SMBCモビットの金利って?金利を引き下げ利息を減らす方法を大公開

  • SMBCモビットの金利はいくら?
  • 金利を引き下げて支払う利息を抑えたい

SMBCモビットの金利や支払額を抑える方法について気になっていませんか?

初めて利用する際は最大金利を適用されやすいですが、返済実績を積んでいけば金利を下げられます

本記事ではSMBCモビットの金利を引き下げる方法から返済シミュレーション、利息の支払いを抑える方法などについて解説します。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの金利を引き下げる方法

SMBCモビットの金利を引き下げる方法には以下の2つがあります。

  • 借入枠を増やす(限度額を上げる)
  • 継続的に利用を続ける

ここからは、それぞれの方法の詳細について見ていきましょう。

借入枠を増やす

借入枠を増やせば金利を引き下げられる可能性があります。

SMBCモビットは利用者からの利息で利益を得ており、金利を下げても貸付けている金額が大きければその分の利息が発生して利益を得られる仕組みです。

つまり、SMBCモビットから借入できる限度額を増やせられれば、同時に金利を引き下げてもらえる可能性があります。

ただし、借入枠を増やすためにはSMBCモビットによる審査の通過は必須です。

    増額の審査基準

  • これまで以上に貸付しても大丈夫な人か?
  • 利息を含めてきちんと返済してもらえるか?

これまで数ヶ月〜数年の利用実績があり、滞りなく返済を続けている場合は審査を有利に進められるでしょう。

継続的に利用を続ける

SMBCモビットと銀行カードローンの金利比較
金融機関の種類 サービス名 金利(年率)
消費者金融 SMBCモビット 3.00〜18.00%
銀行 A銀行 2.00〜14.00%
B銀行 4.00〜14.50%

継続的に利用を続けていれば、借入枠を増やさなくても金利を下げてもらえる場合があります。

SMBCモビットの金利は最大で18.00%となっており、銀行や公的機関の貸付金利と比べても非常に高い利率です。

そのためSMBCモビットととしては少し金利を下げても十分利益を得られると考えられます。

また、継続的に利用を続ければSMBCモビットから「きちんと返済してくれる人」と信用され、金利を引き下げてもらえる可能性が生まれるのです。

自動的に金利を引き下げられることはないので、自ら金利引き下げの申し出をしましょう。

【注意】初回の契約では実質年率18.00%が適用される

初回の契約では最大金利である年率18.00%が適用されやすいでの注意しましょう。

SMBCモビットとしては申込人に対して返済能力の審査を行うとはいえ、利用実績がないため本当に返済するかどうかが分かりません

また、同時に借入限度額も低めに設定されるケースが多いです。基本的に初回の契約では最大でも30万円〜50万円が限度額になると考えていいでしょう。

そのため、初めは踏み倒しのリスクを抑えるために高めの金利・低めの借入限度額が適応されやすいです。

SMBCモビットの金利を引き下げたり、借入枠を増やしたりするためには、継続的な借入・返済を行って実績を積む必要があると考えておきましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの金利から利息を計算する方法

SMBCモビットの利息計算方法
借入額×金利÷365×借入日数=利息

たとえば、30万円を年18.00%の金利で30日間借りた場合、利息は以下のようになります。

300,000円×18%÷365×30=4,438円

この場合、1ヶ月間で約4,400円もの利息が発生しており、決して少ない額ではないでしょう。

SMBCモビットを最大金利で借り入れた際の返済シミュレーション

実際にSMBCモビットを利用したときの返済シミュレーションを行いましょう。

30万円を年18.00%の金利で借入し、1年、2年、3年それぞれで返済した場合の返済計画は次のようになります。

30万円を年18.00%の金利で借入した時の返済シミュレーション
返済期間 1年(12ヶ月) 2年(24ヶ月) 3年(※35ヶ月)
月々の返済額 28,000円 15,000円 11,000円
返済総額 329,526円 359,332円 388,683円
最終月の返済額 21,526円 14,332円 3,683円

参考:SMBCモビット返済シミュレーション

SMBCモビットでは借入残高によって月々の最低返済額が定められており、30万円を借入した場合の返済額は11,000円です。

表を見て分かるように、返済期間が短いほど返済の総額が少なくなります。

支払う利息を抑えるには金利を引き下げるほか、できる限り短期間で返済したりするのが大切です。

自分の収入状況や返済総額、トータルでかかる利息などを考えながら最適な返済計画を立てましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの金利は高い?他社と比較

SMBCモビットの金利はその他の金融機関と比べると高いですが、同じ消費者金融として比べると平均的と言えます。

以下はSMBCモビットと他者の金利の比較表です。

SMBCモビットと他社の金利比較
金融機関の種類 サービス名 金利(年率)
消費者金融 SMBCモビット 3.00〜18.00%
A社 3.00〜18.00%
B社 4.50〜17.80%
C社 3.00〜18.00%
銀行 D銀行 2.00〜14.00%
E銀行 4.00〜14.50%

SMBCモビットと他の消費者金融とでは金利はほとんど変わりません。一方で銀行カードローンと比較すると、SMBCモビットの金利は高いのが分かるでしょう。

しかし、銀行のカードローンは審査を厳しく行うと言われているため、消費者金融よりも金利が低く設定されています。

以上を踏まえるとSMBCモビットの金利が特別高いわけではないと言えるでしょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの金利を抑え利息を減らす方法

SMBCモビットで借入を行い、利息を含めたトータルの支払いを抑える方法には以下のものがあります。

  • 金利を下げてもらう
  • 借入額を最小限に抑える
  • 短期間で返済を終わらせる

当然ですが、金利が下がれば利息の抑制が可能です。

借入金額を最低限に抑え、短期間で確実に返済をしていけば実績が積めるので信頼度が増します。

きちんと返済してくれると信用されれば限度額を上げたりして金利の引き下げを申し出ましょう。

短期間で返済を終わらせるにはボーナスが入ったりして余裕がある時に多めに支払うといいです。

SMBCモビットの金利を低くして返済額を減らそう

SMBCモビットの金利は年3.00%〜18.00%です。銀行などと比べると金利は高くなっていますが、他の大手消費者金融と比べると同水準となっています。

SMBCモビットの支払いにおける負担を抑えるには、金利を下げるのがポイントの一つです。

借入枠を増やしたり継続的に利用を続けたりして金利の引き下げを申し出ましょう。

SMBCモビットの基本情報
借入利率 実質年率 3.00%~18.00%
担保 不要
保証人 不要
利用対象者 満 20~69歳、かつ安定氏や収入がある
(アルバイトやパート、自営業も可)
貸付方法 ATM若しくは振込
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済方法 ATM返済・銀行振込返済・口座振替
返済回数 原則、最長60回
限度額 1~800万円
約定支払日 毎月5日、15日、25日、末日

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

関連コラム