家族カードってなに?メリットや注意点、おすすめカードまで詳しく解説

今回は耳にしたことはあるけど、いまいち使い方がわからない「家族カード」について解説してみたいと思います。
家族カードって?という素朴な疑問はもちろん、利用する際のメリットや注意点などをわかりやすくまとめていますので、家族カードの利用を検討している方はぜひこれを機に家族カードについて学んでみて下さいね!

家族カードって聞いたことあるんだけど、いったい何なのか、いまいち分からないのよね・・・。

そうじゃのう、お主のように聞いたことはあるけど、実際何なのか分かってない人は多いと思う。
家族カードには年会費が無料になったり、効率よくポイントが貯められたりと、メリットがいっぱいなんじゃ。

家族カードとは?

家族カードとは

「家族カード」とはその名の通り、クレジットカードを持っている人の家族が使えるカードです。
本来クレジットカードは名義人(利用者本人)しか使えないものとなっていますが、家族カードを別途追加で発行することによって、名義人の配偶者や両親、子供など、本人以外でもクレジットカードを利用することができます。

専業主婦やフリーターなどは収入面で新規のクレジットカードの発行に不利となる場合もありますが、家族カードであれば名義人の信用によりカードを発行することができます。

家族であっても18歳未満の子供への発行はできません(18歳であっても高校生はNG)。発行対象については各公式サイトで確認をして下さい。

家族カード1枚を家族で使い回すことはできない

家族カードは1枚発行すればそのカードを誰でも使えるようになるわけではありません。
一般的なクレジットカードと同様、そのカードの名義人しか使えない規約となっているため、仮に配偶者と両親に家族カードを発行したい場合、配偶者用に1枚、父親用に1枚、母親用に1枚と、合計3枚のカードを発行する必要があります。

  • 自分用:1枚目
  • 配偶者用:2枚目
  • 父親用:3枚目
  • 母親用:4枚目

合計4枚のクレジットカードが必要!

家族カードのメリットは?

家族でポイントが貯められる

家族カードの利用メリットに、ポイントが合算で貯められるという点があります。
家族カードの利用で取得したポイントは本会員の保有ポイントに合算されるので、一人ではなかなか貯まられなかったポイントも家族揃ってなら効率よく貯めることができます。高額商品の購入などの際にまとまったポイントがあると助かるでしょう。

家族カード_ポイント合算

カードによっては家族間でポイントを移行できるサービスもあるので、自分の買い物で貯めたポイントが自分で使えないということも防げますよ。

  • 家族カード利用分も本カード会員同様にポイントが貯まる
  • 家族カードでの利用ポイントは、本会員の保有ポイントに合算される
  • カード会社によっては、家族間でポイントを移行できるサービスもある

年会費が無料or安い

2つ目の利用メリットに、年会費が無料または安いという点があります。
本会員カードの年会費が無料の場合であれば、おのずと家族カードの年会費も無料になりますが、年会費が必要なカードの場合でも家族カードは年会費無料、または半額以下など、安くなっている場合がほとんどです。
例えば三井住友カード プラチナの場合、会員の年会費は5万円ですが、家族カードは年会費が無料です。
夫婦2人で別々にカードを持った場合、年会費が10万円かかるのに対して、どちらか一方を家族カードにすれば、年会費が5万円で済むことになります。年会費の負担を減らしたい方は家族カードの活用がおすすめです。

三井住友カード プラチナの場合

家族カード_年会費_夫婦2人で別々にカードを持った場合
家族カード_年会費_どちらか一方を家族カードにした場合

年会費の負担を減らしたい時は、家族カードを発行しよう!

本会員カードと同様の保険やサービスが付帯している

3つ目の利用メリットは、家族カードの保有者は本会員カードに付帯している保険やサービスが同様に受けられるという点です。
クレジットカードでは「国内・海外旅行傷害保険」や「ショッピング保険」など会員向けにさまざまな付帯サービスが用意されています。
カードによって付帯サービスの内容は変わりますが、家族カード保有者であれば本会員と同じサービスが受けられます。
例えば三井住友カード ゴールドの家族カードなら、本会員と同様に「最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険」や「年間300万円までのショッピング保険」などのサービスが受けられます。

例えば無料で空港ラウンジを利用できるサービスの場合、予め家族カードを発行しておけば、家族で旅行へ出かける際に家族揃って空港ラウンジを利用することが可能になるんじゃ。

す、すごい!年会費は無料なのに、同様の保険やサービスが付いているなんて!家族カードならショッピングも旅行も安心ね!

家族カードは審査が通りやすい

4つ目の利用メリットは、家族カードは審査に通りやすいということです。
本来、アルバイトや学生、専業主婦などで一定の収入がない場合、クレジットカードの審査は通りづらい傾向にあります。
しかし、家族カードであれば本会員の信用を元に審査を行うので、ほとんど落ちることはありません。
まれに審査に落ちてしまう原因としては、本会員が過去に支払いを滞らせていた場合や、カード会社との間にトラブルを起こしていた場合などです。このようなブラック履歴がある場合、新たに家族カードの発行をするのは難しいでしょう。

もし自分自身がカードを作れないブラック属性だった場合、配偶者や両親に家族カードの発行をお願いしてみるのも手じゃ。家族の信用に問題がなければ、家族カードを発行できるぞい!

家族カード利用の注意点

家族カードの利用可能枠は本会員カードと共有である

クレジットカードにはあらかじめ利用可能枠(限度額)というものが設定されています。
これは「○○円までなら自由に使っていただいて構いません。」という金額のことで、利用可能枠が50万円のクレジットカードなら合計50万円までが自由に使え、100万円の利用可能枠なら100万円までが自由に使える金額です。
家族カードでは利用可能枠が本会員と共有されているので、例えば利用可能枠が50万円のカードを本会員(夫)と家族カード(妻+子)で使用している場合、本会員(夫)が30万円分を利用すると、妻と子の利用できる金額は残り20万円となります。
みんながそれぞれ50万円ずつ利用できるわけではないので、あらかじめいくら使ったかを報告しておくなどして共有しておきましょう。

家族カード_利用可能枠

利用明細は本会員カードと家族カードで一つ

家族カードを利用した際の利用明細は、本会員の利用明細にまとめて送られてきます(WEB明細でも同じ)。
項目ごとに本会員が利用したのか、家族カードが利用したのかが、きちんと確認できるようになっているので、家計の管理もしやすいです。
逆にいうと、何を購入したかなどの利用履歴は必ず本会員に知られてしまうことになるので、家族に知られたくない買い物をする場合などでは、デメリットに感じる方もいるでしょう。

発行枚数には上限があることも

家族カードの発行枚数には上限が設けられていることが多いです。
3枚発行しようと思っていたのに、1枚しか発行できなかったという場合もあるので、事前に発行できる枚数をチェックしておきましょう。
また、年会費無料などの優遇も1枚目のみとなっている場合があります。例えば三井住友カード ゴールドの家族カードでは1枚目の年会費は無料ですが、2枚目以降は1,000円(税抜)の年会費がかかってしまします。もちろん何枚でも年会費無料という家族カードもあるので、各公式サイトで詳細を確認してみて下さい。

家族カードが作れるおすすめカード

年会費無料ならコレ!

楽天カード
楽天カード
お申し込み対象者 生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)
本会員年会費 無料
家族カード年会費 無料
家族カード発行可能枚数 5枚まで
利用可能枠 10万円~100万円
ポイント還元率 1.00%~3.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
ポイント移行
国内旅行保険
海外旅行傷害保険 ○最高2,000万円
ショッピング保険
空港ラウンジ

年会費無料。ポイントがザクザク貯まる人気No.1カード!
本会員、家族カード共に年会費は永年無料。
街の加盟店で提示すれば100円につき1ポイント(1円分)が貯まり、楽天市場での買い物なら100円につき3ポイント(3円分)が貯まります!
ポイント還元率は他社平均の0.5%に比べても1.00%~3.00%と圧倒的!
家族カードの発行可能枚数は5枚までなので、配偶者や、両親、子供など家族揃って効率よくポイントが貯められます!
その他、最高2,000万円まで保証される海外旅行傷害保険や、ネット不正あんしん制度・商品未着あんしん制度など、ネットショッピングでのトラブルに対応した制度も充実!

