三井住友カードにはどんな保険がある?各カード別付帯保険のスペックも紹介!

クレジットカードには付帯保険が標準装備されているのが一般的です。
特にカード盗難保険は一般カードでも必ず付帯されているので、ほとんどすべてのクレジットカードで利用できる付帯保険として有名です。

しかしカード盗難保険以外でもサービスの一環として海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険なども付帯されているクレジットカードは数多く発行されています。
それでは、三井住友カードの付帯保険にはどのような保険があり、その補償内容は充実しているのでしょうか?

今回は三井住友カードの付帯されている保険に関して徹底的に解説します。

三井住友カードにはどんな保険があるの?

三井住友カードの取り扱う保険は大きく3種類あります。

カード付帯保険
三井住友カード会員になると付帯される保険です。代表的なものだと海外旅行保険がこれに当たります
カード会員限定の保険
その名の通り、カード会員なら加入できる任意の保険で三井住友カードではポケット保険がこれに当てはまります
その他保険
カード付帯保険やカード会員限定の保険以外の保険を取り扱っています。詳しくは後述します。

三井住友カードの付帯保険

三井住友カードには次のような付帯保険が付いており、補償内容や保証金額は券種によって以下のように違います。

三井住友カード 三井住友カード A アミティエ エグゼクティブ ゴールド プライムゴールド プラチナ
海外旅行保険 利用付帯 一部自動付帯 自動付帯
海外旅行保険
家族特約
国内旅行保険 一部自動付帯
航空遅延保険
お買い物安心保険

海外旅行保険について

表にもあるとおり、だいたいのカードに付きますが、三井住友カードのみ利用付帯となっており、プラチナだけが自動付帯となっています。

他のカードについても一部自動付帯となっています。
渡航先で確実に海外旅行保険を使えるようにするには、旅行商品などをカード払いしてから海外に行くようにしましょう。

自動付帯と利用付帯

自動付帯とは
クレジットカードをもっているだけでカードの持ち主が事故や病気、けがなどをしたとき保険の対象となる付帯条件のことです。

利用付帯とは
クレジットカード会社の取り決めた条件にあった使い方をした場合にかぎり、カードの持ち主が事故や病気、けがなどをしたとき保険の対象となる付帯条件のことです。

利用付帯の条件はおおよそどのクレジットカード会社も、旅行代金や交通費をクレジットカードで支払った場合となっていることが多いですよ。

カード別海外旅行保険の詳細はこちらをチェック!




国内旅行保険について

三井住友カード 三井住友カード A アミティエ エグゼクティブ プライムゴールド ゴールド プラチナ
傷害死亡

後遺障害
自動付帯 300万円 500万円 1,000万円
利用付帯 1,700万円 2,500万円 4,000万円
合計 最高2,000万円 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円
入院保険金
日額
フランチャイズ7日※
5,000円
通院保険金
日額
フランチャイズ7日※
2,000円
手術保険金 最高20万円

国内旅行傷害保険は一般的なクレジットカードにはほとんど付帯されない保険のひとつです。

三井住友カードでは付帯されず、三井住友カード Aや女性向けのアミティエに付帯されています。

しかし三井住友カード Aやアミティエに付帯されている国内旅行傷害保険は、死亡後遺障害だけの補償となるので入院や通院補償が必要であればゴールドカード以上の会員になる必要があります。

お買い物安心保険について

三井住友カード 三井住友カード A アミティエ エグゼクティブ プライムゴールド ゴールド プラチナ
補償限度額 100万円 300万円 500万円
対象となる利用 海外・国内リボ・分割(3回以上)払い利用 海外・国内利用
自己負担額 1事故につき3,000円
対象期間 購入日および購入日の翌日から90日間

お買物安心保険は、動産総合保険とも呼ばれている保険で、カードで購入した商品の盗難や破損を保証する保険です。

補償限度額はカードの種類によって違いますが、ほとんどの三井住友カードに付帯されています。

航空遅延保険はプラチナカードだけ!

乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円

航空便遅延保険はプラチナカードとコーポレートゴールドカードにしか付帯されていない保険です。

上記で注意が必要な点は乗継便の遅延では宿泊費用が補償されますが通常便の欠航では宿泊費用は補償されず食事代だけの補償となる点です。

出航遅延や欠航は意外に頻度が高いので、航空便の利用頻度が高い人ほど必要となる保険です。

学生専用カードにしかない保険も…!

上の表にはまとめませんでしたが、学生専用カードには「ライフ&スポーツ賠償 自転車保険」というものを付けることができます。

この保険は国内外での自転車搭乗中のアクシデントにより、死亡、後遺障害を負った場合や他人の財物に損害を与え法律上の賠償責任を負った場合の補償をしてくれるというものです。

補償内容
被保険者が「自転車搭乗中」「運行中の自転車との衝突、接触」により、死亡または後遺障害を負った場合を補償
被保険者が日常生活において、他人を死傷させた場合や他人の財物に損害を与えた場合の損害賠償責任を補償
傷害死亡・後遺障害
最高100万円
賠償責任
最高100万円(対人・対物共通)

自転車保険が義務化されているような都道府県や市町村に住んでいる学生なら専用の加入通知書から申し込むだけで保険を付けることができるんじゃー!

ポケット保険(ポケホ)とは

ポケット保険とは、三井住友カード会員なら加入申し込みのできる保険サービスで、カードに付帯している付帯保険とは別の保険です。

ポケット保険の特徴は?

補償内容や保険金は組み合わせ自由で、Vpassから申し込みができるので24時間365日いつでも申し込みができます。

毎月の保険料は登録した三井住友カードから支払うのでポイントもためられます。

選べるコースは下の表にも書いているように、スポーツ、レジャー、ライフと大きく3分類さそれぞれにコースがあります。また自分で保険を組み合わせる自由設計コースもありますよ。

※月額保険料はSサイズ(本人型)の場合です

分類 コース名 月額保険料※
スポーツ ゴルフコース 540円~
ランニングコース 480円~
サッカー・フットサルコース 580円~
野球コース 540円~
レジャー 自転車コース 580円~
国内旅行コース 470円~
トレッキングコース 450円~
マリンスポーツコース 490円
スキー・スノーボードコース 550円~
ライフ ケガコース 480円
賃貸コース 800円~
家財コース 810円~

上の表はほんの一例です。保険料の詳細については公式サイトオリジナル保険 ポケット保険(ポケホ)を確認してください。

ポケット保険の使いどころは…

ズバリ付帯保険で補いきれていない保険の不足分をポケット保険で補うというような使い方ができます。

たとえば、国内旅行保険が付帯していないカードを持っている場合には国内旅行保険の不足を補うような使い方や、学生カードのときに付けた自転車保険を学校を卒業した後も引き続き使うといった使い方があります。

そのた保険ってどんな保険?

三井住友カードの付帯保険や三井住友カード会員限定の保険以外にも以下のような保険があります。

  • 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」
  • ゴルファー保険「ネットde保険@ごるふ」
  • 生命保険情報
  • 自動車保険・ペット保険・火災保険情報

保険すらも三井住友カードで揃えるって…イケてなくない?

もし、おぬしがもっておる三井住友カードに付帯している海外旅行保険じゃちょっと頼りないかな?ってときに、海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」を利用すると、保険の不足分をちょい足しできて便利じゃとおもうんじゃがのぅー

…はっ(…イケてる!)

…このような使い方もできます。
保険内容など詳細については公式サイトを保険サービスのその他の保険サービス を確認してくだいね。

まとめ

三井住友カードでは付帯保険はもちろん有料の保険サービスも充実しているので、安心して利用することができます。ただし、補償内容については一般カードでは十分と言えない部分もあります。

クレジットカード1枚で十分な補償を得るためにはゴールドカード以上、できればプレミアムカードを手にすることができればベストです。

また、ちょっと頼りなく感じるようなカードの付帯保険も、任意で付けられる保険を別途申し込むことで、三井住友カードをより頼もしく便利に使うことができます。

人気 三井住友カード ゴールド

年会費 初年度:無料(web入会のみ)
2年目以降:10,000円+税(条件により4,000円+税に割引)
ポイント還元率 0.5%~1.0
国際ブランド off off off off on
電子マネー 10,000円+税(条件により4,000円+税に割引)
発行スピード 最短3営業日

キャンペーン情報

  • 新規入会&Vpassスマホアプリログインでもれなくご利用金額の20%還元!(最大12,000円)
    抽選で合計15,000本、お買物金額と同額(上限10万円)相当のVポイントをプレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム