アイフルとクレジットカードどちらを利用するべき?最短で融資を受けるコツ

アイフルとクレジットカードどちらを利用するべき?最短で融資を受けるコツ

アイフルとクレジットカードで即日融資しやすいのはどっち?」
「アイフルを利用してるとクレジットカードの審査は不利になる?

本記事は、アイフルとクレジットカードに関する疑問について解説します。

すぐに借入をしたい方や、クレジットカードのキャッシング枠とアイフルどちらが良いのか迷っている方は必見です!

即日キャッシングはクレジットカードよりアイフルが有利

アイフルとクレジットカードの違い

  • アイフルは最短即日で融資が受けられる
  • 限度額・金利・返済方法もアイフルの方が充実
アイフル クレジットカード
融資までの期間 最短即日 即日〜1週間程度
限度額 最大800万円 平均50〜300万円
金利 3.0~18.0% 平均15.0~18.0%
返済方法 ● 銀行振込
● 口座振替
● アイフル店舗
● ATM
● マルチメディア端末
口座振替が基本

アイフルは最短だと当日中に融資が受けられる

クレジットカードとアイフルの大きな違いは、融資を受けるまでの速さです。

最近は即日キャッシングできるクレジットカードも増えてきましたが、実際は店舗や契約機でカードを発行しなければなりません。

そのため、近くに店舗や契約機がない方は、遠方まで出向く必要があるのです。

アイフルならローンカードがなくてもスマホアプリとセブン銀行ATMで借入できます

また、銀行の営業時間内であれば、アイフルへ振込予約するだけで借入が可能です。

限度額・金利・返済方法もアイフルの方が充実している

アイフルは融資のスピードだけでなく、限度額、金利、返済方法も充実しています。

クレジットカードの返済方法は基本的に口座振替ですが、アイフルなら自分に合った最適な方法を選べるのも魅力です。

限度額や金利面を比較しても、アイフルの方が対応できる幅は広いと言えます。

アイフルのクレジットカードは現在停止中

アイフルでは、過去に「アイフルマスターカード」を発行していました。

そのため「アイフルを利用するから、アイフルのクレジットカードを作りたい」と考えていた方も一定数いたのではないでしょうか。

しかし、残念ながらアイフルマスターカードは現在停止中となっています。

アイフルグループの「ライフカード」は利用可能

アイフルマスターカードはなくなってしまったものの、アイフルと同グループの「ライフカード」は健在です。

ただし、アイフルと同じグループだからといって、キャッシングしやすいなどのサービスは特にないので注意して下さい。

アイフルの借入によってクレジットカードの審査が不利になるケースもある

アイフルの利用者かつクレジットカードの審査に落ちやすい人は、主に「長期延滞した過去がある人」「借入額が大きい人」です。

アイフルから借入している全ての方がクレジットカードの審査で不利になるわけではありません

3ヶ月以上の延滞をした過去がある

アイフルの借入の返済を3ヶ月以上延滞した方は、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。

なぜなら、3ヶ月以上の延滞は金融事故として扱われ、信用情報に傷がついてしまうからです。

個人の信用情報はカードローンはもちろん、クレジットカードの審査でも利用され、最長5年ほど記録されます

また、3ヶ月以内の延滞であっても、不定期に延滞を繰り返していた方も審査時に悪い評価を受けやすいです。

アイフルの借入を何度も延滞した過去がある方は、期間を空けてからクレジットカードの審査に申し込んだ方が良いでしょう。

アイフルから多額の借入をしている

アイフルからの借入額が大きい場合、以下のような観点から返済能力を疑われて審査が厳しくなります。

● 多額の借入→お金に困っている
● 収入と借入のバランスが悪いのではないか
● 返済能力が十分にないのではないか

また、貸金業法では「年収の1/3以上の貸付をしてはいけない」決まり(総量規制)がある点にも注意が必要です。

クレジットカードの審査に通りたい方は、あらかじめアイフルの借入残高を減らしてから申し込むようにしましょう。

アイフルを解約したらクレジットカードの審査に有利?

アイフルを解約してからクレジットカードの審査に申し込むと、有利になるケースがあります。

借金を完済した実績ができる

クレジットカードの審査にアイフルの解約が有利になる大きな理由は、借金を完済した実績ができるからです。

借金を完済した実績とアイフルを解約した事実は、信用情報に5年間記録されます。

以下で2名の申し込み者を例に見てみましょう。

● Aさん:30歳男性/借金をした過去はない
● Bさん:1年前にアイフルの借金を完済して解約済み

上記2名を比較した際、クレジットカードの審査に有利なのはBさんになります。

アイフルの借金を完済し、現在解約している場合は「計画的に借金を返済できる」と判断される可能性が高いです。

アイフルを解約する際の注意点

アイフルを解約した場合、再度利用したい時に再審査を行わなければなりません

今後も利用する可能性がある方は借金を完済しても解約せずに、クレジットカードの審査に申し込みましょう。

総量規制の影響がなくなる

アイフルでの利用限度額は、借金をしていない状態でも信用情報に記載されています

年収にもよりますが、他社での利用限度額と合わせると総量規制に引っかかってしまうかもしれません。

クレジットカードの審査に通りやすくするには、「借金を減らす」「契約しているローンやクレジットカードの件数を減らす」のが大切です。

アイフルのおまとめローンはクレジットカードにも対応している

アイフルは複数社の借入をまとめて返済できる「おまとめローン」が利用できます。

他社おまとめローンの対象は、消費者金融や銀行のカードローンのみが多い中、アイフルはクレジットカードのリボ払いにも対応しているのが特徴です。

アイフルのおまとめローン商品名

おまとめMAX かりかえMAX
対象者 アイフルを利用している方 過去にアイフルを利用していた方 はじめてアイフルを利用する方

アイフルのおまとめローンを使って複数の借入をまとめると、以下のようなメリットが得られます。

● 金利が下がり利息額が減る
● 複数の返済日を1ヶ月1回にまとめられる

カードローンやクレジットカードの借金が膨らんでしまった方は、おまとめローンを活用して完済を目指してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンは返済専用のサービス

おまとめローンは返済専用のサービスなので、追加の借入ができなくなります

おまとめローンを申し込んだ後、途中で通常のカードローンに切り替えも可能です。

しかし、金利が上がってしまう可能性もあるので、慎重に選択してください。

アイフルのおまとめローンは「まずは借金を完済したい」と目的を持っている方に最適なサービスと言えるでしょう。

即日融資ならアイフル!クレジットカードの審査に与える影響も忘れずに

  • 即日融資はクレジットカードよりアイフルが有利
  • アイフルの借入額はクレジットカードの審査結果に関わる
  • アイフルのおまとめローンはクレジットカードのリボ払いにも対応

「今日中に借入したい!」と急ぎの融資を希望する方は、最短30分で審査を完了できるアイフルがおすすめです。

アイフルを含むカードローンやクレジットカードでは、それぞれの借入額や返済実績が密接に関係しています

申し込みの手続きを行なう際は、事前に下調べをして損をしないように行動しましょう。

人気 アイフル

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
利用限度額 最大800万円
郵送物一切なし!
カードレスだからスマホひとつで簡単操作!
  • 24時間365日、いつでも申込み可能な最短30分審査、即日融資が可能なカードローン!
    更に最大30日間利息は0円!
  • 無担保・無保証人で借り入れOK。
  • 20~60代まであらゆる人におすすめ。

関連コラム