プロミスの利息は他社より低い?支払い総額を抑えるコツを解説

プロミスの利息は他社より安い?支払い総額を抑えるコツを解説

カードローンを利用する時、気になるポイントの一つが「利息」ですよね。

返済が長引くほど利息が多くかかってしまうので、事前に計画を立てた上で利用するのがおすすめです。

今回は、プロミスでの金利の計算方法や、プロミスで金利の支払いを少なくする方法をご紹介します。

カードローンの返済で、最終的な支払額をなるべく少なくしたい方は必見です!

プロミスは大手カードローン会社の中で最も利息の上限が低い

キャッシングに関する利息には、利息制限法によって条件に応じた「上限金利」が定められています。

利息制限法で定められている上限金利

利用限度額 上限金利(実質年率)
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

プロミスの利息は実質年率4.5%~17.8%ですが、多くの大手カードローン会社では18%が上限です。

また、中小規模の消費者金融では10万円未満の借入に20%の利息がかかるケースもあります。

法律で定められている金利は最大18%

名称 プロミス アコム アイフル SMBCモビット
利息(実質年率) 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
借入可能金額 1万円~500万円 1万円~800万円 1万円~800万円 1万円~800万円

一見すると、プロミスよりも利息の下限が低い他社の方が、負担が少ないと思われる方もいるかもしれません。

しかし、100万円以下の借入の場合に重視するべきは利息の上限です。

下限の3%や4.5%の利息が設定されるのは、借入金額の上限額を借り入れた場合のみ。

借入の際には貸金業法の「総量規制」に基づいて年収の3分の1以下の金額までしか借りられない決まりがあります。

そのため、500万以上の借入はかなりハードルが高いと言えるでしょう。

正確な利息は審査を受けるまで分からない

借入額ごとに利息が明確に決まっている銀行ローンとは異なり、プロミスでの借入限度額や適用金利は実際に審査を受けてみなければ分かりません

信用情報や属性によっては、プロミスの上限金利17.8%よりも好条件で借り入れできる可能性もあります。

初回利用では多くの場合、限度額が100万円以下で設定されるため、上限の利息が発生すると考えておきましょう。

返済日に遅れた場合は実質年率20%の遅延損害金がかかる

通常の利息とは違い、明確に実質年率が定められているのが「遅延損害金」です。

これは期日に返済が間に合わなかった場合、1日ごと課せられるペナルティのようなもの。

遅延損害金の実質年率は20%と高く、1ヶ月も放置してしまえばかなりの痛手になります。

返済期日を守れるよう、計画的な借入を心掛けましょう。

プロミスで利息の総額を抑える方法

随時返済・一括返済をする

月々の返済額だけでなく、追加で多く返済随時返済、または一括返済を利用する最大のメリットは、利息と手数料が最小限に抑えられる点です。

利息は「借入金額×借入利率÷365×利用日数」で計算できます。

借入金額 返済回数 合計返済金額
30万円 1回 30万4,389円
12回 32万9,700円
36回 38万9,340‬円

※返済回数1回につき30日とする

借入日数と返済回数が少ないほど利息は安くなり、一括返済してしまえば毎月の返済を続ける必要もなくなります。

30日間無利息キャンペーンを利用する

プロミスのキャッシングを利用するのが初めての場合のみ、下記の条件をクリアすると30日間無利息キャンペーンが適応されます。

  • プロミスと初めて契約する
  • メールアドレスを登録
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

無利息キャンペーン期間中なら、利息を一切支払わずに返済を終えられるので、初めて利用する方はぜひ活用しましょう。

プロミスポイントサービスを使って無利息期間を手に入れよう

プロミスの利用が初めてではない方には、プロミスポイントサービスの利用がおすすめです。

ポイントサービスでは、プロミスのインターネット会員サービスを利用するとポイントが貯まっていきます。

貯めたポイントは無利息サービス期間の延長やATM利用手数料に使えるので、申し込んでおいて損はありません。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認する 5~20ポイント 「プロミスからのお知らせ」内で獲得ポイント数が記載されている場合のみ
収入証明書類の提出 160ポイント 同じ年(1月1日~12月31日)の書類は、原則として初回のみポイント獲得
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスに登録している場合、各サービスにつき1ポイント獲得
取引確認メール
プロミスのホームページで書面(Web明細)の受取

※取引状況によっては、プロミスポイントサービスに申し込めない場合があります。

無利息期間延長に必要なポイント数

必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

ポイントを利用する場合、利息以上の返済をした(完済している場合は再度借り入れた時)取引の翌日から無利息期間が適用されます。

その他、40ポイントを利用して提携ATMの手数料を一回分無料にする使い方も可能です。

手数料がかからない返済方法は多くあるため、ポイントは無利息期間の追加に使用するのをおすすめします。

プロミスで利息を抑えた返済を続けるには、早めの返済がカギ

プロミスの上限金利は17.8%と、他社よりも低めに設定されています。

しかし、元金が大きく借入期間が長いほど利息が高額になるので、油断は禁物。

一括返済や随時返済、無利息期間を利用して早めの返済を心掛けるのが、利息で損をしない一番効率的な方法です。

プロミスのサービスで手数料や利息を抑えながら、計画的な返済を続けましょう。

関連コラム