ゴールドカードならコレ!

三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールド
お申し込み対象者 生計を同一にする配偶者、親、満18歳以上の子ども(高校生を除く)
本会員年会費 10,000円(税抜)初年度年会費無料、翌年度以降も最大4,000円(税抜)まで割引(条件付)
家族カード年会費 1枚目無料、2枚目以降1,000円(税抜)
家族カード発行可能枚数 上限なし
利用可能枠 50~200万円
ポイント還元率 0.50%~1.00%
貯まるポイント Vポイント
ポイント移行
国内旅行保険 ○最高5,000万円
海外旅行傷害保険 ○最高5,000万円
ショッピング保険 ○年間300万円まで
空港ラウンジ ○(国内主要空港)

コスパ最高!充実のサービスが満載のNo.1ステイタスカード!
本会員は原則として、満30歳以上で安定継続収入のある方のみが入会可。
今ならインターネット経由の入会で、年会費が初年度無料。
翌年度以降もWEB明細申込などの条件付きで、最大4,000円(税抜)まで年会費が割引されるお得なゴールドカードです。
家族カードも1枚目は年会費無料、2枚目以降は1,000円(税抜)と安くなっており、本会員と同様に「最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険」や「年間300万円までのショッピング保険」などのサービスが受けられます。また家族特約として、本会員・家族カード会員以外のご家族にも海外旅行傷害保険が付帯されます。
その他、一流ホテル・旅館の宿泊予約サービスや、医師への24時間・年中無休の無料電話相談、全国28の空港ラウンジでソフトドリンク提供などのサービスを受けられるサービスなど魅力が満載です。
家族カード会員は本会員と支払い口座を別々に使い分けることができるのも嬉しいポイント!

ポイント高還元が魅力!

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド
オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド
お申し込み対象者 生計を同一にする配偶者(別姓・同性パートナーも含む)、親、満18歳以上の子ども(高校生を除く)
本会員年会費 1,950円(税込)
家族カード年会費 無料
家族カード発行可能枚数 3枚まで
利用可能枠 10万円~300万円
ポイント還元率 1.00%~2.50%
貯まるポイント オリコポイント
ポイント移行
国内旅行保険 ○最高1,000万円
海外旅行傷害保険 ○最高2,000万円
ショッピング保険 ○購入より90日間、最高100万円まで
空港ラウンジ

ネットショップ&電子マネーの利用で効率よくポイントが貯まる!
年会費が1,950円(税込)と一般的なゴールドカードに比べて手頃な「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」。
保険や優待サービスも充実しており、はじめてのゴールドカードにぴったりです。
ポイント還元率は常に1.0%以上で、100円で1ポイント(1円分)が貯まり、入会後6ヶ月はポイント還元率が2.0%にアップ!
さらに約600のショップが参加しているオリコモールを経由しネットショッピングした場合、カードご利用分(1.0%)+オリコモールご利用分(0.5%~)+特別加算(1.0%)で合計2.5%以上のポイントが貯まります。
また、コンビニやドラッグストアでのお買い物に便利な「iD」と「QUICPay(クイックペイ)」の2つの電子マネー機能が搭載されており、電子マネー利用時は0.5%のポイントが加算。チャージ不要の後払いで、簡単・便利・スピーディに決済が可能!
家族カードも3枚まで無料なので、家族で使えばどんどんポイントが貯まりますよ。
また、貯めたポイントはAmazonギフト券や、Tポイント、楽天ポイントなどに交換可能なので、使い勝手も抜群です!

まとめ

ここまで家族カードについての基礎知識やメリットなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ご結婚されている方やご両親と同居されている方などで、クレジットカードの使用を検討されている方は、これを機にぜひ「家族カード」を検討してみて下さい。
年会費がお得になったりポイントがたくさん貯まったりなど、お得がたくさんです。

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム