リクルートカードは国際ブランドによって特徴が違う!どれが一番使い勝手がいいの?

クレジットカードの申し込みをするときについつい悩んでしまうのが、国際ブランド選び。
国際ブランドによって利用できる範囲が変わる場合もありますので、なるべく自分の使い方に合った国際ブランドを選びたいものですよね。
株式会社リクルートホールディングスの人気のクレジットカード、「リクルートカード」にも幾つかの国際ブランドがあります。

えっ、選んだ国際ブランドによって何か変わってくるの?

うむ、基本的なカード概要に変わりは無いんじゃが、細かいところで国際ブランドによる違いがあるのじゃ。

今回は「リクルートカード」の国際ブランドによる特徴と違いについて解説します。

リクルートカードの国際ブランド

リクルートカードの国際ブランド
リクルートカードで選ぶことのできる国際ブランドはJCB・VISA・Masterの3つ
JCBについては株式会社JCBが、VISAとMasterについては三菱UFJニコスがカードの審査と発行を行います。

リクルートカードの特徴である1.2%のポイント還元プログラムや最高2,000万円の海外旅行保険や最高1,000万円の国内旅行保険についてはどの国際ブランドを選んでも付帯。
ですからリクルートカードのポイントを貯めたいなどの方には、どの国際ブランドを選んでも大きな差はないので安心して利用できますよ。

基本的なサービスなどはどの国際ブランドを選んでも共通なのね!じゃあ一体何が違うのかしら?

基本的なサービスは同じじゃが、細かいサービスは国際ブランドによって変わるんじゃ。これからそれぞれの国際ブランドによる特徴を解説するぞい!
自分に合う国際ブランドを見つけるのじゃ!

国際ブランドがJCBの場合の特徴は?

リクルートカードJCB

JCBは日本発の国際ブランド。
日本国内だけで900万以上のJCB加盟店があるので、日本で利用する国際ブランドとしてはNo.1の使いやすさです。

そんなJCBを選択した場合、どのような特徴があるのでしょうか?

電子マネーに特徴が!

JCBのリクルートカードで利用できる電子マネーはnanacoとモバイルSuicaです。
どちらの電子マネーを利用した場合でも、ポイント還元率は通常の還元率と同じ1.2%。
これは高還元率で嬉しいですね。

また、JCBのリクルートカードはApplePayの利用はできません。その代わりにQUICPayを利用することができます
QUICPayについても利用した際のポイント還元率は1.2%ですが、QUICPayをセブンイレブンで利用する場合には100円にごとに1ポイントのnanacoポイントをさらに貯めることもできます。

ETCカードにも特徴が

JCBのリクルートカードはETCカードを発行することができます。
このETCカード、なんと新規発行手数料も年会費もすべて無料!

お得にETCカードを発行したいのであれば、国際ブランドはJCBを選択するべきと言えますね。

国際ブランドVISAの場合の特徴は?

リクルートカードVISA

VISAは世界の国際ブランドの中で1位のシェアを誇る人気の国際ブランド。
シェア率は2015年の時点で56%となっており、世界中のクレジットカードの半分以上がVISAブランドなので海外で困ることはほぼないと言えるでしょう。

そんなVISAを選択した場合は、どのような特徴があるのでしょうか。

利用出来る電子マネーがJCBより多い

VISAのリクルートカードで利用できる電子マネーはnanaco・モバイルSuica・楽天Edy・SMARTICOCAの4つ
これらの電子マネーを利用した場合のポイント還元率は1.2%と、こちらも高還元率です。

VISAのリクルートカードはQUICPayの利用はできませんが、ApplePayを利用することが可能。
ApplePayがあればリクルートカードが手元にないときでも、IPhoneなどの端末を利用して支払いが可能に。

ただしVISAのリクルートカードの場合は店舗でのApplePayの使用はできますが、アプリやネットでのApplePayの使用はできませんので注意が必要です。

ETCカードは有料

VISAのリクルートカードでも、ETCカードを発行することができます。
ただしETCカードの年会費は無料ですが、新規発行手数料として1,000円(税抜)がかかります。

年会費が無料であっても、手数料がかかってしまうのは少しETCカードを発行するか迷ってしまいますね。

ETCカード以外にも追加カードが!

VISAのリクルートカードではETCカードの他に銀聯カードを発行することもできます。
この銀聯カードは中国で一番人気のあるクレジットカード。

こちらもETCカードと同じく、新規発行手数料が1,000円(税抜)発生します。

銀聯カードがあれば中国の多くの店舗でクレジットカード払いができるので、中国へ定期的に旅行される方や仕事で行かれる方には便利なカードです。

国際ブランドがMasterCardの場合の特徴は?

リクルートカードMasterCard

MasterCardは世界の国際ブランドの中でVISAの次に人気のある国際ブランド。
シェア率は2015年の時点で26%となっており、世界中のクレジットカードの4人に1人がMasterCardブランドと言われています。

利用出来る電子マネーはVISAと共通だけど…?

利用出来る電子マネーはVISAと同じ、nanaco・モバイルSuica・楽天Edy・SMARTICOCAの4つ。
還元率も同じ1.2%ですので、この点はVISAと共通ですね。

また、QUICPayの利用は不可でApplePayを利用することは可能。こちらもVISAと同じです。
しかし、VISAと異なる点がひとつ。

それはアプリやネットでもApplePayを使用することができる、という点。
VISAではアプリやネットで利用することは出来ませんでしたので、もしApplePayをメインに利用するのであればMasterCardがオススメですよ。

追加カードもVISAと共通

ETCカードや銀聯カードが発行可能、発行時は手数料1,000円(税抜)必要になる、というところもVISAと共通です。
VISAとMasterCardは似ている部分が多い国際ブランドと言えますね。

JCBだけ異なる点が多かったわね!VISAとMasterCardは凄く似ているけど、VISAはネットなどではApplePayを利用することが出来ない、と言うことが良く分かったわ!

うむうむ。国際ブランドは似ているようで異なるところがちらほらある、ということが分かってくれたようだのぅ。 特にJCBは利用出来る電子マネーが少ない、ETCカードは無料で発行できる。など、さまざまな相違点があったのぅ。

まとめ

「リクルートカード」を作るときには国際ブランドに注目してみて下さいね。
自分に合う国際ブランドを選択すれば、リクルートカードを効率よく使用することができますよ。

・ETCカードを利用する場合や、QUICPayを利用したい場合はJCBのリクルートカードがオススメ。
・ネットでもApplePayも利用される方はMasterCardがオススメ。
・海外での利用をメインにしたい場合は国際シェア率がとても高いVISAがオススメじゃぞ。

迷った人は、上記を国際ブランドを選択するときの参考にしてみて欲しいぞい!

人気 リクルートカード

年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率 1.2%~4.2
国際ブランド off off on on on
電子マネー 無料
発行スピード 1週間程度

キャンペーン情報

  • 新規入会&ご利用で最大6,000円分相当のポイントプレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム