クレジットカードの国内旅行保険で利用付帯の注意は?オススメのカードも紹介


クレジットカードには国内旅行保険の付帯したカードがありますが、その中でも利用付帯という条件付きのカードがあります。

では、国内旅行保険の利用付帯保険は自動付帯となにが違うのか?利用付帯の条件を達成するには何をすればいいのか?の説明をします。

また、国内旅行保険が利用付帯付きのクレジットカードも紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

国内旅行保険の補償についてと利用時の注意は?

自動付帯と利用付帯って何?

海外旅行保険と同じく国内旅行保険も「自動付帯」と「利用付帯」の2種類のタイプがあります。

利用付帯は、旅行代金の一部をクレジットカードで決済しないと保険が適用されないタイプ。利用付帯の場合、うっかり決済を忘れていて保険適用外となっていた、ということが起こり得るので注意が必要です。

国内旅行保険は利用付帯条件に注意

海外旅行保険と国内旅行保険の利用付帯に対する考え方の違いにも注意が必要です。

海外旅行保険の利用付帯では、旅行中の交通費(宿泊費でOKな場合もあり)の一部をクレジットカードで決済すれば、旅行期間全てが補償対象となるのが一般的です。
家から空港までの電車代やタクシー代等の公共交通機関の料金をカード決済すれば、出国して海外から帰国するまでの間の事故、例えば現地での移動中やホテル滞在中に起こった事故も全て補償対象となるという具合です。

一方国内旅行保険の利用付帯の場合、保険の適用条件は以下のようになっているケースが多いです。

  1. 1.公共交通機関の料金を搭乗前にカード決済→料金をカードで支払った交通機関に乗っている間に発生した事故によるケガのみ補償対象
  2. 2.ホテル・旅館の料金をチェックイン時にカード決済→料金をカードで支払った宿泊施設に滞在中の火災・破裂・爆発事故等によるケガのみ補償対象
  3. 3.ツアー旅行の料金を事前にカード決済→ツアー旅行中の事故によるケガが補償対象

1、2をみると分かるように、基本的に国内旅行保険では「実際にカードで料金を決済した交通機関・宿泊施設を利用中のみ補償対象」となっています。具体的には次の解説を参考にしてみてください。

こんな時、利用付帯の保険は適用される?

例えば電車で旅行先の駅まで移動、そこから現地のホテルに徒歩で向かうケースを考えてみましょう。
電車の特急券はクレジットカードで購入、ホテルの宿泊費もチェックイン時にカード決済するものとします。

①行きの電車で急ブレーキがかかり怪我をした場合
→電車代をカード決済しているので保険適用対象となります。
②電車から降りて徒歩でホテルへ向かう間に交通事故などにあってしまった場合
電車を降りた後なので保険適用外となります。
③無事ホテルに到着したが滞在中に火事が起こり怪我をしたり死亡した場合
→宿泊費をカード決済しているので保険適用対象となります。

徒歩での移動中(=カードで料金を払った交通機関や宿泊施設を利用していない)は保険適用外となっているのがポイントです。

加えて重要なのは交通機関やホテルを「利用前に」カード決済するということ。料金をカードで支払う前に発生した事故は補償対象となりません。

例えば家から空港に向かうためのタクシー搭乗中に事故にあった場合、料金の支払いがまだであれば「料金をカード決済する」という条件を満たさず保険適用外となります。

ホテルの場合もチェックイン時に宿泊代をカードで支払わないと、ホテル滞在中の事故によるケガであっても補償対象外となります。
一度カード支払いをすれば旅行全体が保険適用対象となる海外旅行保険と異なり、利用付帯の国内旅行保険は適用のハードルが高く設定されているというわけですね。

ポイントは、クレジットカードで支払いをしたときに起きた事故やケガが補償の対象になるってことなんんじゃ。

旅行中でもクレジットカードで支払っていなければ補償されないってことっすね。わかったっす!

利用付帯の国内旅行保険にはパッケージツアーがオススメ

上記は交通費や宿泊費を別々に支払う場合ですが、交通機関やホテルなどが事前に決まっている旅行会社のパッケージツアーの料金をカードで支払った場合、ツアー中全ての期間が補償対象となります。これなら海外旅行保険とほぼ同じ感覚で使うことができますね。

利用付帯の国内旅行保険を利用したい場合はツアータイプの旅行の申し込みがオススメです。

国内旅行保険が利用付帯でオススメのカードはこれだ!

