プロミスのサイトにログインできない!?理由別の簡単な対処法を紹介

プロミスのサイトにログインできない!?理由別の簡単な対処法を紹介

プロミスの会員サービスにログインできなくなると、焦ってしまいますよね。

「ログインできなくてもカードがあれば借り入れはできるから」と放置してしまうのは、安全性や利便性の観点からおすすめできません

今回の記事ではプロミスのサイトに突然ログインできなくなる原因と、その解決法を解説していますので、是非参考にしてください。

プロミスのサイトにログインできないデメリットとは?

会員ページ・アプリを利用できなくなる

当然ながら、ログインができなければプロミスの会員ページのサービスは受けられません。

振込依頼や返済のときにATMや店舗に向かう必要が出てくるので、利便性が落ちてしまいます。

セキュリティロックがかかってしまう恐れがある

プロミスの会員ページへログインする際、入力ミスが複数回続くとセキュリティロックがかかります

そうなるとATMでの借入もできなくなるので、注意が必要です。

ロックを解除するには自動契約機や店頭に出向かなければなりません。ログインできないからと言ってむやみに入力するのは控えましょう。

プロミスのサイトにログインできない理由は大きく分けて4つ

入力する番号・IDを間違えている

カード番号や暗証番号、あるいはWebIDやパスワードを本当に正しく入力できていますか?

正しく入力できているつもりでも、間違っている場合があるので注意して見てみましょう。

特にパスワードは入力時に文字が「●●●」と表示されるため、入力間違いに気づきづらくなります

また、単純ながら気づきにくいのがパスワードのアルファベットの小文字と大文字を間違えるミスです。

一般的なキーボードでは「Shift」キーを押しながら「CapsLock」キーを押すと大文字と小文字の入力切り替えができます。

正しいパスワードを入力してもうまく行かない場合は入力モードもチェックしてみてください。

プロミスのサイトがメンテナンス中

プロミスは、ウェブ上でのサービスを基本的に24時間行なっています。

しかし、毎週月曜日0時~7時の間はメンテナンスのため利用ができないので注意しましょう。

加えて、元日は終日サービスが利用できなくなるので前日までに必要な手続きは済ませておくのがおすすめです。

また、これ以外の時間帯にも、臨時メンテナンスが行われる可能性があります。

メンテナンス中の場合はしばらく時間をおけば利用できるようになるので、タイミングを改めてログインしてください。

番号を複数回間違えてロックがかかってしまった

カード暗証番号を複数回間違えて入力すると、セキュリティ上の理由でアカウントにロックがかかり、ログインやカード利用ができなくなります

暗証番号にロックが掛かってしまった場合は、店頭窓口や自動契約機から再発行しなければなりません。

手間を省くためにも、カード暗証番号を入力する際には間違いがないかしっかりと確認しましょう。

プロミスの会員資格を喪失している

完済後に退会する以外にも、長期に渡る延滞債務整理など、何らかの規約違反をしたとプロミス側に判断されると、会員資格がなくなる場合があります。

プロミス会員の資格を喪失すると、プロミスの会員サイトにログインできなくなってしまうので注意が必要です。

プロミスの暗証番号が分からず、ログインできない時の対処法

プロミスにログインするには、カード番号とカード暗証番号を使う方法、もう一つはWebIDとパスワードを使う方法の2つがあります。

どちらの番号も分からない場合、ログインができなくなってしまいます。

カード番号はプロミスカードに記載されている16桁の番号、カード暗証番号はカード契約時に自ら決めた4桁の番号です。

WebIDとパスワードは、プロミス会員がWebID登録ページから取得できる文字列を指します。

これらのうち、どれが不明なのかによって、対処法が変わります。

プロミスカードを紛失してログインできない場合

カードを紛失してしまい、カード番号がわからなくなってしまった場合、再発行の手続きを行いましょう。

紛失に気づいた時点でプロミスコール(0120-24-0365)に連絡すると、カードの効力が停止され、再発行の手続きができるようになります。

再発行されたカードには前の番号とは異なるカード番号が記載されていますので、そちらを使ってログインしましょう。

カード暗証番号が分からない場合

カード暗証番号は店頭窓口、もしくは自動契約機から再発行(再設定)できます。

セキュリティの都合上、電話やメール、Webサイトなどでの再発行はできないため、最寄りの店舗を利用してください。

店頭窓口や自動契約機の設置箇所は、以下のリンクから確認できます。

プロミス店舗・ATM検索

なお、カード暗証番号に関する手続きを行う際には、本人確認書類が必要になります。以下の書類の中から1点を提出しましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+1点(住民票など)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

WebIDやパスワードが分からない場合

WebIDやパスワードを忘れてしまった場合、プロミス公式サイトのWebID再発行ページから手続きが可能です。

なお、WebIDが分からない場合は、半角数字9桁の会員番号が必要ですので、あらかじめ準備しておきましょう。

全部試したけれどログインできない理由がわからない場合は?

カード番号もカード暗証番号もあっている。入力ミスもない。メンテナンスの時間でもない。会員規約を喪失しているとも思えない。にもかかわらずログインできない……。

このようなときは、一度プロミスコール(0120-24-0365)に連絡してみましょう。

原因がプロミス側にある可能性もありますし、対処法の相談にも乗ってもらえるはずです。

月末や長期休暇前だと電話が繋がりにくい場合もある

時間帯によっては、プロミスコールに繋がりにくいことがあります。

  • 平日の昼休みや金曜日の夜
  • 給料日前(20日~24日)
  • 新生活の準備資金が必要になる3月~4月
  • 大型連休前

上記の時期は利用者が多く電話がなかなか繋がらない恐れがあるため、注意してください。

プロミスの会員ページにログインできない場合の対処法まとめ

  • まずはログインできない原因を明確にする
  • 暗証番号を複数回間違えるとロックが掛かるので要注意
  • 理由がわからない場合はプロミスコールに連絡

プロミスのサイトにログインできない時でも、焦ってパスワードを適当に入力してしまうのはよくありません。

暗証番号を間違えたせいでセキュリティロックが掛かってしまうと、自動契約機か店頭窓口に向かわなくてはいけなくなります。

まずはログインできない理由をよく調べて、それでもわからないときはプロミスコールに相談してみてください。

プロミスの会員ページにログインできなくなってしまっても、今回の記事に書いてあることを試せば大抵の場合は解決できます。

まずは慌てずに、ログインできなくなった理由を特定するところから始めましょう。

関連コラム