三井住友カードと三井住友カード Aの違いを解説!

三井住友カードの一般カードにはいくつか種類があります。もっともスタンダードなカードには三井住友カードがありますが、さらに三井住友カード Aというカードも発行されています。

三井住友カードと三井住友カード Aはどちらも同じ一般カードですが、どのような違いがあるでしょうか?

またどんな人が三井住友カード Aを選ぶといいのでしょうか?

今回は三井住友カードと三井住友カード Aの違いについて解説しましょう。

三井住友カードと三井住友カード Aのスペックの違い

まずは三井住友カードと三井住友カード Aの基本スペックの違いを確認しておきましょう。

三井住友カードの基本スペック

三井住友カード 三井住友カード A
年会費
※初年度無料
次年度以降:税抜1,250円 次年度以降:税抜1,500円
家族カード年会費
※初年度無料
次年度以降:税抜400円 次年度以降:税抜550円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 2,500万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング利用枠 10万円~80万円
キャッシング利用枠 0~100万円
お買物安心保険100万円 海外および国内のリボ払い、3回以上の分割払い

三井住友カードと三井住友カード Aの大きな違いは、年会費と付帯保険です。

三井住友カード Aは海外旅行傷害保険の補償金額が充実し、国内旅行傷害保険も付帯されている代わりに、年会費がやや高いという特徴があります。

まずは海外旅行傷害保険の補償内容がどれだけ違うのかを比較してみましょう。

海外旅行傷害保険の補償額の違い

三井住友カード 三井住友カード A
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 利用付帯:1,700万円
自動付帯:300万円
傷害治療費用
※1事故の限度額
50万円 100万円
疾病治療費用
※1疾病の限度額
50万円 100万円
賠償責任
※1事故の限度額
2,000万円 2,500万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
※1旅行中かつ1年間の限度額
15万円 20万円
救援者費用
※1年間の限度額
100万円 150万円

三井住友カードではすべての補償金額はカード利用が条件となる利用付帯ですが、三井住友カード Aの場合は基本的に死亡後遺障害の一部を除いて自動付帯となっています。

さらに死亡後遺障害以外はすべての補償金額が、三井住友カード Aは三井住友カードを上回っている特徴があります。

特に海外旅行では医療費が高い地域が多いので、治療費用が2倍になる三井住友カード Aは大きなメリットがあります。

三井住友カードと三井住友カード Aの年会費

三井住友カード Aの年会費は三井住友カードと比べて税抜で250円高くなっています。
しかし、年間250円の違いだけで海外旅行傷害保険が自動付帯され補償金額も大きくなるので、海外旅行傷害保険が必要な人は三井住友カード Aがお得です。

さらに三井住友カードも三井住友カード Aも年会費を無料にできます。
マイペイすリボに登録して年1回の利用をするだけで、どちらの年会費も次年度は無料になります。マイペイすリボは1回払の利用も自動的にリボ払いにするサービスなので、リボ手数料を支払いたくない人にとってはハードルが高い条件かもしれません。しかし設定した最低支払金額を超えた利用だけがリボ払いとなるので、最低支払金額をカード利用枠の上限までに設定すると実質的に手数料なしの1回払として利用が可能です。

三井住友カードを年会費無料で利用するのであれば、同じ条件で年会費が無料になる、海外旅行傷害保険の補償が充実した三井住友カード Aを選択するとお得です。

その他の違いと三井住友カード Aがおすすめの人

国内旅行傷害保険は三井住友カード Aだけに利用付帯されていますが、死亡後遺障害2,000万円だけで入院や通院費用の補償はありません。
そのため三井住友カード Aは海外旅行が多い人におすすめできる一般カードです。年会費は多少高くなりますが年会費無料のサービスを利用するのであれば、三井住友カードよりもお得です。

海外旅行傷害保険の補償金額は、死亡後遺障害以外の補償が他社カードの補償額と合算されて支払われます。三井住友カード Aを年会費無料で利用すれば、他社の年会費無料カードでさらに補償金額を充実させることも可能です。

また、すでに三井住友カード以外で海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持っている場合でも、三井住友カード Aを作ることで補償金額が充実します。
いずれの場合でも海外旅行傷害保険の補償金額をより充実させるために、三井住友カード Aを活用できます。

まとめ

三井住友カードと三井住友カード Aの違いについてはおわかりいただけたでしょうか。

年間250円の違いだけで海外旅行傷害保険の補償金額が充実できるのは、海外旅行が多い人にとっては大きなメリットです。

しかも年会費も無料にすることができるのでさらにお得です。クレジットカードを海外旅行で使うために作るという人は三井住友カードよりも三井住友カード Aを優先して検討してみましょう。

人気 三井住友カード

年会費 初年度:無料(web入会のみ)
2年目以降:1,250円+税(条件により無料)
ポイント還元率 0.5%~1.0
国際ブランド off off off on on
電子マネー 1,250円+税(条件により無料)
発行スピード 最短3営業日

キャンペーン情報

  • 新規入会&Vpassスマホアプリログインでもれなくご利用金額の20%還元!(最大12,000円)
    抽選で合計15,000本、お買物金額と同額(上限10万円)相当のVポイントをプレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム