンゴールドアメックスよりも年会費の高いゴールドカードでもここもでの補償を用意しているカードは多くありません。

もしあなたがセゾンゴールドを持っていて、家族がエポスカードを1枚所有していれば、補償を合算して海外での疾病・傷害治療費用の目安500万円に達することができてしまいます。

家族特約の対象も配偶者、子供はもちろん同居の両親もOKなので幅広くカバーできます。一家の大黒柱の方はぜひ持っておきたい1枚ですね。

学生向けのオススメは?

学生の方には基本的に年会費が無料で補償が充実したカードがオススメです。
その観点ではここまで紹介した「エポスカード」、「セゾンブルーアメックス」(26歳になるまで年会費無料!)などが有力候補です。

さらに海外旅行保険を充実させたい、海外旅行でお得なカードを作りたい、と考えている方は、「学生専用ライフカード」をオススメします。

学生さんだけずるい!?充実海外保険&海外ショッピング5%キャッシュバックの「学生専用ライフカード」
学生専用ライフカード
券種名 学生専用ライフカード
ステータス 一般カード
年会費 無料
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 200万円
補償対象期間 3ヶ月
家族特約の有無 無し

学生専用ライフカードはその名の通り学生のみが作れるライフカードで、年会費無料、海外旅行保険付きです。

通常のライフカードも年会費無料ですが、海外旅行保険が付いておらず、保険をつけると年会費1,250円がかかってしまいます。
保険は自動付帯で治療費用補償が疾病・傷害共に200万円と年会費無料カードの中では最高クラスとなっています。

さらに海外ショッピングでカードを利用すると利用額の5%がキャッシュバックされるというお得すぎるサービスも提供されています。
このカードを使うだけで海外旅行中は常に5%OFFで買い物ができてしまうということですからね。

なお対象の学生は「高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方」となっています。

まとめ

今回はクレジットカード付帯の海外旅行保険について徹底解説しました。
特に重要なポイントとしては

  • クレジットカードの海外旅行保険でも使い方次第で十分な備えに
  • 海外旅行保険では疾病・傷害治療費用の補償が最重要
  • 用意したい治療費用補償の目安は500万円程度
  • 治療費用の補償額は複数クレジットカードで合算可能

といったところでしょうか。

また、記事後半にオススメカードをいくつか紹介しました。
クレジットカードで海外旅行保険をまかないたいと考えている方は紹介したカードの中から1枚を選ぶのではなく、複数カードを組み合わせてしっかりとした補償を確保することをオススメします。

楽しいはず海外旅行のはずだったのに、思わぬ事故から多額の損害…なんてことにならないようクレジットカードの保険を活用して「もしも」に備えてくださいね。

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム