楽天カードとヤフーカード、人気の2枚を比較!どんな人にオススメ?

最近は高還元率のカードが特に人気。
その中でも、審査の窓口が広く年会費無料であることから毎年多くの加入者を獲得しているのが楽天カードとYahoo! JAPANカード(通称ヤフーカード)です。

どちらも高還元率…うーむ、どっちにしようか悩みどころっすね…

確かにどちらもオトクなカードとしても有名じゃから、悩んでいる人は多いじゃろう。そんな人達のために、ワシが楽天カードとヤフーカードを比較してどちらがどんな人にオススメなのか解説するぞい!

今回は、楽天カードとヤフーカードの違いについて詳しく解説します。
どちらのカードにしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

まずは基本概要を比較!

まず初めに、楽天カードとヤフーカードの基本概要を比べてみましょう。

楽天カード ヤフーカード
楽天カード Yahoo! JAPANカード
年会費 無料 無料
ポイント還元率 1.0%% 1.0%
ポイントプログラム 楽天ポイント Tポイント
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB,AMEX VISA,Mastercard,JCB

年会費無料、ポイント還元率が1.0%の部分はどちらも共通していますね。
異なる部分は、貯めることのできるポイントと選べる国際ブランド。

ただし国際ブランドはアメックスが選べるかどうかの違いになりますので、国際ブランドでアメックスにしたい!というこだわりがなければ気にならない相違点と言えます。

高還元率で年会費無料、貯められるポイントが違うけど国際ブランドは最低3種類から選べるし、なんだかどっちでも良いんじゃないんすか?

基本概要では似ている部分が多いが、カードの詳細をそれぞれ細かく見ていくと異なる部分がいくつもあるんじゃよ。
異なる部分をしっかり確認せず決めてしまうと、カードを上手に使いこなせなくなって後悔するぞい!
これから細かい部分の違いをドーンと説明するからよく確認するのじゃ!

楽天カードとヤフーカードの違い

楽天カードとヤフーカードの違い
それではこれから、楽天カードとヤフーカードが異なる点について細かく確認していきましょう。

付帯保険が異なる

楽天カードとヤフーカードには、まったく異なる保険がそれぞれ付帯されています。

楽天カードの場合はカード盗難保険と海外旅行傷害保険が無料で付帯
カード盗難保険はカードが盗難などの被害に遭った場合に、その損害を補償してくれるもの。
また海外旅行傷害保険は海外で万が一の場合に、最高2,000万円の補償が受けられる保険です。

ヤフーカードはショッピングガード保険が無料で付帯されています。
ショッピングガード保険はヤフーカードで購入した商品が事故などで破損した場合に、補償してくれる保険です。

楽天カードは海外旅行向けの保険、ヤフーカードはショッピング向けの保険が無料で付帯されている、と覚えておきましょう。

ポイントの付き方に差がある

楽天カードとヤフーカードのポイント還元率は共に1.0%。
ただし、楽天カードとヤフーカードはカード利用金額に対するポイント計算の仕方に違いがあります。

楽天カードのポイント加算は、1ヶ月に利用した合計金額100円につき、1ポイントのポイントが付与されるシステム。
つまり、100円以下のお買い物を10回繰り返したとしても、月の合計金額で計算されてポイントが付与されるので、無駄なくポイントを獲得することが出来ます。

対して、ヤフーカードの場合は、1回の利用額100円ごとにポイント付与の計算が行われます。
100円に満たさないお買い物を10回繰り返した場合、各お買い物ごとのポイント付与となりますので、付与ポイントはなんとゼロ。

利用方法によっては、合計金額で付与される楽天カードの方がお得にポイントを貯めることが出来る、ということが分かりますね。

ポイントが利用出来る店舗が異なる

基本概要でも少し触れましたが、楽天カードにつくポイントは「楽天ポイント」、ヤフーカードにつくポイントは「T-ポイント」とポイントプログラムが異なります。

それに伴い、貯めたポイントを利用出来るお店がそれぞれ異なってきます。

楽天ポイント Tポイント
利用可能なお店 マクドナルド
ミスタードーナツ
コンビニポプラ
大丸
楽天市場などの楽天サービス他
ファミリーマート
三越伊勢丹
吉野家
ガスト
Yahoo!ショッピング他

カード会員本人が普段利用する店舗によってポイントの使い勝手の良さは変わるので、自分が良く利用するお店で使えるカードを選択するとお得です。

楽天カードのゴールドカード以上を目指せる!

クレジットカードを所有している方の中で、ゴールドカードなどのステータス性のあるカードをいずれは持ちたい、と考える方が多いのではないでしょうか。

実は、ヤフーカードは通常カードのみの発行となっており、ヤフーカードをゴールドカード以上にグレードアップすることは2019年1月現在、不可となっております。
その点、楽天カードは楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード、そして招待制である楽天ブラックカードまでランクアップすることが可能。

将来、ステータス性のあるカードにしたいと考えている方には楽天カード方がオススメですね。

似ているようで、異なる部分が沢山あるんすねー!

うむ。異なる点を確認して、自分に合う方を選ぶことが大事じゃぞ。

それぞれのカードはどんな人にオススメ?

楽天カードとヤフーカードはどんな人にオススメ?
基本概要と異なる点を解説したところで、次にそれぞれのカードがどんな方にオススメなのか見ていきましょう。

楽天カードがオススメなのは?

楽天カードがオススメな方は、以下の項目に当てはまる方です。

  • 海外へ行くことがある方
  • ポイントの取りこぼしなく、無駄なく貯めたい方
  • 将来ステータス性のあるカードへランクアップさせたい方

上記に当てはまる方は、楽天カードの入会がオススメ。
また、楽天市場などの楽天サービスをよく利用する方も楽天カードがオススメですよ。

ヤフーカードがオススメなのは?

下記の項目に当てはまる方は、楽天カードよりもヤフーカードの入会がオススメ。

  • ショッピング保険を付帯したい方
  • 身近なファミリーマートなどで利用出来るTポイントを貯めたい方
  • ヤフーショッピングはもちろん、ヤフオクなども利用する方

Tポイント加盟店は多くあるので、身近なお店でポイントを貯めたい方はヤフーカードに入会がオススメ。

どちらも当てはまる!という方は、2枚持ちするのも良いかもしれんのぅ。どちらも年会費無料じゃから負担になることは無いし、時と場合によって使い分けが出来るからダブルでお得じゃ!

まとめ

今回は楽天カードとヤフーカードをそれぞれ比べ、異なる点を見てきました。
似ているようで付帯保険やポイントの付き方が全く異なるので、自分に合う方はどちらのカードなのかしっかり見極めることが大事です。

高還元率で年会費無料じゃから、どちらのカードを持っても損になることは無いが、自分がよりお得に利用出来る方を選択することが賢いカードの持ち方じゃぞ。

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム