三井住友銀行カードローンの金利って?金利を下げ返済負担を減らす方法とは

三井住友銀行カードローンの金利って?金利を下げ返済負担を減らす方法とは
  • 三井住友銀行カードローンの金利は何パーセント?
  • 他の銀行カードローンと比べて金利は高い?低い?

このように、現在三井住友銀行カードローンの金利について気になっていませんか?

結論から言えば、三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%となっており、他の銀行カードローンと比べても特別高い利率ではありません。

ただし、初回契約時には上限金利が適用されるので、返済実績を積んで積極的に金利引き下げを申し込みましょう。

こちらの記事では、三井住友銀行カードローンの金利の詳細から、返済シミュレーション、金利を下げる方法についてお伝えしています。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの金利はどれくらい?

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%で、借入限度額に応じて借り入れ利率が変動します。

限度額に対する借り入れ利率は次の通りです。

三井住友銀行カードローンの限度額に対する利率
限度額 利率
~100万円 年12.0%〜14.5%
100万円~200万円 年10.0%〜12.0%
200万円~300万円 年8.0%〜10.0%
300万円~400万円 年7.0%〜8.0%
400万円~500万円 年6.0%〜7.0%
500万円~600万円 年5.0%〜6.0%
600万円~700万円 年4.5%〜5.0%
700万円~800万円 年4.0%〜4.5%

上記は借入限度額を基準としている点に注意が必要です。

実際に借入している金額が10万円でも、限度額が100万円〜200万円の方は、年10.0%〜12.0%の金利が適用されます。

なお借入限度額は審査通過時に確定しますが、継続的な利用によって増枠可能です。

初回の取引時は基本的に上限金利が適用される

初回の取引時は基本的に上限金利の年14.5%が適用されます。また、初回契約時の利用限度額は100万円以下になるケースがほとんどです。

申し込み時に希望の限度額を設定できますが、必ずしも希望通りの利用限度額が設定されるとは限りません。

限度額を上げ、金利を引き下げるためには継続的に三井住友銀行カードローンを利用して、信用と実績を積む必要があります。

三井住友銀行カードローンの毎月の最低返済額

三井住友銀行カードローンの最低返済額は月2,000円です。返済にかかる負担が少ないため、比較的利用のハードルの低いカードローンと言えます。

ただし、借入残高によって最低返済額は変動するので注意が必要です。

最低返済額が2,000円となるのは、借入残高が10万円以下の場合です。以後、50万円までの範囲内で借入残高が10万円増すごとに月の最低返済額は2,000円ずつアップしていきます。

たとえば、借入残高が30万円以上40万円未満なら、毎月の最低返済額は8,000円です。

また、借入残高が50万円〜300万円の場合や300万円〜500万円の場合など、最低返済額は借入残高に応じて細かく設定されています。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行の金利は高い?その他銀行カードローンと比較

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%と上記しましたが、その他の銀行と比べて金利は高いのか低いのか気になっていませんか?

結論から言えば、三井住友銀行カードローンの金利はやや低めです。

三井住友銀行カードローンとその他の銀行カードローンの金利には以下のような違いがあります。

三井住友銀行カードローンと他社との金利比較
銀行カードローン 金利
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%〜14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%〜14.5%
横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6%

比較して見てみると、三井住友銀行カードローンの金利が高いように思えます。しかし、銀行カードローンの最低金利が適用されるケースはほとんどなく、多くの人が上限金利を適用されます。

上限金利はみずほ銀行カードローンが圧倒的に低いものの、三井住友銀行カードローンの上限金利は特別高くありません。

このことから、三井住友銀行カードローンの金利はやや低めであり、金利で損する心配はないと言えるでしょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの上限金利での返済シミュレーション

続いて、実際に三井住友銀行カードローンを利用した場合の返済シミュレーションを見ていきましょう。

上限金利で14.5%で30万円を借り入れし、1年、2年、3年それぞれの期間で返済した場合の返済計画は次の通りです。

年14.5%で30万円借入した時の返済情報
返済期間 1年
(12か月)
2年
(24か月)
3年
(36か月)
月々の返済額 27,000円 14,500円 10,500円
返済総額 323,727円 346,527円 368,591円
最終月の返済額 26,727円 13,027円 1,451円

なお、最低返済額は約定日の借入残高によって変動します。

三井住友銀行カードローンの借入残高に対する最低返済額
約定日の借入残高 最低返済額
30万円未満 6,000円
20万円未満 4,000円
10万円未満 2,000円

月々の返済額は最低額を上回れば自由に決められます。支払う利息をできる限り抑えるには、毎月多くの返済を行い、短期間で完済するのが大切です。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの金利を下げる方法

三井住友銀行カードローンの金利を下げる方法には以下の2つがあります。

  • 利用限度額を引き上げる
  • 継続的な返済実績を作る

金利を下げれば支払う利息が減り、返済時の負担を抑えられます。

そのため三井住友銀行カードローンを長期的に利用を考えている方は、できる限り金利を引き下げながら利用しましょう

ここからは、それぞれの方法について解説していきます。

利用限度額を引き上げる

利用限度額を引き上げれば金利を引き下げられます。なぜなら、三井住友銀行カードローンの金利は利用限度額によって変動するためです。

限度額が100万円以下なら利率は年12.0%〜14.5%ですが、100万円〜200万円の場合は年10.0%〜12.0%となっています。

つまり、借り入れの限度額を上げれば上げるほど金利を下げられる仕組みです。

また限度額を上げてもらうためには、継続的にカードローンの利用を行って三井住友銀行との取引実績を積む必要があります。

継続的な返済実績を作る

金利を引き下げるためには継続的な返済実績を作るのが大切です。

原則、初回契約時は上限金利の年14.5%が適用されますが、返済を続ければ三井住友銀行からの信用度が上がり、金利を引き下げてもらえます

それと同時に借入限度額を上げてもらうのも可能です。

ただし自動的に金利が下がったり、限度額が上がったりはしません。インターネットや電話などで申請を行う必要があります。

返済実績がついたと感じたら金利の引き下げのために積極的に限度額アップを申し込みましょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの返済方法は?

三井住友銀行カードローンの返済方法は次の3つです。

  • ATMでの返済
  • 銀行振込での返済
  • 口座振替の返済

「銀行振込による返済」は手数料がかかる場合があるので注意しましょう。基本的には、手数料がかからない「ATMでの返済」か「口座振替での返済」がおすすめです。

なお、ATMでの返済は三井住友銀行ATMのほか、コンビニATMでもできます。さらに三井住友銀行のキャッシュカードからでも返済が可能。

ただし、ゆうちょATMはキャッシュカードに対応していません。ゆうちょATMから返済をする際はローン専用カードが必要です。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの金利は実績を積んでさらに低くしよう

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%です。他の銀行カードローンと比較しても、それほど高い利率ではありません。

また月々の最低返済額は2,000円からなので、利用のハードルが比較的低いカードローンと言えます。

三井住友銀行カードローンを利用する際は、支払う利息を抑えるために金利を引き下げるのが大切です。長期的な取引実績を積んで、定期的に金利の引き下げを申し込みましょう。

関連コラム