三井住友銀行カードローンの金利って?金利を下げ返済負担を減らす方法とは

最終更新日:
三井住友銀行カードローンの金利って?金利を下げ返済負担を減らす方法とは
  • 三井住友銀行カードローンの金利は何パーセント?
  • 他の銀行カードローンと比べて金利は高い?低い?

このように、現在三井住友銀行カードローンの金利について気になっていませんか?

結論から言えば、三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%~14.5%となっており、他の銀行カードローンと比べても特別高い利率ではありません。

ただし、初回契約時には上限金利が適用されるので、返済実績を積んで積極的に金利引き下げを申し込みましょう。

こちらの記事では、三井住友銀行カードローンの金利の詳細から、返済シミュレーション、金利を下げる方法についてお伝えしています。

三井住友銀行カードローンの金利はどれくらい?

三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%~14.5%で、借入限度額に応じて借り入れ利率が変動します。

限度額に対する借り入れ利率は次の通りです。

三井住友銀行カードローンの限度額に対する利率
限度額 利率
~100万円 年12.0%〜14.5%
100万円~200万円 年10.0%〜12.0%
200万円~300万円 年8.0%〜10.0%
300万円~400万円 年7.0%〜8.0%
400万円~500万円 年6.0%〜7.0%
500万円~600万円 年5.0%〜6.0%
600万円~700万円 年4.5%〜5.0%
700万円~800万円 年1.5%〜4.5%

上記は借入限度額を基準としている点に注意が必要です。

実際に借入している金額が10万円でも、限度額が100万円〜200万円の方は、年10.0%〜12.0%の金利が適用されます。

なお借入限度額は審査通過時に確定しますが、継続的な利用によって増枠可能です。

初回の取引時は基本的に上限金利が適用される

初回の取引時は基本的に上限金利の年14.5%が適用されます。また、初回契約時の利用限度額は100万円以下になるケースがほとんどです。

申し込み時に希望の限度額を設定できますが、必ずしも希望通りの利用限度額が設定されるとは限りません。

限度額を上げ、金利を引き下げるためには継続的に三井住友銀行カードローンを利用して、信用と実績を積む必要があります。

三井住友銀行カードローンの毎月の最低返済額

三井住友銀行カードローンの最低返済額は月2,000円です。返済にかかる負担が少ないため、比較的利用のハードルの低いカードローンと言えます。

ただし、借入残高によって最低返済額は変動するので注意が必要です。

最低返済額が2,000円となるのは、借入残高が10万円以下の場合です。以後、50万円までの範囲内で借入残高が10万円増すごとに月の最低返済額は2,000円ずつアップしていきます。

たとえば、借入残高が30万円以上40万円未満なら、毎月の最低返済額は8,000円です。

また、借入残高が50万円〜300万円の場合や300万円〜500万円の場合など、最低返済額は借入残高に応じて細かく設定されています。

三井住友銀行カードローンの金利は高い?

三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%~14.5%と上記しましたが、この数値が高いのかどうかを他のカードローンと比べてみましょう。

結論から言えば、金利だけで見るとみずほ銀行カードローンを除いて、三井住友銀行カードローンの金利はやや低めです。

三井住友銀行カードローンとその他の銀行カードローンの金利には以下のような違いがあります。

三井住友銀行カードローンと他社との金利比較
銀行カードローン 金利
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%〜14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%
横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6%

比較してみると、三井住友銀行カードローンの最低金利は他行よりも高い印象を受けるでしょう。

しかし、カードローンを利用する際に最低金利が適用されるケースは少なく、初めて利用する人のほとんどは最高金利が適用されます。

上限金利はみずほ銀行カードローンが圧倒的に低いです。その他の銀行と比べると、三井住友銀行カードローンの上限金利は少し低めと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンの上限金利での返済シミュレーション

