プロミスの審査通過率は高い?審査通過率を上げ借り入れを実現しよう

最終更新日:
プロミスの審査通過率は高い?審査通過率を上げ借り入れを実現しよう

プロミスの審査を受ける前に、通過率がどれくらいなのか気になっていませんか?

審査通過率が低ければ審査の難易度は高いと推測できますし、その反対も考えられるでしょう。

今回はプロミスの月次データをもとに審査通過率が高いのかどうかや通過率を上げる方法を解説します。

プロミスの審査通過率は約40%

審査通過率とは、プロミスに申し込んだ人のうち、契約まで辿り着いた人の割合を指します。

審査通過率の計算方法
(プロミスと契約した人の数) / (プロミスに申し込んだ人の数) × 100

プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスでは毎年、各月にどれほどの新規申込者がいて、どれだけの新規顧客が増えたのかを月次データに記録しています。

2021年3月期の月次データによるとプロミスの審査通過率は、時期によって異なりますが、平均して約38%です。

この数値は2020年度である2020年4月から2021年2月までのデータを参照しています。

参照:月次データ2021年3月期|SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスの審査通過率の変動

また、過去3年間における平均の審査通過率を見てみると、2018年度と2019年度では45%前後でしたが、2020年度では38%に下がっています。

つまり、プロミスの審査難易度は例年に比べて上がったと推測できるでしょう。

プロミスの審査通過率にムラはあるか

プロミスの審査通過率は時期によってムラがあるのでしょうか。

もしムラがあれば、審査通過率の高い時期に申し込みをすると審査通過の可能性も上がりやすいと考えられます。

過去5年間のプロミスの審査通過率

2015年度から2019年度のプロミスの審査通過率はおよそ44%程度で、あまり増減していません。

2020年度のプロミスの審査通過率

また2020年度における月別の審査通過率も同様に、下降傾向ではありますが、横ばいの割合となっています。

これら2つの情報から、基本的にプロミスの審査通過率はあまり変動しないと言えるでしょう。

つまりいつ申し込んでも審査に通りやすい時期はなく、審査通過率は1年を通して安定しており、また年をまたいでも大きな変動はありません。

基本的にプロミスは閑散期や繁忙期などの時期的な要因で審査の通りやすさは一定なのです。

ただし、新型コロナウイルスの影響で2020年度の審査通過率は例年よりも下がっていると考えられます。

プロミスの審査通過率は平均以上か

プロミスの審査通過率が上がっているのは分かりましたが、他社の審査通過率と比べると高いのか低いのか気になるのではないでしょうか。

以下の表はプロミスとその他大手消費者金融の審査通過率を比較したものです。

プロミスと他社の審査通過率の比較
2020年4月~2021年1月
社名 審査通過率
プロミス 38.3%
アコム 41.3%
アイフル 40.4%


※他社のデータと合わせるため、比較する期間を2020年4月~2021年1月にしています。冒頭で述べたプロミスの審査通過率38.0%と違うのは期間が異なるためです。

参考:月次データ2021年3月期|アコム

参考:月次データ2021年3月期|アイフル

プロミスの平均審査通過率は他社と比べると2~3%ほど低いです。

審査をする上で何を重視し、ボーダーラインがどこなのかに関しては各社それぞれ異なります。

しかし平均的な審査通過率だけを見比べたときに、プロミスは他社よりも少しだけ難易度が高いと考えられるでしょう。

消費者金融の審査は甘いと考える人もいるようですが、プロミスの審査通過率を見る限りそれなりに審査は厳しいようです。

例年のプロミスの審査通過率は44%ですが、現在は低い水準を保っています。

プロミスの審査通過率は上げられるのか

審査通過率を決定づけるのは返済能力

プロミスの審査通過率は低くなっているとはいえ、審査に通りやすくする方法はあります。

それは安定した収入の確保です。プロミスが審査の可否を決定する大きな要因として返済能力の有無が挙げられます。

プロミスの審査に通ればお金を貸してくれますが、必ず返さないといけません。

「借りたら返す」この当たり前なルールを当たり前に実行できるかどうかが重要なのであり、可能だと判断された人のみがプロミスの審査に通過するのです。

審査通過率を上げる方法

  • 信用情報にキズをつけない
  • 他社借入を減らす

プロミスの審査通過率を上げるには安定した収入を確保するのはもちろんですが、それ以上に信用情報にキズがない状態の維持他社借入の減額が重要です。

返済が遅れたりするといった金融事故を起こすと信用情報にキズがつきます。

もし信用情報にキズがついたままプロミスの審査を受けると、また返済が滞るかもしれないと疑われ審査通過率が下がってしまうでしょう。

また個人が金融機関から借入できる金額は年収の3分の1と決まっており、プロミスへの希望借入額と合わせて上限に達するような場合も審査通過率は大きく下がってしまいます

したがって、まずは自身の信用情報や他社からの借入額の確認をするといいでしょう。

プロミスの審査通過率を上げて通りやすくしよう

プロミスの審査通過率は時期によって変動せず、いつ申し込みをしても審査の通りやすさは変わりません

最新の審査通過率を他社と比較した時、プロミスの審査難易度は少し高めとなっています。

プロミスの審査通過率を上げるには安定した収入の確保するのはもちろん、信用情報にキズをつけず、他社の借入を減らすようにしてください。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム