アイフルの無利息期間って?適応条件と利息を0円にするコツを徹底解説

アイフルの無利息期間って?適応条件と利息を0円にするコツを徹底解説

「お金を借りたいけど利息を払いたくない」
「どうにかして利息を少なくする方法はないの?」

消費者金融でお金を借りると、高い利息を支払わなければならないイメージがある方は多いのではないでしょうか。

アイフルでは、期間は限られていますが利息を支払わずにお金を借りる方法が存在します。

当記事では大手消費者金融アイフルが提供する「無利息期間」と、利息を減らすコツを解説させていただきます。

賢く消費者金融を利用するために役立つ記事ですので、ぜひご一読ください。

アイフルには30日の「無利息期間」がある

アイフルの無利息期間とはその名のとおり、期間中は金利および利息が0円となる「30日間利息0円サービス」を指します。

無利息期間は30日間で、期間内に借入金額を完済できれば借りた分以外のお金が必要ありません。

「手元には現金がないが30日以内に返済が見込める」方にはうってつけのサービスと言えます。

アイフルの30日間利息0円サービス(無利息期間)が適用される条件

アイフルの30日間利息0円サービス(無利息期間)を利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

30日間利息0円サービス(無利息期間)の適用条件

  1. アイフルと契約するのが初めて
  2. アイフルの無担保カードローン(フリーキャッシング)に申し込み済

つまり、アイフルの利用が初めての人には基本的に適用が可能です。

これからアイフルでの借入を考えている方はぜひ検討してみてください。

プロミス

最短30分で融資可能!WEB申込ならカードレス対応
実質年率4.5%~17.8%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

30日間利息0円サービス(無利息期間)を利用できる商品は限られている

アイフルの利用が初めてでも、商品(ローン)の種類によっては30日間利息0円サービス(無利息期間)を利用できない場合があります。

商品名 無利息期間適用
事業サポートプラン(ビジネスローン) 不可
かりかえMAX・おまとめMAX 不可
無担保カードローン(フリーキャッシング)
SuLaLi(レディースキャッシング)
ファーストプレミアム・カードローン
目的別ローン

アイフルで30日間利息0円サービス(無利息期間)を利用するメリット

30日間利息0円サービス(無利息期間)がない場合と比較すると利息が低くなる

アイフルの無利息期間を利用して30日以内に完済できれば、1円も利息を支払う必要はありません。

通常の場合、たった1か月の借入でも利息は発生するので、お金に困っている人にとっては痛手となります。

アイフルを利用した場合の利息(利息18%の場合)

借入額 1か月の利息
10万円 1,479円
20万円 2,958円
30万円 4,438円

例えば20万円を借り入れると、1か月の期間でも2,985円の利息が発生します。

アイフルの30日間利息0円サービス(無利息期間)を利用すればこの分の利息は不要となるので、利用して損はありません。

30日以内の返済なら銀行のカードローンよりお得

銀行系カードローンなどのほうが、一般的な消費者金融よりも数パーセント程度利息が低いのは事実です。

しかし、それでも利息は14%前後となります。

そして、多くの銀行系カードローンに無利息期間は存在しておらず、利息は全て支払わなければなりません

短期間の利用であれば、アイフルで30日間利息0円サービス(無利息期間)を活用した方がお得だと言えます。

大手消費者金融だから安心して借りられる

消費者金融でお金を借りると法外な取り立てをされるイメージを持っている方は少なからずいます。

闇金と同じような言葉と思っている方もいるのではないでしょうか。確かに、法律を遵守しない悪質な業者は世の中に存在しています。

しかし、一般的に名の知れたアイフルやレイク、プロミスなどは闇金とは違う存在です

法外な利息をとるようなことはもちろんしませんし、犯罪まがいな取り立てなども一切ありません。

法律を守って真っ当な運営をしているからこそ、大手消費者金融として有名になったのだと言えるでしょう。

アイフルの30日間利息0円サービス(無利息期間)を利用する注意点

無利息期間は契約の翌日からスタートする

アイフルで30日間利息0円サービス(無利息期間)は、借入の翌日から適用されるのではありません。

アイフルとの「契約の翌日から30日間」が無利息期間の適用範囲です。

すぐに借り入れる予定がない場合は活用できないまま期間が過ぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

一度解約すると無利息期間が終了する

30日の期間中にアイフルへの借金を完済して解約した場合、その時点で無利息期間のサービスは終了します。

そして、解約してから再契約しても、二度サービスを受けられるわけではありません

逆に、期間中に追加の借入をした場合は、無利息期間が終わるまで利息が発生しないのも覚えておいてください。

無利息期間中でも返済が免除されるわけではない

仮に無利息期間中でも、返済日を無利息期間内に設定している場合は返済をする必要があります。

無利息期間内でも、支払いに遅れてしまうと1日ごとに遅延損害金(実質年率20%)が発生するので、返済期日は守りましょう。

無利息期間を利用してアイフルの利息を減らすコツ

契約翌日から30日以内の無利息期間中に返済する

アイフルで利息を払わずお金を借りたいなら、契約日の翌日から30日以内に確実に返済するのが大切です。

何度も言いますが、この期間内に返済すれば利息は0円です。

1日でも無利息期間を過ぎると利息が発生してしまうので、気を付けてください。

アイフルで借入をしたい日にあわせて契約する

アイフルの30日間利息0円サービス(無利息期間)は借入の翌日から30日間が対象です。

利用する際は借入日から30日以内に必ず返済できるタイミングをおすすめします。

なるべくフルに無利息期間を使うには、アイフルとの契約をお金が必要な日になるべく近づけるのがよいでしょう。

アイフルの無利息期間は30日間!適用されるタイミングに気を付けてお得に活用しよう

  • 無利息期間内の返済なら利息が発生しない
  • 完済と同時に解約すると残りの無利息期間が消えてしまう
  • 無利息期間中でも延滞による遅延損害金は発生するので注意

アイフルの30日間利息0円サービス(無利息期間)は、利用できるタイミングが限られています。

しかし、借入や完済のスケジュールを立て、予定通りに契約できれば非常に利用者にとってはお得なサービスです。

当記事で学んだことはきっと、今後アイフルを利用する上で役立ちます。

今お金が必要で、短期間での完済が見込める方アイフルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

人気 アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 30分
融資時間 1時間
最大限度額 最大800万
条件によっては即日融資も可能! Web完結ならカードレス利用にも対応
  • 安定した収入のある20~69歳の方なら雇用形態を問わず申し込み可能!
  • 1万円からの低額融資や審査通過後の増額審査にも対応!
  • Web申し込みやアプリを利用すれば郵送物なしで利用できる!

関連コラム