ここからは国内旅行保険が利用付帯のオススメのクレジットカードをご紹介していきます。

※表中の補償項目・内容は国内旅行保険のものとなっています。

高還元率&国内旅行保険付帯なのに年会費無料!REX CARD(レックスカード)
rexカード
券種名 REX CARD(レックスカード)
年会費 無料
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 30万円~1,000万円
入院保険金 5,000円/日
通院保険金 3,000円/日
手術給付金 5万円/10万円/20万円
(手術の種類に応じて変動)
保険付帯条件 利用付帯

REX CARDは年会費無料にも関わらず国内旅行保険が付帯する貴重なカードです。

また保険だけでなく、通常で1.25%、Amazonなどのネットショッピング利用時は1.75%というポイント還元率は、年会費無料カードの中では最高クラスです。年会費無料&高還元率ということで保険目当てでなくても非常にオススメできるカードです。

年会費有料の一般カードで国内旅行保険が付いているカードは?

年会費無料にこだわらなければ、一般カードでも国内旅行保険が付帯しているカードはいくつか存在します。
一般カードの利点としては、ゴールドカード等のステータスカードに比べ発行ハードルが高くないということが挙げられます。

1.無印良品でポイントザクザク!無印好きなら必須のMUJI Card (アメリカン・エキスプレス)
MUJI Card
券種名 MUJI Card アメリカン・エキスプレス
年会費 3,000円(税別)
傷害死亡 3,000万円
傷害後遺障害 90万円〜3,000万円
入院保険金 5,000円/日
通院保険金 3,000円/日
手術給付金 5万円〜20万円
(手術の種類に応じて変動)
保険付帯条件 利用付帯

セゾンと無印良品が提携して発行しているMUJI Cardは、高校生を除く18歳以上の方であれば誰でも申し込み可能な一般カードです。

国際ブランドはVISA(年会費無料)とアメリカンエキスプレス(年会費 税別3,000円)が選べますが、国内旅行保険が付帯するのはアメリカンエキスプレスのみなので注意しましょう。

3,000円というそれほど高くない年会費で、入院日額5,000円を含む国内旅行保険は悪くない補償内容と言えます。
また無印良品での利用で永久不滅ポイントが3倍貯まるので無印ファンには特にオススメです。

2.Suicaチャージで還元率1.5パーセント!JREカード
JRE CARD
券種名 JREカード
年会費 477円(税別)
※初年度年会費無料
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 40万円〜1,000万円
入院保険金 3,000円/日
通院保険金 2,000円/日
手術給付金 1.5万円〜3万円
(手術の種類に応じて変動)
保険付帯条件 利用付帯

JREカードはJR東日本グループが発行するクレジットカードでSuicaとの相性が非常に良いカードです。Suicaへのチャージで1.5%という高還元率になるほか、申し込み時にSuica付JREカードを選ぶこともできます。

国内旅行保険も標準的な内容で、年会費も477円(税別)と安価なのでSuica利用者にはかなりオススメできるカードです。

ゴールドカード以上でカードの国内旅行保険が付いているカードは?

激安年会費でゴールドカード&国内旅行保険をゲット!MUFGカード ゴールド
MUFGカード ゴールド
券種名 MUFGカード ゴールド
年会費 1,905円(税別)
※初年度年会費無料
傷害死亡 2,000万円
傷害後遺障害 最高2,000万円
入院保険金 3,000円/日
通院保険金 2,000円/日
手術給付金 3万円〜12万円
保険付帯条件 利用付帯

MUFGカード ゴールドは1,905円(税別)という、ゴールドカードとしては破格の年会費が特徴です。券面も安っぽくないので持っているだけでも満足感が得られるお得なカードです。

一般カードと変わらない年会費でゴールドカードのステータス、海外・国内旅行保険が手に入るというのは大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?この記事では国内旅行保険付きでも利用付帯という条件が付くとどんな条件を満たせば使えるのかや、利用付帯付きのクレジットカードも紹介しました。

利用付帯でもいい国内旅行保険の付帯したクレジットカードが欲しくなった方はもちろん、自分が持っているクレジットカードに国内旅行保険が付いているか確認したときにも参考にしてみてくださいね。

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム