アイフルの返済額って?少しでも返済額を減らして返済期間を短縮する方法

アイフルの返済額って?少しでも返済額を減らして返済期間を短縮する方法
  • アイフルの返済額がいくらなのか事前に知りたい
  • 自身が想定する返済額で返済したらどれくらいの返済期間がいるのか知りたい
  • 返済の総額を知りたい

アイフルで借入した場合、元金(借りたお金)に加えて利息も返済しなければなりません。

自身がどれだけ借りたらどれくらい返済しないといけないのかを事前に知っておくと、計画的な利用ができます。

返済額の知識を持っていれば、借金に追われず、アイフルを使う当初の目的を有意義に果たせるでしょう。

アイフルをすでに利用している方だけでなく、これから利用するか検討している方も、本記事でアイフルの返済額について確認してください。

アイフルの返済額は借入直後の残高で決まる

アイフルでは追加で借入しない限り月々の返済額が変わらない

アイフルは借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式といった返済方式を採用しています。

借入した金額ごとに最低返済額が決められており、その金額以上の額を支払わないといけません。

最低返済額は新たな借入がない限り変動しないので注意が必要です。

アイフルで設定されている毎月の最低返済額

借入直後残高が100万円までの場合

借入直後残高 返済金額
サイクル制 約定日制
1円~10万円 5,000円 4,000円
100,001円~20万円 9,000円 8,000円
200,001円~30万円 13,000円 11,000円
300,001円~40万円 13,000円 11,000円
400,001円~50万円 15,000円 13,000円
500,001円~60万円 18,000円 16,000円
600,001円~70万円 21,000円 18,000円
700,001円~80万円 24,000円 21,000円
800,001円~90万円 27,000円 23,000円
900,001円~100万円 30,000円 26,000円

借入直後残高が100万円超の場合

借入直後残高 返済金額
サイクル制 約定日制
1,000,001円~300万円 30,000円+
(10万円毎に1,000円加算)
26,000円+
(10万円毎に1,000円加算)
3,000,001円~310万円 51,000円 47,000円
3,100,001円~490万円 51,000円+
(10万円毎に1,000円加算)
47,000円+
(10万円毎に1,000円加算)
4,900,001円~500万円 70,000円 66,000円
5,000,001円~790万円 70,000円+
(10万円毎に1,000円加算)
66,000円+
(10万円毎に1,000円加算)
7,900,001円~800万円 100,000円 96,000円

アイフルの最低返済額は借入残高や選択する返済日によって変わります。

例えばアイフルで10万円を借入したときの最低返済額は、約定日制の場合は4,000円、サイクル制の場合は5,000円です。

基本的に借入金額が10万円増えるごとに返済額も2,000円~4,000円ずつ増加します。

しかし借入金額が100万円を超え始めると返済額の増え方が変わり、増加額は10万円につき1,000円ずつです。

なお、アイフルでは毎月の返済日に最低返済額を入金していれば、延滞扱いはされません

アイフルの返済日システム(1)「約定日制」

約定日制とは、毎月の返済日をあらかじめ指定する返済日システムです。

指定した返済日(約定日)にのみ入金するのではなく、返済日までの10日間が返済期間となっており猶予が設けられています。

事前に返済日を決められるのでスケジュール管理をしやすいのが特徴です。

例えば、約定日を毎月15日に設定した場合、毎月の入金期間は5日~15日となります。

ただし、もし期間外に入金してもその返済は前月分の追加返済として扱われ、再度次の約定日から10日間のうちに返済をする必要があるので気をつけてください。

アイフルの返済日システム(2)「サイクル制」

サイクル制とは最後に返済した日の翌日から数えて35日後が返済期日となる返済システムです。

初めて借入した時は、借入日の翌日から数えて35日後が返済日となります。

サイクル制の特徴は、返済日が来るまでの間は当月の返済が何回でもできる点です。

アイフルの返済額を利用中に調べる方法

  • 会員サービスにログインして確認
  • 会員専用ダイヤルで確認
  • 利用明細で確認
  • 提携ATMで確認

アイフルに返済する金額がいくらだったか分からない場合でも、上記の方法を利用すれば自身が返済すべき返済額が確認できます。

ご自身に合った方法を選んで確認するようにしてください。

アイフルの返済額を効率的に減らす方法

アイフルが定めた最低返済額より多く返済する

返済額の違いによる返済総額と返済期間の違い
返済額 4,000円 5,000円
回数 32回 24回
利息 26,287円 19,788円
返済総額 126,287円 119,788円

上の表はアイフルで10万円借入して、毎月の返済を2パターンで比較した時の返済総額と返済期間の比較したものです。

約定日制で10万円を借入した際の最低返済額4,000円で返済するより、5,000円で返済する方が返済にかかる総額が減りその期間が短縮されるのが分かるでしょう。

1回当たりの返済額を最低返済額以上にすると完済に必要な総額と期間が減らせます。

賞与や臨時収入が入った時など、返済に余裕がある際は積極的に多めに返済しましょう

参考:ご返済シミュレーション|アイフル

一括返済を行なう

アイフルの返済額を抑える方法の一つに一括返済があります。一括返済とはアイフルに返済すべき金額を一度に返済する方法です。

アイフルの返済額が大きくなる原因は利息の支払いがあるため。

利息は借入金額に対して計算されるのではなく、日割りで計算されます

そのため返済のたびに利息分を支払わなくてはいけません。これが理由で返済に時間がかかるのです。

しかし一括返済を利用すれば次回の返済時までに発生する1回分の利息と残高、その他費用の合計を支払えばいいので返済総額が抑えられます。

    一括返済に支払う金額

  • 残高
  • 次回返済日までの利息
  • その他費用

ただし一括返済は一度に完済する方法なので返済の負担が大きくなりやすいデメリットもあります。

一括返済する場合、利用者によってその金額が異なる場合があるので会員専用ダイヤル(0120-109-437)か会員用のサイトページで確認するようにしてください。

アイフルの返済額は借入残高や返済日の設定で変わる!余裕があるタイミングでの繰り上げ返済も重要

  • アイフルでは追加で借入しない限り月々の返済額が変わらない
  • アイフルの最低返済額は借入残高と返済日設定によって決まる
  • 繰り上げ返済や一括返済で利息の総額を抑えられる

アイフルの月々の返済額は、借入残高や返済日の設定いかんによって最低返済額が変わります

最低返済額で返済を続けると毎月の返済負担は小さいですが、返済総額と返済期間が大きくなるリスクがあるので気をつけてください。

賞与や臨時収入が入った時など返済に余裕があるときは、できるだけ最低返済額以上の額で返済するといいでしょう。

自分に合った返済額を確認して計画的に返済を進めてください。

関連コラム