三井住友カードデュアル発行の審査は簡単?年会費を節約してお得に使う方法

三井住友カードは日本を代表するVISAカードの発行会社。VISAブランドが日本で普及したのは当時の住友カードがVISAカードを発行して加盟店を開拓したおかげとも言えるでしょう。

現在では三井住友カードではマスターカードも発行でき、しかもVISAと2枚持ちができるデュアル発行も実施。

今回は三井住友カードのVISAとマスターカードのデュアル発行のメリットや使い方を解説します。

三井住友カードのデュアル発行とは

1枚のクレジットカードへの申し込みで、2種類の国際ブランドのカードを発行する発行方法を「デュアル発行」といいます。

デュアル発行はすべてのクレジットカードができるわけではなく、限られた会社でしか行われていない大変貴重な発行方法です。

三井住友ではVISAとMastercardの2つの国際ブランドのカードが発行可能となっています。

デュアル発行と2枚持ちとの違いって何?

デュアル発行と2枚持ちの違い
デュアル発行 2枚持ち
1枚のクレカで2種類の国際ブランドのカードを発行 2枚のクレカを別々の会社で発行
aカードとbカードをC社で発行 eカードとfカードをそれぞれG社とH社で発行

1枚のクレジットカードで異なる国際ブランドのカードを発行できるのは、たいへん稀です。

しかし、デュアル発行できないからといって、複数枚クレジットカードを作れないわけではありません。発行会社を変えればクレジットカードは原理上いくつも発行することができます。

複数のクレジットカード会社で発行したクレジットカードを、2枚または複数枚所有することを2枚持ちや複数持ちと呼ぶようです。

三井住友カードデュアル発行の申込方法

新規で申込む場合

新規申込でデュアル発行を申込む場合は、申込フォーマットで希望のカードブランドを「VISAカードとマスターカード(2枚)」にするだけで、デュアル発行が可能です。

デュアル発行ができるかどうかは公式ページでクレジットカードの詳細を確認しましょう。国際ブランドの欄にVISAやマスターカードのどちらかの記載だけしかない場合はデュアル発行の対象外となります。

追加で発行する場合

すでに三井住友カードを持っている場合でも、追加カードとしてマスターカードを追加できます。

どちらの場合でもカードの発行は2枚となり、1枚のカードでVISAとマスターカードを同時に利用はできません。

三井住友カードのデュアル発行が必要な場合

どんなときにデュアル発行をしたらいいのかしら?

クレジットカードを海外利用する場合は、多くの国際ブランドのカードを持っていると便利です。国際ブランドごとに普及している地域が異なるため。

そのためなるべく多くの加盟店で利用できるように、複数の国際ブランドを持つことがクレジットカードの海外利用での常識となっています。

しかし国際ブランドを増やすために複数のカードを作ると年会費の負担が大きくなる問題があります。

そこで同じカード発行会社でデュアル発行すると、年会費を抑えて国際ブランドを増やせるのです。

国内利用でも同じ効果がありますが、特に海外加盟店は国際ブランドによる違いが大きいので受ける恩恵は大きくなるでしょう。

三井住友カードのデュアル発行の年会費

三井住友カードではデュアル発行した場合の2枚目の年会費は次のとおりとなります。

デュアル発行時の2枚目の年会費(税抜)
年会費
(単体での年会費)
カード種
250円
(1,250円)
三井住友カード
三井住友カード アミティエ
250円
(1,500円)
三井住友カードA
500円
(3,000円)
三井住友カード エグゼクティブ
1,000円
(5,000円)
三井住友カード プライムゴールド
2,000円
(10,000円)
三井住友カード ゴールド
5,000円
(50,000円)
三井住友カード プラチナ
基本的に家族カードでデュアルカード発行しても同じ年会費ですが、家族カードの年会費が無料や一人目無料のサービスがあればそれに準じます。

三井住友カードデュアル発行のメリット

  • 年会費が節約できる
  • 審査基準が低くなる
  • 付帯サービスの数が増える
  • カード紛失時でももう一枚のカードを使える

デュアル発行のメリットのひとつは年会費が節約できる点にあります。特にグレードの高いカードほどメリットが大きく、プラチナカードでは年会費を1/10に節約できます。

また追加で発行した場合は新規発行の審査と比べて、簡単な審査だけでカードが発行できるのもメリットのひとつです。

サービス面でもデュアル発行の恩恵があり、国際ブランドがそれぞれ提供している海外優待サービスをどちらも利用できます。

特にVISA、マスターカードゴールドカード向けの充実したサービスを提供しているので、グレードが高いほどメリットも大きくなります

安全面のメリットでは海外旅行先で1枚紛失した場合でも、再発行の間は残りの1枚を使えるという点があります。ただし、同じ財布に保管していると、同時に紛失するので別々に保管しましょう。

基本的に2枚発行されてもカード利用枠は共通なので、残った1枚も同じ利用枠の範囲内で利用が可能です。

三井住友カードデュアル発行のデメリット

年間の維持費がやや上がる
デュアル発行したとき、2枚目にもつカードの年会費が1枚目よりぐっと安くなることに間違いはないのですが、やはり、1枚でもつより年会費がかかってしまいます。
海外利用の予定がなければいらない
国内利用がメインなら、VISAもMastercardも同じように使えるます。国外で使う予定のない人はデュアル発行はむしろ不要な年会費の発生になりかねません。
利用限度額に注意!
デュアル発行をしても利用限度額2倍になりません。両方ともメインカードの感覚で利用するとすぐに限度額に達してしまうので注意が必要です。

三井住友カードデュアル発行の注意点

デュアル発行してもカード利用枠は2倍にならず、基本的には100万円のカード利用枠なら2枚の利用限度額は合計で100万円となるので注意しましょう。

家族カードのようにひとつのカード利用枠の範囲内で利用する感覚です。ただし三井住友カードのデュアル発行では引き落とし口座を別にして設定ができます

2枚目が発行されたときは同じ銀行口座が設定されていますが、あとで変更が可能です。用途別に使い分けたい人には嬉しい機能と言えるでしょう。

また、ポイントに関しても家族カードと同様に扱いになるので、合算されてポイントが貯まります。基本的には1枚のカードに追加カードを発行したと同じだと考えるといいでしょう。

まとめ

三井住友カードのデュアル発行は海外旅行時に便利ですが、国内利用でも2枚のカードで用途別に使い分けができるので便利です。

ただし、カードの枚数が増えるのでクレジットカードの管理には十分注意が必要です。

国際ブランドを増やすために新規発行を考えていた人は、デュアル発行も検討して年会費を節約しましょう。

人気 三井住友カード

年会費 初年度:無料(web入会のみ)
2年目以降:1,250円+税(条件により無料)
ポイント還元率 0.5%~1.0
国際ブランド off off off on on
電子マネー 1,250円+税(条件により無料)
発行スピード 最短3営業日

キャンペーン情報

  • 新規入会&Vpassスマホアプリログインでもれなくご利用金額の20%還元!(最大12,000円)
    抽選で合計15,000本、お買物金額と同額(上限10万円)相当のVポイントをプレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム