デルタ・スカイマイルのお得な使い方・賢い使い方は

デルタ航空のマイレージクラブ「スカイマイル」
ここで貯めることはできるマイルはどう使うことができるのでしょうか。
ここでは、その使い道とルールなどについて解説します。

スカイマイルの使い方 航空券にする

マイルの使い方として一番定番なのが特典航空券です。
では、スカイマイルは、どの航空会社の特典航空券に交換することができるのでしょうか。
答えはデルタ航空またはスカイチーム加盟航空会社の特典航空券やスカイマークの航空券にできます。

デルタ航空またはスカイチーム加盟航空会社の特典航空券に

デルタ航空のスカイマイルは、デルタ航空運航航空会社、またはスカイチーム加盟の航空会社の特典航空券に交換することができます。

かつてはデルタ航空のホームページに、どこまで何マイル必要になるのかを示したマイレージチャートが掲載されていましたが、現在は公開されていません。

公式ページにマイレージチャートが公開されていませんがマイルを使って航空券に交換することは可能です。

必要マイル数は何マイル?

レベルで必要マイル数が分けられており、デルタ航空とスカイチーム加盟航空会社のマイルで特典航空券を発券するときには、まず、レベルによって必要マイル数が変わります。レベルは全部で6段階に設定されています。

例えば、北アジア(台湾・中国など)やアジアリゾート路線(グアム・サイパンなど)の場合
レベル1:エコノミークラス片道の必要マイル数→17,500マイル
レベル6:エコノミークラス片道の必要マイル数→45,000マイル

このように同じエコノミークラスでもレベルの違いで27,500マイルも跳ね上がることもあります。

マイルの増減は片道ベースで決められている

人気のハワイ路線もエコノミークラス片道、レベル1だと30,000マイルが必要ですが、レベル5だと85,000マイルが必要となり、往復だと最少で60,000マイル、最大で190,000マイルが必要になります。

このように必要マイル数が非常に複雑な組み合わせになっているので、実際に日付と行先、利用クラスを入力しないと、どれだけが必要マイル数なのか分からなくなっています。

JALが導入した国際線特典航空券Plusに近いものがあり、繁忙期など多くの人が利用する時期になると必要マイル数が増加する傾向があるんじゃ

国際線でも片道の特典航空券発券が可能

ANAやJALの国際線特典航空券では、このような発券の仕方をすることができませんが、スカイマイルの特典航空券は、国際線の片道での航空券発券が可能というところです。

スカイマイルの特典航空券のメリットは3つ
1.LCCを利用したい
今、日本には多くの格安航空会社が就航しており、値段も安く利用することができます。
片道は特典航空券を利用して、片道はLCCを利用したいというときに便利です。
2.マイルが足らないので有償航空券と組み合わせたい
デルタ航空のホームページからも簡単に予約することができます。
これが一番使いやすい方法かもしれません。利用例については後述しますね。
3.海外発券をしたい
陸マイラーならこの方法をするときにも便利です。
海外発で日本行きの航空券は、日本の繁忙期になっても安い価格で購入することができるので人気があります。
このときの出発地まで移動する手段として、使うこともできます。
2.の利用例:例えば、日本と韓国を結ぶ路線はレベル1であれば、片道の必要マイル数は7,500マイルです。

スカイマイルの数が少なく、なかなか使い道がない場合には、往路を特典航空券で発券し、復路を有償航空券で発券する(またはその逆)ができます。
これならば、費用も片道分で安くなり、少ないマイル数で旅行に行くことができます。

2019年現在の必要マイル数をまとめてみた

上でも触れた通り、現在のデルタ航空のシステムでは、必要マイル数が実際に予約フォームに入力しないと分からない状態になっています。

それでは不便なので実際に調べてみた範囲で表にまとめてみました。

※Y:エコノミークラス C:ビジネスクラス 必要マイル数は片道

行先 レベル1(片道) レベル最大値(片道)
韓国 Y:7,500 C:15,000 なし
東アジア

アジアリゾート
Y:17,500 C:35,000 Y:45,000 C:75,000
東南アジア Y:22,500 C:45,000 Y:50,000 C:110,000
ハワイ Y:30,000 C:60,000 Y:85,000 C:185,000
北米 Y:35,000 C:80,000 Y:95,000 C:375,000
オセアニア Y:35,000 C:65,000 なし
南アジア・中東 Y:40,000 C:70,000 なし
ヨーロッパ・アフリカ Y:50,000 C:90,000 なし
メキシコ Y:50,000 C:90,000 Y:115,000 C:215,000
南米 Y:60,000 C:100,000 Y:125,000 C:237,500

最低値と最大値に大きなばらつきがあることがわかります。
最大値になるときなどはそんなにないようなイメージがありますが、実際に予約サイトを使ってみるとハワイ往復エコノミークラスの必要マイル数が10万マイルを超えるようなことも頻繁にありスカイマイルを特典航空券に交換するときには、必要マイル数に注意が必要です。

逆に狙い目になるのが、韓国や南アジアなど必要マイル数が変化しない場所があります。こうしたところに行くときには、スカイマイルを使っていくのも有効な手段です。

スカイマークの航空券にする

デルタ航空のスカイマイルは、デルタ航空に統合されたノースウェスト航空時代の提携関係の名残を残しており、その1つが、日本のスカイマークと提携関係にあります。

そのため、スカイマイルをスカイマークの特典航空券にすることができます。

スカイマークでは、マイレージ制度を採用していないので、スカイマイルがスカイマークの特典航空券を取得できる唯一の手段です。

スカイマークの特典航空券を発券できる条件

スカイマイルを利用して、スカイマークの特典航空券を発券するには、次の2つの条件のどちらかを満たす必要があります。

  1. スカイマイルのメダリオン会員(シルバーランク以上)
  2. スカイマイルの提携クレジットカードを保有している。

頻繁にデルタ航空やスカイチームの航空会社を利用するのであれば、1.の基準を簡単に満たすことができます。

しかし、そんなに飛行機に乗らない人は2.のスカイマイルのクレジットカードを保有する必要があります。

デルタ航空のマイルがたまるクレジットカードって、アメックスっすよねー。アメックス持つ余裕なんてないっすよー。

そんなことはないんじゃぞい!
「デルタ・スカイマイル・JCBカード」はその名のとおりJCBから出ているカードで、しかも年会費1,500円で持つことができる最もお得なカードなんじゃ!

必要マイルは2種類

スカイマイルをスカイマークの特典航空券に交換するときには搭乗区間によって2つの必要マイル数に分かれます。

15,000マイル区間 羽田-神戸
神戸-鹿児島
神戸-長崎
神戸-那覇
神戸-茨城
福岡-那覇
鹿児島-奄美大島
20,000マイル区間 羽田-新千歳
羽田-那覇
羽田-鹿児島
羽田-福岡
羽田-長崎
茨城-新千歳
中部国際空港-新千歳
中部国際空港-那覇
中部国際空港-鹿児島
神戸-新千歳

注意をしておきたいのが片道というのがありません。往復で利用しても、片道で利用しても必要マイル数は同じです。

制約の多いスカイマークの特典航空券

スカイマイルをスカイマークで使うときにはANAやJALに比べると制約が非常に多いです。

1.払い戻しができない
一旦予約してしまうとキャンセルができないので、飛行機に乗れないとまるまるマイルを損することになります。
2.「ブラックアウトデイ」が設定されている
ブラックアウトデイとは、特典航空券を予約することができない期間であり、GWやお盆といったような繁忙期には予約できません。
予約をすることができる期間が差し迫っている
出発の60日前から14日前まで早い段階で予約を確定させる必要があり、さらに払い戻しもない。

