医療脱毛の効果は?永久脱毛が可能な仕組みと効果が出る回数

医療脱毛の効果は?永久脱毛が可能な仕組みと効果が出る回数

「医療脱毛って本当に効果あるの?」
「医療脱毛で永久脱毛は可能?」

脱毛方法の中でも人気のある「医療脱毛」ですが、どのような仕組みで、実際どの程度の効果があるのか知りたいですよね。

医療脱毛は美容脱毛と比べて強いレベルでの施術ができるため、短期間での永久脱毛が可能です。

今回は、医療脱毛の仕組みと効果、メリット・デメリット、注意するポイントなどを詳しく解説していきましょう。

医療脱毛の効果や、永久脱毛できるのか知りたい人は必見です。

医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療用レーザーを使用する脱毛方法で、医師が在籍している脱毛クリニックや、皮膚科・美容皮膚科などの医療機関でのみ施術が可能です。

医療脱毛用のレーザーは美容脱毛サロンの光脱毛よりもパワーが強いため、短期間で効果が出やすくなっています

医療脱毛の仕組み

医療脱毛は脱毛したい箇所へレーザーを照射し、毛母細胞と呼ばれる毛を育てる細胞を破壊してムダ毛が生えてこない状態にする脱毛法です。

レーザーは毛のメラニン色素(黒色)に反応するため、照射により毛根にダメージを与えると1~2週間で毛が抜け落ちます。

しかし、毛には生え変わるサイクル(毛周期)があり、脱毛の効果があるタイミングでレーザー照射をしないと毛母細胞にうまくダメージを与えられないため、1回の施術でレーザーに反応する毛は15~20%です。

毛周期と脱毛の効果

  1. 成長期:毛が生え伸びてくる時期
    脱毛効果が出る
  2. 退行期:毛が抜けやすい時期
    脱毛効果が出ない
  3. 休止期:毛が抜けた後の休止期間
    脱毛効果が出ない

一般的には2~3ヶ月に一回のペースで照射をくり返すと、徐々に毛母細胞が弱り毛が生えにくくなります。

医療脱毛の効果

医療脱毛の効果の出方は、毛の太さや部位によって違います。

部位
効果が出る回数
8~10回
ワキ 5~6回
お腹・背中・胸 8~10回
腕・脚 5~6回
Vライン 5~6回
I・Oライン 8~10回
お尻 5~8回

レーザーはメラニン色素が多い太い毛には反応しやすいですが、色素の薄い産毛には反応しにくく顔や背中などは効果が出にくいため、脱毛完了までの回数が多くなります。

I・Oラインはデリケートゾーンで痛みを感じやすく、他の部位より照射レベルを下げる必要があるため、回数がかかってしまう場合が多いです。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリット

  • 脱毛効果を実感しやすい
  • 短い回数で脱毛が完了する
  • 医師が在籍しているので安心

脱毛効果を実感しやすい

医療用のレーザーは美容脱毛よりも照射レベルが高いため、より脱毛効果を実感しやすいです。

また、レーザーを毛根へ的確に照射できるので、長期間にわたり高い脱毛効果が期待できます

短い回数で脱毛が完了する

医療脱毛では、脱毛効果の高い医療用レーザーを使用するため、短期間・回数で脱毛を完了できるのが特徴です。

医療脱毛
美容(サロン)脱毛
施術回数 5~10回 12~18回
期間 1年半~2年 2年~4年

美容脱毛と比べて狭い範囲に集中的に照射が可能なので、短期間で脱毛効果を感じられます。

脱毛は通常2~3ヶ月周期で施術を受けるため、回数が少ない医療脱毛なら、より短い期間で脱毛の完了が可能です。

医師が在籍しているので安心

医療脱毛の最大のメリットは、クリニックごとに医師が在籍している点です。

脱毛施術後に適切なアフターケアをしてくれたり、万が一肌トラブルが起こった場合にも医師が迅速に診断・対応をしてくれます。

医療脱毛のデメリット

医療脱毛のデメリット

  • 美容脱毛より痛みが強い
  • 料金が高額になりやすい

美容脱毛より痛みが強い

医療用のレーザー脱毛器は、美容脱毛で使われている光脱毛器より照射レベルが強く、痛みを感じやすい人が多いようです。

しかし、一般的には「輪ゴムで軽くパチンと弾かれたくらいの痛み」と言われており、非常に強い痛みではありません。

現在では冷却しながらの施術や麻酔の使用など、痛みの対策をしてくれるクリニックも多いので、痛みに弱い人や肌が敏感な人は事前に相談しておきましょう。

料金が美容脱毛に比べ高額

医療脱毛にかかる費用は、美容脱毛サロンと比べ相場が高くなっています。

医療脱毛
美容(サロン)脱毛
施術回数 5~6回 6~12回
金額
(全身脱毛)
20~35万円 10~25万円

しかし、料金が高い分短期間で終わるため、集中的に脱毛を終わらせたい人にとっては多少高額でも医療脱毛を選ぶ人も多いです。

医療脱毛で注意するポイント

永久脱毛は永久にムダ毛が生えなくなるわけではない

医療脱毛は「永久脱毛ができる」とよく聞きますが、実際に永久にムダ毛が一本も生えなくなるわけではありません

永久脱毛の基準は米国電気脱毛協会や米国FDAによって以下のように定められています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

体全体の80%以上で減毛が見られれば永久脱毛となるため、永久脱毛をしても全てのムダ毛が一本も生えてこなくなるわけではないのです。

また、永久脱毛は医療用レーザーで毛母細胞へダメージを与えるため、医師が在籍する医療脱毛クリニックでしか施術ができない「医療行為」となります。

しかし、美容脱毛の照射レベルでも、回数はかかりますが永久脱毛に近い状態まで自己処理を減らせるので、自分の希望や状況に合わせて選択すると良いでしょう。

脱毛中は日焼け対策が必要

医療用レーザーは、メラニン色素(黒い部分)に反応するため、日焼けなどで肌が黒くなってしまうとレーザーの照射レベルを下げる必要があり、脱毛の効果を下げてしまいます。

また、施術前後の肌が日焼けなどでダメージを受けたり乾燥したりすると、肌への負担が大きく肌トラブルになる場合もあるので、季節を問わず日焼け対策をする方が脱毛の効果をしっかり得られるでしょう。

脱毛前後は肌が乾燥しないよう保湿ケアを徹底

肌が乾燥状態にあると、強いレーザーの照射がやけどなど肌トラブルの原因となるため、施術時には照射レベルを下げる必要があります。

脱毛効果を下げないためにも脱毛の施術前後、特に冬の乾燥する時期などは保湿ケアを徹底しましょう。

ムダ毛の自己処理には電気シェーバーを使用する

多くの場合、脱毛の前日にはムダ毛を自己処理する必要がありますが、その際にはカミソリや除毛クリームなどを使わず、電気シェーバーを使用しましょう。

カミソリや除毛クリームは肌を痛める原因にもなり、またワックスや毛抜きの使用はダメージを与えるための毛根ごと抜いてしまうため、脱毛の効果を落としてしまいます。

電気シェーバーは、皮膚の表面に出ている部分の毛だけをカットできるため、脱毛に必要な毛根を残してムダ毛の処理が可能です。

自分に合った脱毛クリニックや脱毛サロンを選ぼう

医療脱毛は、医療用レーザーの高い照射レベルで短期間に永久脱毛を完了できます

しかし、痛みが強かったり費用が高額になるなどのデメリットもあるので、肌が弱くて不安な人や費用を抑えて脱毛をしたい人美容脱毛サロンの利用がおすすめです。

おすすめ
美容脱毛サロン
特徴
銀座カラー

全身丸ごとスピード脱毛◎
予約の取りやすさNo.1!

キレイモ

全身脱毛特化の脱毛サロン
全国の店舗で21時まで営業!

Lacoco(ラココ)

超高速・短期間・痛みゼロ!
価格がリーズナブルで施術も短時間

ストラッシュ

産毛にも効果大のSHR脱毛を採用
痛みが少なく短期間で脱毛完了できる!