続いて、実際に三井住友銀行カードローンを利用した場合の返済シミュレーションを見ていきましょう。

上限金利で14.5%で30万円を借り入れし、1年、2年、3年それぞれの期間で返済した場合の返済計画は次の通りです。

年14.5%で30万円借入した時の返済情報
返済期間 1年
(12か月)
2年
(24か月)
3年
(36か月)
月々の返済額 27,000円 14,500円 10,500円
返済総額 323,727円 346,527円 368,591円
最終月の返済額 26,727円 13,027円 1,451円

なお、最低返済額は約定日の借入残高によって変動します。

また、三大メガバンクである三菱UFJ銀行やみずほ銀行の返済シミュレーションを比較したものが以下の表です。

10万円を上限金利で返済する際に発生する利息の総額を比較しています。

三大バンクの返済期間ごとの利息総額表
返済期間 三井住友銀行カードローン 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック みずほ銀行カードローン
1か月 1,191円 1,216円 2,345円
6か月 4,269円 4,297円 4,731円
12か月 8,020円 8,077円 8,373円


※ 実際の利息総額は異なる可能性がありますので、目安として捉えてください。

みずほ銀行の利息を算出する計算方法の影響もあり、上限金利を適用し借入金額を同じにした時の発生利息は、三井住友銀行カードローンが一番少ない結果となりました。

金利だけで判断すると三井住友銀行カードローンは少し低めと言った印象ですが、同条件で利息の比較をすると三井住友銀行カードローンがお得と言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンの金利を下げる方法

三井住友銀行カードローンの金利を下げる方法には以下の2つがあります。

  • 利用限度額を引き上げる
  • 継続的な返済実績を作る

金利を下げれば支払う利息が減り、返済時の負担を抑えられます。

そのため三井住友銀行カードローンを長期的に利用を考えている方は、できる限り金利を引き下げながら利用しましょう

ここからは、それぞれの方法について解説していきます。

利用限度額を引き上げる

利用限度額を引き上げれば金利を引き下げられます。なぜなら、三井住友銀行カードローンの金利は利用限度額によって変動するためです。

限度額が100万円以下なら利率は年12.0%〜14.5%ですが、100万円〜200万円の場合は年10.0%〜12.0%となっています。

つまり、借り入れの限度額を上げれば上げるほど金利を下げられる仕組みです。

また限度額を上げてもらうためには、継続的にカードローンの利用を行って三井住友銀行との取引実績を積む必要があります。

継続的な返済実績を作る

金利を引き下げるためには継続的な返済実績を作るのが大切です。

原則、初回契約時は上限金利の年14.5%が適用されますが、返済を続ければ三井住友銀行からの信用度が上がり、金利を引き下げてもらえます

それと同時に借入限度額を上げてもらうのも可能です。

ただし自動的に金利が下がったり、限度額が上がったりはしません。インターネットや電話などで申請を行う必要があります。

返済実績がついたと感じたら金利の引き下げのために積極的に限度額アップを申し込みましょう。

三井住友銀行カードローンの金利は実績を積んでさらに低くしよう

三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%~14.5%です。他の銀行カードローンと比較しても、それほど高い利率ではありません。

しかしシミュレーションによると、金利を基に計算される利息の総額は三大バンクの中では一番低いので、お得と言えるでしょう。

また月々の最低返済額は2,000円からなので、利用のハードルが比較的低いカードローンです。

三井住友銀行カードローンを利用する際は、支払う利息を抑えるために金利を引き下げるのが大切です。長期的な取引実績を積んで、定期的に金利の引き下げを申し込みましょう。

人気 三井住友銀行カードローン

実質年率 年1.5%~14.5%
審査時間 -
融資時間 -
借入限度額 10万円~最大800万円
サポート体制がしっかりしているので初めての方でも安心
  • 10万円借りても1ヶ月あたりの利息は1,191円!
    ※最大年利14.5%の場合 100,000円×金利14.5%÷365日×30日
  • WEBで申込完結。来店、保証人不要!
    ※三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結。
  • お近くのATMで借入・返済が24時間可能。
    ※三井住友のキャッシュカードをお持ちなら審査通過後すぐに借入可能

関連コラム