海外旅行保険付きクレジットカードの利用付帯って何?年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカードも紹介


クレジットカードに付帯する海外旅行保険にはある条件を満たさないと補償されない保険とそうでない保険の2種類があります。

ある条件とは「利用」と言う条件をを満たさないと補償されません。
では「利用付帯」とは一体どういう意味なのでしょうか?さらに「利用」とは何をすればいいのでしょうか?
今回は利用付帯の疑問や、「利用」のテクニック、また注意点も解説します。

最後に年会費無料の海外旅行保険(利用付帯)付きクレジットカードも紹介しますよ。

利用付帯とは?

軽くおさらいすると、海外旅行保険は海外旅行中に発生した不慮の事故やケガをしたときに受取ることができる保険です。

その保険を受けるときの条件である利用付帯は「そのクレジットカードで旅費等を決済した場合のみ保険が適用される」タイプです。
利用付帯の対になる自動付帯に比べ保険適用の条件がある分少し不便ですね。

自動付帯とは、その名の通り「カードを持っているだけで自動で保険が適用される」タイプです。

利用付帯の保険適用条件となる「旅費」とは具体的は以下の2種類を指します。

  • 旅行会社のツアー旅行商品の代金
  • 旅行中の公共交通機関の代金

旅行中の公共交通機関に当てはまる具体例は以下の通りです。

  • 電車
  • 飛行機
  • タクシー
  • バス

例えば以下の代金をクレジットカードで決済すれば、利用付帯の条件を満たすと考えてよいでしょう。

  • 海外への航空券代
  • 自宅から空港へ向かうまでの電車代やタクシー代
  • 現地の公共交通機関(電車等)の代金

またカードによっては旅行中の宿泊費の支払いでも利用付帯の付帯条件を満たすクレジットカードもあるようです。

なお、利用付帯の条件は各カード会社が独自に定めており、上記の利用付帯の条件はあくまでよくある一般例です。

利用付帯のカードで保険を適用しようと考えている場合、事前にカードの利用規約をチェックし、付帯条件をしっかり確認しておきましょう。

利用付帯も条件を満たせば複数枚利用OK!

複数枚利用OK!

せんせー。
利用付帯の海外旅行保険は付いててありがたいんすけど、ちょっと補償額が不安っす。

うむ。利用付帯のクレジットカードをいくつか持っていたら、その問題は解決できそうじゃぞい!

利用付帯のクレジットカードを複数持っていた場合、それぞれの保険を全て付帯・合算することは可能なのでしょうか?
結論としては利用付帯の保険を複数付帯、合算することは可能です。

もちろん付帯にはそれぞれのカードの利用条件を満たす必要があります。
例えば利用付帯のカードA〜Cの3枚を持っていたとします。

  • カードAで家から空港バス停留所までのタクシー代
  • カードBで空港までのバス代
  • カードCで航空機代

といった形で払えば全てのカードで利用付帯の条件を満たすので全てのカードの保険が有効となり、補償を合算することが可能です。

ちょっとした裏技ですがJRの切符はクレジットカードを使える券売機やみどりの窓口であればカードを使って購入することができます。新幹線や特急だけではなく、在来線の短距離の切符でも購入可能です。
電車代でも利用付帯の条件を満たすことができるので、手持ちのカードの保険を利用しやすくなりますよ。

利用付帯は補償期間に注意!

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の補償期間は原則出国日から3ヶ月以内となっています。(一部カード会社等によって例外あり)
補償期間中かつ旅行期間中に発生した傷害・損害のみが補償の対象となります。

なお利用付帯のクレジットカードの場合補償期間に関して少し注意が必要です。
旅行先に到着後に現地交通機関を利用しカードの利用条件を満たした場合、補償期間は「支払い条件を満たした時点からスタート」、つまり現地で決済をした時点から90日間となります。支払いを行うまでの行程は補償対象外となるので注意しましょう。

海外旅行保険が利用付帯でオススメのクレジットカード

ケース1.最初で最後の海外旅行だという方

初めて海外旅行に行くけど今後あまり海外予定に行く予定はないよ、という方には「楽天カード」がオススメです。

年会費無料で海外旅行保険+ポイント高還元で最強の使い勝手「楽天カード」
楽天カード
券種名 楽天カード
ステータス 一般カード
年会費 無料
海外旅行保険付帯条件 利用付帯
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 200万円
補償対象期間 日本出国日から3ヶ月
家族特約の有無 無し

利用付帯ではあるものの、傷害・疾病治療費用200万円、救援者費用200万円など、年会費無料のカードとしては充実した海外旅行保険が付帯しています。

今後海外に行くことが少ない方とっては、帰国後の国内利用で「使える」カードかがとても重要ですよね。
楽天カードはポイント業界でも使い勝手が最高クラスの「楽天ポイント」が1%の高還元率でザクザクたまるので海外旅行にあまり行かない方にもオススメできます。
審査ハードルが低く発行されやすいのも嬉しいポイントですね。

国際ブランドはVISA、マスター、JCBの3種類から選ぶことができるため海外利用にも向いています。

ケース2.これからも海外旅行に行く予定の方

これからも海外旅行へは定期的に行くけどクレジットカードに年会費をかけたくない人もいるのでは?そんな方にはエポスカードがオススメです。

海外旅行保険、年会費無料では最強!?「エポスカード」
エポスカード
券種名 エポスカード
ステータス 一般カード
年会費 無料
海外旅行保険付帯条件 利用付帯
補償内容と補償金額 傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 100万円
補償対象期間 90日間
家族特約の有無 無し

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険が付帯するカードの中でトップクラスの実力をほこります。
傷害治療費用200万円、疾病治療費用270万円と非常に充実した補償内容で、しかもカードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」。持っているだけで海外旅行の安心感がグッと増します。

またエポスカードは有名デパート・マルイ系のカードなので、専業主婦や学生(=メイン客層)でも作りやすく取得ハードルが低いという特徴もあります。

まとめ

今回は海外旅行保険付いたクレジットカードの利用付帯という「付帯条件」ついてと、利用付帯でオススメの年会費無料のクレジットカードも紹介しました。

この記事では「利用付帯」という条件も、ツアー代金や旅行中の公共交通機関の代金を支払うことで簡単にクリアできること。
さらに、自動付帯と比べると、ちょっとめんどくさくはなりますが、クレジットカードの年会費をかけずに持つこともできるカードがある事も伝わったかと思います。

利用付帯という言葉にめげず、付帯条件をクリアして海外旅行にチャレンジしたり、海外旅行保険付きクレジットカード選びの参考にもしてくださいね。

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム