Amazonカードの利用明細を確認したい!出先でも手軽に確認する方法とは

クレジットカードで一番怖いのは、ショッピング枠を超える利用でしょう。自分がどれだけ使ったかが分からないので、出費に無頓着になりがちです。

これはアマゾンカードでも同じで、アマゾンの公式サイトからは利用額の確認はできません。

この記事ではアマゾンカードの利用明細を確認する方法を解説します。読み終わる頃には、クレカの明細確認がスムーズにできるようになるでしょう。

Amazonカードの利用明細はアマゾンで確認できない

まず知っておいてもらいたいのは、アマゾンカードはアマゾンが発行しているカードではありません。

アマゾンが三井住友カードと提携しているだけで、カードを発行するのはカード会社。

したがってアマゾンカードは三井住友カードが発行しているため、利用明細の確認も三井住友カードの公式サイトで行います。

それ以外の手続き、利用額の引き上げやリボ払いの管理なども、同様です。

アマゾン内でサービスが完結しないのは、少し不便ですが仕方ないですね。

Amazonカードの利用明細を確認する方法

アマゾンカードの利用明細を確認する方法は大きく分けて「郵送」「WEB」「アプリ」の3つです。

郵送

カード会社から自宅に紙の明細書を送る方法です。

パソコンが苦手な人には助かるかもしれませんが、あまりおすすめしません。

郵便受けに入れる以上、誰かに盗まれたり、覗かれたりするリスクがあるため。

特にこだわりがないなら、ウェブかアプリで明細を確認しましょう。

WEB

ウェブで明細を確認するときは、三井住友カードのWebサービス「Vpass」を利用します。

Vpassはクレジットカードの情報を管理するサイトで、利用明細の確認だけでなく、支払額の調整やリボ払い契約なども行えます。

パソコンをよく使う人なら、相性のいいサービスです。

アプリ

最近はパソコンを持たずに、スマホをメインに使っている人も多いです。

そんなときはVpassアプリをダウンロードしましょう。アプリを通じて利用明細の確認リボ払いの管理などが可能です。

オートログイン機能を使えば、煩雑なパスワード入力もありませんし、4桁のパスコードロックに切り替えもできます。

Amazonカードの利用明細は郵送よりWEB・アプリがお得!

利用明細の確認は、Webサービスを利用したほうがお得。

カード会社も手続きの簡素化のために、ウェブでの明細確認をお勧めしています。

また利用明細をウェブに切り替えると、年会費の割引を受けられる場合もあります。

例えばアマゾンのゴールドカードだと、ウェブの明細にすることで年会費が1,080円安くなるのです。

その他にもプライバシーやセキュリティーの観点から、利用明細はウェブの方が好ましいでしょう。

こだわりがないなら、明細確認はWEBやアプリでするといいぞい。


この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム