プロミスで一括返済は利用できる?利息・手数料を抑えて借金を完済しよう

プロミスで一括返済は利用できる?利息・手数料を抑えて借金を完済しよう

「ボーナスや臨時収入が入って余裕が出来たんだけど、キャッシングの返済を優先すべき?」

そのように迷っている方も少なくないのではないでしょうか。

キャッシングの返済期間中にまとまったお金が入ったときは、今後の利息を抑えるために一括返済をするのがおすすめです。

今回は、プロミスで一括返済をする方法や、その際の注意点を解説します。

借金返済で損をしたくない方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

プロミスで一括返済をすると利息の支払いを抑えられる

一括返済を利用する最大のメリットは、利息と手数料が最小限に抑えられる点です。

利息の計算式は「借入金額×借入利率÷365×利用日数」

借入日数と返済回数が少ないほど利息は安くなり、一括返済してしまえば毎月の返済を続ける必要もなくなります。

返済回数による利息の違い

借入金額 返済回数 合計返済金額
30万円 1回 30万4,389円
12回 32万9,700円
36回 38万9,340‬円

※返済回数1回につき30日とする

月々に定められている最低返済金額だけ返済するのと比べると、その差は歴然です。

さらに、プロミスのキャッシングを利用するのが初めての場合のみ、下記の条件をクリアすると30日間無利息キャンペーンが適応されます。

  • プロミスと初めて契約する
  • メールアドレスを登録
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

無利息キャンペーン期間中なら、利息を一切支払わずに返済を終えられるので、初めて利用する方はぜひ活用しましょう。

プロミスで一括返済するときの注意点

一括返済に必要な金額は1日ごとに変わる

借入時の元金は追加の借入をしない限り増えませんが、利息は毎日少しずつ加算されていきます

確認を怠ると「一括返済をしたつもりなのに、まだ少し残高があった……」となってしまう可能性も。

返済する日の残高がいくらになるのか、事前にプロミスの会員サービスで調べておく必要があります。

会員サービスの利用方法や利息の計算方法が分からない方は、プロミスコール(0120-24-0365)に相談してみてください。

ATMから一括返済すると端数が残ってしまう

1,000円以下の残高がある場合、硬貨を利用できないATMだと端数が残ってしまいます。

そのため、一括返済をする際は1円単位での返済ができる方法を選びましょう。

  1. インターネット返済
  2. Famiポート(ファミポート)
  3. お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  4. 銀行振込

中でも、「インターネット返済」と「Famiポート(ファミポート)」は手数料無料かつ24時間いつでも返済可能なので非常におすすめです。

なお、端数を含めた一括返済をした場合、端数分を返金してもらう必要があります

もちろん返済をした時点で完済扱いにはなるので、その点はご安心ください。

  • 銀行振込
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)

上記の手段で端数の返金を受けられますが、数十円~数百円のために返金手続きをするのは面倒ですよね。

可能な限り、最初からぴったりの金額を指定できる方法で返済するのをおすすめします。

一括返済の方法によって違う振込金額の単位

返済方法 振込可能金額 手数料 対応時間
インターネット返済 1円単位 無料 24時間
Famiポート(ファミポート) 1円単位 無料 24時間
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 1円単位 無料 平日10:00〜18:00
プロミスATM 1,000円単位 無料 7:00〜24:00
提携ATM 1,000円単位 1万円以下:110円
1万円超~:220円
各ATMによる
銀行振込 1円単位 金融機関による 銀行の営業時間内のみ

※口座振替は一括返済には利用できないため除外

一括返済をしてもプロミスとの契約が解約される訳ではない

返済を終えて完済するのと、「解約」は同じではありません

完済していてもプロミスとの契約は続いているので、いつでも新たな借り入れができます。

キャッシング会社との契約の有無は信用情報に関係するので、他のローン審査などに通りやすくしたい場合は解約しましょう。

会員サービスまたはプロミスコール(0120-24-0365)から手続きが可能です。

ただし、解約後プロミスを利用する場合は再審査が必要なので、再度キャッシングをしたい方は契約を続けるのをおすすめします。

プロミスの一括返済を利用すれば、返済時の利息を最小限にできる

  • 一括返済をすると利息の総額が安くなる
  • 一日単位での残高チェックは必須
  • 手数料無料で1円単位の返済ができる方法を利用しよう

プロミスの一括返済は利息を抑えるには最適の手段で、時期が早ければ早いほど損失も少なくなります。

なお、プロミスでは一括返済だけでなく、任意の金額での随時返済も可能です。

一括で返すほどのお金はなくても、多少余裕がある状態なら利用しておきたいところ。

早めにプロミスの返済を終え、毎月の支払いや利息に悩まない日々を目指しましょう。

プロミス

最短30分で融資可能!WEB申込ならカードレス対応
実質年率4.5%~17.8%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

関連コラム