スカイマイルの使い方 座席のアップグレード

デルタ航空または、スカイチームの国際線を利用するときにスカイマイルを使って座席のアップグレードをすることができます。

基本的にはエコノミークラスからビジネスクラスで、片道だけでもアップグレードをすることが可能です。

必要マイル数は座席の予約クラスによって異なり、座席のランクが低い航空券(格安航空券や大幅な割引航空券)では、アップグレードをすることができません。

エコノミークラスでもYクラス(普通運賃)などであれば、比較的少ないマイル数で座席のアップグレードをすることができます。

スカイマイルの使い方 JTB旅行券にする

スカイマイルは、航空券にするだけが全てではありません。
実は面白い使い方の1つに日本のJTB旅行で使うことができる旅行券にすることができます。

国内パッケージツアーの支払いに利用することができる旅行券で10,000マイルを10,000円分の旅行券と交換できます。
JTBの国内パッケージツアーは、全国の色々な都市から出発できるツアーがセットされており、航空券とホテル代のみがついていて、残りの時間は全てフリーというプランもあるので、ツアー旅行だけでなく、ビジネスでも使うことができます。

ただし、1つの会員番号について、1年間に3万マイルまでという制約がありますが、マイルを使ってホテル代込の旅行をすることもできます。

JTB旅行券の予約するには

JTB旅行券の予約の仕方も簡単で、デルタ航空のサイトからJTB旅行券への交換を申請すると旅行券が郵送で送られてきます。

郵送のため、到着まで少し時間がかかりますし、支払いもJTBの店頭で支払いをしなければいけないので、日程には余裕をもって旅行券の予約をしましょう。

旅行券にしてしまうと、6か月間の有効期限が設定されてしまいます。

この旅行券って人にあげてもいいんすか?

JTBの旅行券は、2親等内の親族であれば譲渡することができるんじゃぞい、家族へのプレゼントとしてスカイマイルを使いたい場合にも利用できるんじゃー

JTB旅行券に交換するときの注意点

交換することができる人は、

  1. スカイマイルのメダリオン会員である
  2. スカイマイル提携のクレジットカードを保有している

のどちらかの条件を満たしていなければいけません。

スカイマイルを譲渡する

スカイマイルは、マイルそのものを譲渡することができます。
しかも、ANAマイルやJALマイルは譲渡先は家族までという決まりがありますが、スカイマイルは誰にでも贈ることができます。

マイルを譲渡する際の手数料は1マイルにつき0.01US$で、上限は3万マイルまでです。

だれかのスカイマイルが足らないので、譲ってほしいといわれた時には使えるサービスです。

スカイマイルを寄付する

アメリカの航空会社のマイレージプログラムらしく、マイルを寄付することも可能です。
寄付することができる団体には限りがありますが、ちょっとでも何かに貢献をしたいという人にはおすすめです。

まとめ

  • デルタ航空のスカイマイルは、デルタ航空または加盟しているスカイチームの航空会社の特典航空券などに交換することができる。
  • スカイマイルを特典航空券にする時には決まった必要マイレージチャートがなく、実際に日程や行先を検索してみないと分からない。また、必要マイル数は需要と供給によって変動するルールになっており、時期によってはたくさんのマイルが必要になる。
  • 日本国内のスカイマークの特典航空券に交換することもできるが、制約が多いので利用するときには注意が必要である。
  • 航空券以外にはJTBの旅行券や譲渡、マイルの寄付といった使い道がある。

スカイマイルを貯める方法はこの記事をチェック!

人気 デルタスカイマイルアメックス

年会費 初年度:12,000円+税
2年目以降:12,000円+税
ポイント還元率 1.0
国際ブランド on off off off off
電子マネー 12,000円+税
発行スピード 約2~3週間

キャンペーン情報

  • ボーナスマイル最大30,000マイルプレゼントキャンペーン中

この商品に似た商品のクチコミ評判