徹底解説!三井住友カードの家族カードは何枚発行できる?

家族カードはクレジットカード会員の家族に対して発行する追加カードの一種です。
簡単な審査で発行することができるので、個別にクレジットカードに申込するよりも手軽に作ることができます。

三井住友カードでもほとんどのクレジットカードで家族カードが発行可能となっています。それでは家族カードにはどのようなメリットがあるでしょうか?また、三井住友カードだけのメリットはあるのでしょうか?

今回は三井住友カードの家族カードについて徹底的に解説しましょう。

家族カードの基本

まずは家族カードの基本的なことについて簡単に説明します。
家族カードとは、本会員の追加カードとして発行されるカードです。
発行できる家族の定義はカードによって若干違いはありますが、基本的には家計を共にする人をさし、配偶者、両親、子供がその対象になります。

18歳以上の未成年で学生にも発行することができますが、18歳以上でも高校生には原則発行することができません。
その他、引き落とし先やポイントについての詳細はこちらの記事も読んでくださいね。

三井住友カードの家族カードの基本情報

ここからは三井住友カードの家族カードの基本情報を紹介します。
家族カードの発行対象者、年会費やポイントはどうなるのか?などを順番に見てみましょう。

三井住友カードの家族カードの発行対象者は?

三井住友カードの家族カード発行対象者は、生計を共にする配偶者、満18歳以上の子供(高校生を除く)、両親です。

三井住友カードの家族カードの発行条件は他社のクレジットカードの家族カードと変わらないと言えます。

生計を共にするとは?

同じ収入で生活しているということになるので、生計を共にしていれば別居していても家族カードの対象となります。
単身の学生なども高校生を除く18歳以上であれば家族カードが発行できます。

ただし、年齢条件を満たす同居の子供でも独立した収入がある場合は対象外となります。

発行可能な家族カードの枚数は?

三井住友カードでは特に家族カードの発行枚数は限定していません
発行条件があるのでよほどの大家族でない限りは配偶者と両親、子供二人としても5枚発行できれば充分でしょう。

三井住友カードの家族カード年会費

家族カードの年会費に関してはカードの種類によって違いがあります。主な家族カード年会費は以下の通りです。

券種 家族カード年会費(税抜き)
三井住友カード 400円(初年度無料)
三井住友カード アミティエ
三井住友カード デビュープラス
三井住友カード A 550円(初年度無料)
三井住友カード ゴールド 1人目無料
2人目以降1,000円(初年度無料)
三井住友カード プライムゴールド
三井住友カード エグゼクティブ 250円(初年度無料)
三井住友カード プラチナ 無料

年会費を無料にもできる

三井住友カードのメリットとしては家族カードで年間3回以上の買い物をすると次年度の年会費が無料となる点です。

もちろん1人目無料となっているカードの場合は、利用回数に関係なく年会費無料となります。

特にプラチナカードはすべての家族カードの年会費が無料となるのでお得です。

家族カードの引き落としは?

家族カードの請求先は親カード会員となるので、基本的には引き落とし口座も親カードの口座となります。

家族カードはあくまでも本カードに追加して発行するクレジットカードなので、必ず発行のもととなるクレジットカード(親カード)が必要です。単独で発行することはできません。

家族カードの利用枠は?

新規のカード発行では審査でそのカード利用枠が決定しますが、三井住友カードの家族カードでは親カードのカード利用枠の範囲内での利用となります。

個別の家族カードごとに利用枠を設定しないので、家族カードを利用する場合は家族でよく相談して利用枠の目安を決めておきましょう。

利用枠の目安を決めていないと家族カードを使いすぎで肝心の親カードの利用枠がなくなるということも考えられます。

三井住友カードの家族カードのポイントは?

クレジットカードのサービスと言えばポイントプログラムが人気で三井住友カードにもVポイントというポイントサービスがあります。ポイントは本会員はもちろん家族カードを利用してもポイントを貯めることができます。

家族カードのポイントは親カードに合算

ただし、家族カードの請求は親カード会員に対して行われるので、ポイントは親カードのポイントとして貯まります。つまり、本会員と合算ということになります。

合算ではありますが、親カードだけで利用しているときよりもポイントが貯まりやすくなるのでこの点は家族カードのメリットといえます。

さらに、複数枚家族カードを発行している場合、家族カード別にポイントは付きませんが、家族みんなで貯めたポイントは家族で利用できるものにも交換することができます。

ゴールド以上ならもっとお得

三井住友カード ゴールドの場合では、家族カード年会費は1人目が無料になる上に、空港ラウンジサービスの利用や海外旅行傷害保険の充実した補償を受けることができます。

さらに海外旅行傷害保険には家族特約も付いているので、家族カード発行の対象とならない小さな子供にも保険が適用になります。

家族カード最大のメリットは親カードと同じサービスを安い年会費で利用できることです。特にグレードの高いクレジットカードほどそのメリットが大きくなります。

三井住友カードの家族カード審査

基本的に家族カードは親カードに追加して発行し、その利用代金も上記でも述べた通り親カードに請求されます。そのため家族カード会員の返済能力には無関係なので、一般カードの申込と比べると審査はほとんどありません。

審査の対象となるのは親カード会員なので、親カードの利用状況に問題がなければ家族カードは問題なく発行されるでしょう。

まとめ

三井住友カードは国内外で利用しやすくステータスも高いクレジットカードです。家族カードを利用することで条件を満たせば無職でもこのクレジットカードを利用することが可能になります。

また、年会費に関しても安い上に三井住友カードだけの優遇サービスがあり、家族カードを無料で利用することも簡単です。
家族に三井住友カードの会員がいる場合は、家族カードの発行も検討してみましょう。

人気 三井住友カード

年会費 初年度:無料(web入会のみ)
2年目以降:1,250円+税(条件により無料)
ポイント還元率 0.5%~1.0
国際ブランド off off off on on
電子マネー 1,250円+税(条件により無料)
発行スピード 最短3営業日

キャンペーン情報

  • 新規入会&Vpassスマホアプリログインでもれなくご利用金額の20%還元!(最大12,000円)
    抽選で合計15,000本、お買物金額と同額(上限10万円)相当のVポイントをプレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム