SMBCモビットの返済額って?返済額の減額で返済期間を短縮する方法

SMBCモビットの返済額って?返済額の減額で返済期間を短縮する方法
  • SMBCモビットの月々の返済額を知りたい
  • SMBCモビットの金利を知りたい
  • SMBCモビットの返済額を完済するのにどれくらいの期間がかかるのか知りたい

SMBCモビットを利用したいが月々の返済額や返済にかかる期間がどれくらいなるのか気になっていませんか?

実は月々の返済額や返済の頻度が変わると返済総額や完済にかかる期間が大きく変わります

ご自身がSMBCモビットで借りた金額に対する返済額がいくらになるのか分かっていれば、計画的な返済が可能になり、返済総額の膨張や返済期間の長期化を回避できるでしょう。

SMBCモビットの最低返済額はいくら?

SMBCモビットの返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式

カードローンを提供する会社では返済のルールを決めており、これを返済方式と言います。

SMBCモビットが採用している返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式です。

この返済方式では、最後に借入してから新たな借入をしない限り、最後の借入額に応じた最低返済額が決められます。

SMBCモビットの返済額は4,000円から

SMBCモビットの返済額一覧
最終借入金額 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~40万円以下 11,000円
40万円超~50万円以下 13,000円
50万円超~60万円以下 16,000円
60万円超~70万円以下 18,000円
70万円超~80万円以下 21,000円
80万円超~90万円以下 24,000円
90万円超~100万円以下 26,000円

借入金額に応じて最低返済額が決められており、上に示す表の通りです。

ご自身の借入額に照らし合わせて、毎月支払うべき最低限の金額を確認しておきましょう。

なお、最終借入後残高が100万円を超えると、20万円増えるごとに返済額が4,000円ずつ追加されます。

SMBCモビットの最低返済額での返済シミュレーション

SMBCモビットのカードローンでの借入額ごとの返済額や完済にかかる期間をシミュレーションします。

本章を読めば大まかな返済イメージが湧くでしょう。

SMBCモビットの実質年率は借入額が100万円未満なら18.0%、100万円以上なら15%です。

今回は借入額の最低返済額で返済し続けた場合で計算しています。

借入額10万円の場合

SMBCモビットで10万円を借りた時の返済シミュレーション
月々の返済額 4,000円
最終月の返済額 2,260円
返済期間 32か月
返済総額 126,260‬円

SMBCモビットで10万円を借入した場合の最低返済額は4,000円です。

最終月のみ返済額が4,000円を下回っています。

返済し続けると、残高と利息の合計が最低返済額より小さいためです。

最低返済額で返済し続けると発生利息は26,260円となり、借りた金額の2割以上を上乗せして返済する必要があります

借入額20万円の場合

SMBCモビットで20万円を借りた時の返済シミュレーション
月々の返済額 8,000円
最終月の返済額 4,540円
返済期間 32か月
返済総額 252,540‬円

借入額が20万円以下の場合の最低返済額は8,000円です。

10万円を借りた時同様、返済期間は32か月と変わりません。

しかし、利息の割合は少し増え、借入額の約26%が上乗せされています。

借入額50万円の場合

SMBCモビットで50万円を借りた時の返済シミュレーション
月々の返済額 13,000円
最終月の返済額 10,057円
返済期間 58か月
返済総額 751,057‬‬円

SMBCモビットでの借入額が50万円以上になると返済額や返済期間に大きな変化が出てきます。

最低返済額は1万円を超える13,000円です。

借入額が10万円や20万円のときの最終月の返済額は最低返済額の半分ほどでしたが、50万円の場合は1万円ほど支払う必要があります

返済期間も長くなり58か月です。また返済期間が長くなるのに伴い返済総額が膨れ上がり、借入額の1.5倍ほどになります。

借入額100万円の場合

SMBCモビットで100万円を借りた時の返済シミュレーション
月々の返済額 26,000円
最終月の返済額 19,743円
返済期間 53か月
返済総額 1,371,743円

SMBCモビットでは借入額が100万円以上になると実質年率は15%になります。

100万円のときの最低返済額は26,000円です。

借入額が大きいので発生する利息は37万円と大きいですが、その割合は4割に満たないくらいに抑えられています。

実質年率が18%ではなく15%に下がったためでしょう。

借入額200万円の場合

SMBCモビットで200万円を借りた時の返済シミュレーション
月々の返済額 46,000円
最終月の返済額 5,538円
返済期間 64か月
返済総額 2,903,538‬円

SMBCモビットでは借入額が100万円を超えると、借入額が20万円増加するごとに返済額が4,000円追加する仕組みになっています。

そのため200万円のときの最低返済額は46,000円です。

実質年率は15%ですが、発生する利息は借入額の半分ほどなので、返済総額は借りた金額の1.5倍になります。

また返済期間は64か月、つまり5年4か月です。

SMBCモビットの返済額を確認する方法

ご自身が借入した回数が多いと最終借入後残高がいくらなのか分からないから月々の返済額を確認したい方もいるでしょう。

SMBCモビットでは返済すべき金額を確認する方法が3つあります。

    SMBCモビットの返済額を確認する方法

  • Myモビで返済に関する情報を一度に確認する
  • 利用明細と領収書が発行される提携ATMを使う
  • 利用明細と領収書が後日郵送される提携ATMを使う

Myモビで返済に関する情報を一度に確認する

SMBCモビットにはMyモビと呼ばれる会員サービスがあります。Myモビには様々な機能が備わっており、返済額の確認も可能です。

MyモビはPC版とモバイル版がありますが、どちらも返済額の確認ができます。

使いやすい方のMyモビを利用して、返済額をご自身の目で確かめるといいでしょう。

利用明細と領収書が発行される提携ATMを使う

SMBCモビットでは返済した金額に対して利用明細や領収書を発行しており、いつ・どこで・いくら返済したのかが分かります。

    利用明細と領収書を発行する提携ATM設置場所

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • 第三銀行
  • プロミス
  • セゾンカードのATM

上記の場所に設置される提携ATMを利用すると「貸金業法に基づく利用明細書または領収書」が発行されます。

利用明細と領収書を後日郵送する提携ATM設置場所

    利用明細と領収書を郵送する提携ATM設置場所

  • 全国のゆうちょ銀行
  • 信用金庫(※出金のみ)
  • その他の地方銀行

提携ATMによっては利用明細と領収書をその場で発行するのではなく、郵送してくれるものもあります。

ただし信用金庫が郵送するのは出金時のみなので気を付けてください。

利用後日に利用明細と領収書を郵送してくれる提携ATMのある地方銀行は以下の通りです。

SMBCモビットの利用明細と領収書を郵送してくれる地方銀行
地方 地方銀行名
北海道 北洋銀行 北海道銀行
東北 みちのく銀行 仙台銀行
関東・甲信越 常陽銀行 足利銀行
栃木銀行 群馬銀行
千葉銀行 京葉銀行
横浜銀行 第四銀行
中部・北陸 北陸銀行 大垣共立銀行
十六銀行 スルガ銀行
中京銀行 百五銀行
関西 京都銀行 池田泉銀行
但馬銀行 南都銀行
紀陽銀行
中国 トマト銀行 もみじ銀行
西京銀行
四国 百十四銀行
九州 西日本シティ銀行 宮崎銀行

利用明細と領収書が欲しいものの、すぐに発行できる提携ATMが近くにないときは便利かもしれません。

ただし登録した住所に郵送されるので、家族にモビットを利用している旨がバレる可能性もあるので注意が必要です。

SMBCモビットの返済額を減らす方法

SMBCモビットの返済シミュレーションでも見たように、最低返済額で返済し続けると借入額に対して2割から5割ほどの利息が発生します。

しかし最低返済額以上の金額で返済を続けると返済総額の減額が可能です。

SMBCモビットでの返済額の違いによる返済額と返済期間の違い
毎月返済額 利息 返済期間
4,000円 26,260‬円 32回
5,000円 16,772‬円 24回

上の表のように、最低返済額に1,000円追加した額で毎月返済すると、返済回数と返済総額は減ります

今回の例はプラス1,000円でしたが、さらに大きな金額で返済するほど発生する利息は減り総額も減額されるのです。

とはいえ、返済の事情は人それぞれでしょう。

最低返済額を上回る金額を支払えない場合は、数回に1回などでも構いませんので最低返済額以上の返済を心がけてください。

SMBCモビットの返済額を事前に計算し計画的な利用をする

SMBCモビットは借入した金額に応じて最低返済額が決まります。例えば10万円以下なら毎月4,000円です。

しかし最低返済額で返済し続けると毎月の負担は小さくなりますが、返済にかかる期間が延び、返済総額が大きくなるデメリットもあります。

もし返済額が分からなくなっても、Myモビや提携ATMから発行・郵送される利用明細や領収書で確認可能です。

少しでも返済期間や返済額を減らしたいなら、余裕があるときは最低返済額以上の金額を返済するようにしましょう。

関連コラム