ANA VISAゴールドはiDと楽天Edyどっちがお得?高還元率の実現法

「ANA VISAワイドゴールドの電子マネーは?」「楽天EdyとiDはどっちがお得?」

ANA VISAワイドゴールドカードはiD、楽天Edy、PiTaPaの電子マネーの利用が可能です。

各電子マネーによって特徴が違うため、どれを利用するか迷っている利用者も少なくないでしょう。

ANA VISAワイドゴールドの電子マネーはiD・楽天Edyともに高還元率の実現が可能、上手に活用すれば超お得にマイルを獲得できます

今回はANA VISAワイドゴールドの電子マネー「iD」と「楽天Edy」の基本情報や使用方法、利用するメリットを解説し、どちらがよりお得かを検証していきましょう。

ANA VISAワイドゴールドをもっと便利にお得に活用したい方は必見です!

ANA VISAワイドゴールドの電子マネー「iD」の基本情報

iDはdocomoと三井住友カードが提携して運営している電子マネーの名称です。

後払い方式(ポストペイ)の電子マネーで、チャージせずに支払いが可能。

利用した分だけ後日引き落とされるシステムになっています。

ANA VISAワイドゴールドのiDは電子マネーじゃが、使用する側はクレジットカードに近い感覚かもしれんのぅ。

ANA VISAワイドゴールド「iD」の使用方法

ANA VISAワイドゴールドでは、ドコモのおサイフケータイでiDを使用できます。

おサイフケータイがない場合は、ANA VISAワイドゴールド自体にカード一体型のiDが標準装備されているのでそちらを利用しましょう。

クレジットカードが使えないお店でもiDに対応していればチャージ不要で支払えるのでとても便利です。

ANA VISAワイドゴールド「iD」のメリット

ANA VISAワイドゴールドのiDは年会費・利用手数料が無料で、iDの利用分でもマイルが貯まります。

iDの利用分はクレジットカードの利用分として引き落とされるので、通常のクレジット決済と同じくクレジット会社のポイントも加算

ANA VISAワイドゴールドの標準マイル還元率は1%ですが、VISAブランドであればマイペイすリボの利用と年間決済額に応じて最大1.48%まで還元率を高められます

このマイル還元率はiD利用分にも適用されるので、iDの利用でも1.48%の高還元率が実現可能です。

ANA VISAワイドゴールドの電子マネー「楽天Edy」の基本情報

楽天Edyは楽天Edy株式会社が運営する前払い式(プリペイド)の電子マネー。

iDと違いプリペイドなので事前にチャージが必要です。

ANA VISAワイドゴールドの電子マネーはiDは後払い、楽天Edyは前払いと覚えておくのじゃ

ANA VISAワイドゴールド「楽天Edy」の使用方法

楽天EdyもiDと同じく、ドコモのおサイフケータイで使用できます。

おサイフケータイを持っていない人はANA VISAワイドゴールドに同じく標準装備のクレジットカード一体型の楽天Edyを利用しましょう。

iDと楽天Edyの2つの電子マネーは、大手ファストフードチェーンなど利用できるシーンも多いです。

ANA VISAワイドゴールド「楽天Edy」のメリット

ANA VISAワイドゴールドの楽天Edyも年会費・利用手数料は無料

楽天Edyは200円の利用ごとに1マイルがもらえて、マイル還元率にすると0.5%です。

しかし、月額300円(税別)の「ANAモバイルプラス」サービスに登録すると200円あたり3マイル、還元率1.5%になります

楽天EdyはANA VISAワイドゴールド含むクレジットカードでチャージが可能ですが、楽天Edyへのチャージ分はクレジット会社のポイント進呈対象外

ANA VISAワイドゴールドでの楽天Edyへのチャージではマイルは貯められせん。

マイルが貯まるのはチャージした楽天Edyで支払いをした場合のみ

ANA VISAワイドゴールドはiDと楽天Edyどっちがお得?

ANA VISAワイドゴールド「iD」と「楽天Edy」の還元率の比較は下記の通りです。

電子マネー マイル還元率 備考
iD 1〜1.48% クレジット決済と同じマイル還元率。マイペイすリボの併用で還元率UP。
楽天Edy 0.5%〜1.5% 月額300円のANAモバイルプラス登録で還元率UP。

還元率アップの方法を何も使わなかった場合、iDは還元率1%、楽天Edyは0.5%で倍の差があります。

楽天Edyは還元率1.5%までアップできますが、月額300円、年間にすると3,600円(税別)かけないとiDの最大還元率よりも高い還元率は実現できません。

以上を踏まえて、基本的にiDを利用した方がマイルをよりお得に貯めやすいです。

ANA VISAワイドゴールド「PiTaPa」は低還元率

ANA VISAワイドゴールドではPiTaPaカードも発行できますが、PiTaPaはチャージ不要で利用できるのが関西圏に限られてしまうなど利用方法が特殊です。

基本のマイル還元率は0.02%とかなり低いので、マイルを貯める意味でのメインの選択肢はiD、楽天Edyの2つになるでしょう。

ANA VISAワイドゴールドは楽天EdyよりiDの方が高還元率を実現しやすい

ANA VISAワイドゴールドの電子マネーは、後払いならiD、前払いなら楽天Edyとライフスタイルに合わせて選択できます。

お得にマイルを獲得したいなら、iDの方が高還元率を実現しやすいです。

    ANA VISAワイドゴールド「iD」の特徴

  1. 年会費・利用手数料が無料
  2. マイペイすリボの併用で還元率最大1.48%
  3. マイル還元率はiD利用分にも適用
    ANA VISAワイドゴールド「楽天Edy」の特徴

  1. 年会費・利用手数料が無料
  2. 月額300円のサービス登録で還元率1.5%
  3. マイル獲得は楽天Edyでの支払い時のみ

電子マネーで高還元率を実現して、ANA VISAワイドゴールドカードを便利にお得に活用しましょう。

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム