海外で活躍するアメックスのクレジットカードはマイルも貯めることが出来るってホント?

海外に強いアメックス。
実は、海外へ行くときなどの航空便などでお得に利用出来るマイルを、アメックスでも貯めることが出来るのをご存知でしたでしょうか?

えっ!?アメックスはマイルを貯めることも出来るの!?

その通りじゃ!海外でも便利に活用できるアメックス、更にマイルまで貯めることが出来るなんて驚きじゃのぅ。
ここまで凄いと海外によく行く方にはアメックスは必須ともいえるほどじゃ!

今回はそんなアメックスの、マイルを貯める方法やよりお得に貯めるコツについて解説します。

アメックスでマイルを貯めることが出来るってホント?

海外に強いと有名のアメックスですが、本当にマイルまで貯めることが出来るのでしょうか。

実はアメックスでは、貯めたポイントを交換することによってマイルを貯めることが可能です。
100円で1ポイント貯まる為、比較的効率よくポイントが貯まり、マイルに交換することが出来ますよ。

アメックスのポイントに関しましては、下記の別記事で詳しく紹介しています。気になった方はチェックしてみて下さい。

ポイントで交換できるマイルは全部で15種類!

マイルに移行可能な提携航空パートナー
アメックスでは、以下15種類の航空会社と提携し、それぞれの航空会社のマイルを貯めることが出来ます。

ANA チャイナエアライン デルタ航空
ヴァージンアトランティック航空 タイ国際航空 キャセイパシフィック航空
シンガポール航空 ブリティッシュ・エアウェイズ スカンジナビア航空
アリタリア-イタリア航空 フィンランド航空 エティハド航空
エミレーツ航空 カタール航空 エールフランス/KLM航空

上記のように世界の航空会社と提携しているので、他社クレジットカードでは交換できないような航空会社のマイルと交換出来るのが魅力ですね。

交換時のレートはどの航空会社でも、アメックス2,000ポイントで1,000マイルと交換が可能です。
交換レートが良いとは言えないなぁ…と思う方も居るかもしれませんが、この交換レートをアップさせる方法があります。

更にオトクにマイルを貯めるためには?

交換レートを更にアップさせてお得にマイルを貯める方法、それは「メンバーシップ・リワード・プラス」という制度に加入することです。
この制度に加入することにより、交換レートは以下のように変動します。

ANAマイルへの交換 1,000ポイント=1,000ANAマイル
その他提携航空パートナーのマイルへ交換 1,250ポイント=1,000マイル

ANAでは等価レートに、その他の航空パートナーでもかなり交換レートがアップしているのがわかるのではないでしょうか。
お得にマイルを交換するのであれば、メンバーシップ・リワード・プラスへの加入は必須とも言えます。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、交換レートが良くなる他に、ポイントの有効期限が無期限になったり、「ボーナスポイントプログラム」が適用され対象の加盟店でより多くのポイントを貯めることが出来ます。

ただしメンバーシップ・リワード・プラスは有料!

交換レートがとてもよくなるこの制度。
しかし、加入するには年間3,000円+消費税(2年目以降自動更新)の費用が必要に。
年会費が必須となる制度ですので、この点には注意して下さいね。

年会費がかかるメンバーシップ・リワード・プラスじゃが、アメックスのプラチナカード(ビジネス・プラチナカード含む)の方は無料で登録可能じゃぞ!

ANAマイルの場合、交換できるマイル数に上限が…!

メンバーシップ・リワード・プラスに加入することによって、ANAマイルの場合は移行時、等価交換が可能になります。
等価交換はお得なのでどんどん交換したくなりますが、ANAマイルへの交換は上限が設けられているので注意しなければいけません。

メンバーシップ・リワード・プラス加入済み 40,000ポイント(40,000 ANAマイル)まで交換可能
メンバーシップ・リワード・プラス未加入 80,000ポイント(40,000 ANAマイル)まで交換可能

この上限が設けられているのは2019年4月現在、ANAマイルのみ。
その他の提携航空パートナーでは上限が設けられていませんので、気にせず交換することが出来ますよ。

ANAマイルを重視して貯めるのであればプロパーよりANAアメックス!?

ANAマイル重視ならANAアメックス!
アメックスのプロパーカードでは、ANAマイル以外にもさまざまな航空会社のマイルを貯めることが可能。
しかし、もしANAマイルを重視して貯めたいのであれば、アメックスのプロパーカードよりもANAアメックスを所有した方がオトクです。

プロパーカードよりもANAアメックスを所有した方が良いその理由は、ポイントからマイルへの交換レートにあります。

ANAアメックスならメンバーシップ・リワード・プラスに加入しなくても等価交換可能!

プロパーカードでANAマイルを等価交換したい場合、メンバーシップ・リワード・プラスに加入しなければなりません。
しかし、ANAアメックスの場合メンバーシップ・リワード・プラスに加入しなくても等価交換が可能。

つまりメンバーシップ・リワード・プラスに年間3,000円+消費税支払わずとも、ANAアメックスならお得にANAマイルへ交換が出来る、ということです。

メンバーシップ・リワード ANAコースへの登録はどちらも必須

ひとつ注意しておきたいのが、ANAマイルへ交換時はプロパーカードであってもANAアメックスであっても、「メンバーシップ・リワード ANAコース」の登録が必須となっています。

登録する場合、参加費として5,000円+消費税が必要に。
このメンバーシップ・リワード ANAマイルコースへ登録しないと、ANAマイルへの交換は不可。
参加費5,000円と決して安くない為ややネックに感じますが、ANAマイルをお得に貯めるのであれば登録を忘れず行いましょう。

他社のマイルへ交換する場合も…

ANAマイルだけでなく、他航空会社のマイルへ交換する場合も事前に提携先パートナーの登録が必要になります。
登録しないとせっかく貯めたポイントをマイルへ交換することが出来ないので、しっかりと事前に登録するようにして下さいね。

まとめ

アメックスは空港ラウンジが利用出来たり、旅行傷害保険もしっかりと付帯されているので海外で大活躍するクレジットカード。
そんなアメックスで、マイルを貯めることも可能なのは驚きですね。

15種類もの航空会社のマイルと交換できるのは、アメックスならではと言えるのぅ。
メンバーシップ・リワード・プラスに加入して交換レートをアップさせ、よりお得にマイルへ交換するんじゃぞ!

人気 アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 初年度:12,000円+税
2年目以降:12,000円+税
ポイント還元率 1.0%~3.0
国際ブランド on off off off off
電子マネー 12,000円+税
発行スピード 約3週間

キャンペーン情報

  • ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大13,000ポイント獲得可能

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム