アイフルの返済シミュレーションの使い方!損しない返済のコツも解説

アイフルの返済シミュレーションの使い方!損しない返済のコツも解説

カードローンでキャッシングする際は、返済額や利息を把握した計画的な利用が大切です。

アイフル「返済シミュレーション」は、月々の返済計画を立てるのに役立つ便利なサービス。

本記事では、アイフルの返済シミュレーションの使い方や注意点、賢く返済するコツを解説します。

これからアイフルを利用しようと考えている方で、少しでも損したくない方は必見です。

アイフルで利用できる返済シミュレーションの使い方

アイフルの返済シミュレーションでは、3種類のシミュレーションが可能です。

(1)各回の返済金額をシミュレーションする
借入金額、返済回数、貸付利率に応じた、各月の返済金額を算出できます。

「〇〇円を〇〇ヶ月で返済すると、毎月どれくらいの支払いがあるのか」を調べるのに最適です。

(2)返済回数をシミュレーションする
借入金額と貸付利率から、最長の返済回数と利息を算出できます。
(3)借入可能額をシミュレーションする
毎月の返済金額と貸付利率から、借入可能額を算出します。

「毎月〇万円返済するとしたら、最大いくら借入できるか?」を計算したい時に使いましょう。

アイフルの返済シミュレーションを利用する

以下の項目で、各返済シミュレーションの使い方を詳しく見ていきましょう。

アイフルの返済シミュレーション(1)「各回の返済金額」

各回の返済金額をシミュレーションする手順

  1. 「各回の返済金額を知りたい!」をクリック
  2. 必要事項を入力
  3. 「シミュレーションする」をクリック

「借入ご希望金額」と「ご返済回数」を入力し「貸付利率(実質年率)」を設定するだけで、返済回数に応じた返済金額を算出できます。

必要事項を入力したら「シミュレーション」をクリックしてください。

毎月の返済金額が表示されます。

「返済金額表を開く」をクリックすると支払いの内訳が確認可能です。

アイフルで10万円借入して返済回数を10回にした場合、返済金額は108,314円で利息は8,314円になりました。(実質年率18%で計算)

利息を含めた計算方法が分からない方でも、簡単に返済金額を確認できる便利な機能です。

アイフルの返済シミュレーション(2)「返済回数」

返済回数をシミュレーションする手順

「返済回数を知りたい!」をクリック
2. 必要事項を入力
3. 「シミュレーションする」をクリック

「借入ご希望金額」と「貸付利率(実質年率)」を入力すると、数値に応じた返済回数を算出できます。

必要事項を入力したら「シミュレーションする」をクリックしてください。

毎月の返済回数が表示されます。

「返済金額表を開く」をクリックすると、詳細を確認可能です。

アイフルで10万円借入をした場合、最長32回の支払いで利息は26,245円となりました。(実質年率18%で計算)

「何回まで分割して支払いできるか」だけでなく「利息はどれくらい膨らむのか」も分かるので、返済プランの参考にできるでしょう。

アイフルの返済シミュレーション(3)「借入可能額」

借入可能額をシミュレーションする手順

  1. 「借入可能額を知りたい!」をクリック
  2. 必要事項を入力
  3. 「シミュレーションする」をクリック

「毎月のご返済額」と「貸付利率(実質年率)」を入力すると、借入可能額を算出できます。

必要事項を入力したら「シミュレーションする」をクリックしてください。

毎月15,000円返済したとすると、最大500,000円の融資が受けられるのが分かりました。(実質年率18%で計算)

「返済金額表を開く」をクリックすると、毎月の返済プランも確認できます。

例えば、毎月の返済額が15,000円で500,000円の借入をする場合、47回払いで利息は198,252円でした。

ただし、借入可能額はあくまで参考で「毎月〇〇円払えば、▲▲円借りられる」と保証されるわけではありません。

アイフルの審査にすでに通過した方は、ご自身の貸付利率と借入可能額をもとにシミュレーションを活用すると、正確な返済プランを把握できます。

アイフルで返済シミュレーションを使う時の注意点

追加で借入をすると返済額が変わる

アイフルの返済プランは、借入時点の金額で月々の返済額が決まります

そのため追加で借入を行うと、返済額も再計算されるのです。

例:貸付利率18%で合計20万円借入した場合

初回借入金額:10万円 返済額:11,000円
追加借入額:合計20万円 返済額:22,000円

借入残高が増えれば増えるほど、基本的に月々の支払いや利息も増えていきます。

アイフルで借入をする際は、借入シミュレーションで再計算して返済可能かどうかを確認しましょう。

アイフルの返済日に遅れると遅延損害金がかかる

アイフルの返済日に支払いが遅れてしまうと、遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは、返済期日の翌日から計算される罰金のような仕組みです。

<遅延損害金の計算方法>
借入残高×0.2(20%)÷365×延滞日数=遅延損害額

遅延損害金は20%と貸金業法で定める上限いっぱいの金利になっています。

アイフルで10万円の借入をして、返済日に支払いが遅れると、1日で54円、10日で547円、30日で1,643円もの遅延損害金を追加で支払う必要があるのです。

1日でも支払いが遅れると利用者側が損する制度なので、借入を行う際は十分注意してください。

アイフルの金利は18%で計算する

アイフルの貸付利率(実質年率)は3.0〜18.0%です。

しかし、利息は借入額が大きくなるほど低くなる仕組みのため、借入金額が低い初回の利息は基本的に18%になります。

アイフルの初回契約時、100万円を超える融資を受けられる人は多くありません

審査を受ける前に返済シミュレーションを利用する際は、利息を18%で設定しておきましょう。

アイフルの返済シミュレーションの結果より早く完済する方法

一括返済や随時返済で元金を減らす

アイフルでは「一括返済」の他、余裕のある時に追加で返済を行なう「随時返済」を受け付けています。

利息は1日単位でかかっているため、毎月最低限の額を支払うよりもまとめて早く払ってしまうほうが、最終的な返済額は安くなります

一括返済は難しい場合でも、随時返済なら比較的簡単に取り組めるはず。

少しでも利息を少なくして元本を減らしたい方は、無理のない範囲で随時返済を行なうようにしましょう。

手数料がかからない方法でアイフルへの返済を行なう

アイフルは返済金額から手数料や利息を引いた上で元本を差し引いて返済が行なわれます。

支払いの優先順位

  1. ATMの手数料
  2. 未払利息
  3. 遅延利息
  4. 元本

つまり、手数料のかかるATMなどでアイフルに返済すると、返済回数×手数料分の損をしてしまうのです

口座振替やネット上で返済するなど、手数料のかからない方法でアイフルへの返済をするのをおすすめします。

返済シミュレーションを活用して、アイフルでの計画的な借入・返済をしよう

アイフルの返済シミュレーションは、計画的な返済プランを立てる際に役立ちます。

● いくら借りたら毎月どれくらいの支払いがあるんだろう?
● いくら借りたら何回払いになるんだろう?
● 毎月〇〇円払うとしたらいくらくらい借入できるんだろう?

上記のような疑問を解決したい方は、アイフルの返済シミュレーションを利用してみてください。

ただし、アイフルから借入をする際は、1日単位で利息がかかっている事実を忘れてはいけません。

損をしないために、1日でも早く返済できるように工夫していきましょう。

関連コラム