SMBCモビットで住所変更しないと借入停止に?住所変更をしてリスクを避けよう

SMBCモビットで住所変更しないと借入停止に?住所変更をしてリスクを避けよう

SMBCモビットを契約している状態で住所の変更があると、利用者はこれをSMBCモビットに届け出する必要があります

これは会員規約で定められているからです。

ただ、対応する必要があるとは分かっても、その方法が分からない人はいるでしょう。

今回は、住所変更の方法と万が一対応しない場合の問題について解説します。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットでは住所変更の際届け出が必要

そもそも、SMBCモビットの利用者は住所を変更した場合に届け出なければなりません

これはモビットカード会員規約第22条1項に以下の記述があるためです。

“氏名、住所、勤務先等当社に届出た事項(以下「届出事項」といいます。)に変更があった場合、お客様は、そのつど、変更があった日から14日以内に当社に届出ます。”

会員規約に書かれていますので、SMBCモビットの利用者は指示に従って届け出をします。

なお、会員規約には変更があった日から14日以内でなければなりません。

引っ越しなどで住所変更があるタイミングは忙しいと思われますので、やや落ち着いてから届け出をしても間に合うような期間の設定です。

また、会員規約からも理解できるように住所以外にも変更になったら届け出する事項があります。これらについても念のために理解しておきましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットで住所変更する方法

  • Myモビ
  • 公式スマホアプリ

SMBCモビットで住所変更をする方法は2つあります。

会員専用サービス「Myモビ」で住所変更する方法

パソコンやスマートフォンのブラウザを利用して、会員専用サービス「Myモビ」にアクセスをして住所変更をする方法です。

Webサイトですので、利用している端末の種類などにあまり左右されず簡単に住所変更ができます。

住所変更をするためには、まず「Myモビ」へのアクセスが必要です。会員専用ページからログインページにアクセスをしましょう。

ページが表示されるとログイン方法が以下の2種類から選択できます。

  • ユーザIDでログイン
  • モビットカード番号でログイン

すぐにログインできるよう、どちらかの情報を事前に用意しておきましょう。

ログインが完了すると「登録内容変更」がありますのでクリックをします。

変更にあたり再度本人確認のための情報が求められるので、正しく入力するようにしましょう。

認証が完了すれば、登録内容の変更画面が表示されます。

現在登録されている内容がデフォルトで入力されていますので、「住宅住所」の部分に新しい住所を入力します。

入力内容に問題がなければ、「確認」ボタンを押して変更は完了です。

なお、反映には時間が必要となる場合があるので、少し時間をおいてから反映されているか確認しましょう。

SMBCモビット公式スマホアプリを利用する方法

スマートフォンを利用している場合は、スマホアプリからアクセスをして住所変更をしましょう。

アプリには多くの機能がありますので、スマートフォンの利用者はこちらがおすすめです。

  1. Myモビにアクセス・ログイン
  2. 「各種変更」を選択
  3. 「登録内容変更」にて本人確認情報の入力
  4. 新しい住所の情報を入力・送信
  5. 住所変更手続きの完了

上記の手順でSMBCモビットの住所変更を行います。

スムーズに作業するために入力する情報を準備しておくといいでしょう。

SMBCモビットの住所変更は電話連絡では受付されない

インターネットやアプリでの変更は難しく、電話で住所変更をしたいと考える人もいるでしょう。

しかし基本的には住所変更は電話で対応してもらえません。インターネットやアプリで住所変更する方法を案内されます。

なお、どうしてもインターネットやアプリで対応できない場合は、店頭での住所変更を勧められるでしょう。

手間はかかりますがその場で住所変更ができます。

特段の事情がある場合は、電話で受付をしてもらえるようですが、まれだと言えるでしょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットで住所変更をしない場合の問題

SMBCモビットで住所変更をしていないと、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 必要な書類を受け取れなくなる
  • 連絡が取れないことで信用力が低下する
  • 借り入れの停止や一括返済を求められる

必要な書類を受け取れなくなる

住所の変更をしていなければ、必要な書類が受け取れなくなる問題があります。

基本的にSMBCモビットの契約が完了した後は、郵送で書類を受け取る場面はありません。契約に関連して受け取る書類が全てだからです。

ただ、何かしらの理由があり郵送で書類が届く場合があります。

    契約後に届く書類例

  • 支払いの案内に関する書類
  • 重要な通知書類

書類の受け取りができないと、重要な連絡事項を確認できません。

また、書類がSMBCモビットに返送されれば、住所変更の連絡をしていないのが伝わってしまいます。

連絡が取れず信用が低下する

住所の変更をしていなければ、上記の通り重要な書類を受け取れず、信用を失ってしまうでしょう。

SMBCモビットのカードローンは、企業と利用者の信頼関係が重要です。良好な関係が崩れてしまうと、借入ができなくなります

皆さんも嘘をつく友人にはお金を貸さないはず。これと同様の考え方です。

カードローンにおいて信頼関係の崩壊は、皆さんが考えるよりも大きな問題と言えます。

場合によっては支払いをせずに逃げたと受け取られてしまうかもしれません。

借り入れの停止や一括返済を求められる

支払いをせず逃げたとSMBCモビットに思われれば、カードローンの利用停止や一括返済を求められるでしょう。

正しく支払いができていたり、電話連絡が取れていたりすれば問題なく利用可能です。

電話連絡などで繋がっている場合は、新しい住所に変更するように指導されます。

逆に住所変更もせずに電話連絡も取れないと、最終的には利用停止等の措置が取られるので気をつけましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

住所の変更があった場合にはSMBCモビットへ速やかに届け出しよう

住所に変更があった場合は、速やかにSMBCモビットへ届出ましょう。会員規約に記載されていますので、対応する必要があります。

もし対応しなければ、いずれSMBCモビットに知られてしまい、大きな問題になりかねません。場合によっては利用停止などの処分を受ける可能性があります。

住所を変更する手続きは簡単なものです。後になって問題を起こさないためにも、変更があった際は速やかに届け出するようにしましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

関連コラム