SMBCモビットの10秒審査で落ちた?本審査と思い準備を怠らず借入をしよう

SMBCモビットの10秒審査で落ちた?本審査と思い準備を怠らず借入をしよう
  • SMBCモビットの10秒簡易審査って何?
  • SMBCモビットの10秒簡易審査に落ちたらどうすればいい?

10秒簡易審査は他社の3秒審査とは異なり、審査落ちした場合はその記録が残るだけでなく、SMBCモビットの借入も難しくなります

そのため簡易審査とはいえ、審査を申し込む際は十分注意しなければいけません。

こちらの記事では、SMBCモビットの10秒簡易審査に関する詳細から利用時の注意点、そして審査に落ちた場合の対処法まで解説しています。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの10秒簡易審査とは

SMBCモビットモビットの10秒簡易審査とは、借入が可能かどうかを瞬時に審査してくれるサービスです。

特に、「その日のうちに借入をしたい」などとお考えの方には嬉しいサービスとなっています。

ただし、その他金融業者の一般的な簡易審査とはサービスの特徴が異なるので、利用の際は注意が必要です。

ここからは、10秒簡易審査の詳細について解説します。

10秒簡易審査の審査内容

10秒簡易審査ではスコアリングが行われています。

スコアリングとは、過去の膨大なデータをもとに、その人の返済能力を自動的に点数化する仕組みです。

スコアリングによって借入しても返済してくれる傾向にある属性と判断されれば、10秒簡易審査に通過できるでしょう。

また、SMBCモビットには10秒簡易審査の他に本審査がありますが、実質的に借入できるかどうかが決まるのはこの10秒簡易審査です。

本審査では申込情報に対して本人確認書類や収入証明書、勤務先などの情報が一致しているかを確認します。

そのため、申込情報に虚偽の申告などが特になければ、10秒簡易審査に通過すると本審査にも通過しやすいと考えられます。

10秒簡易審査と他社の3秒審査との違い

10秒簡易審査と3秒審査の違い
簡易審査種類 10秒簡易審査 3秒審査
審査の度合 実質的な審査 借入可能か推測するサービス
入力情報 申込に必要な情報 ・年齢
・年収
・他社借入情報
審査に落ちた時の意味 次回申し込んでも結果は変わらない 実際に申し込むと通る可能性あり

他社には3秒審査のサービスを行っているところがありますが、10秒簡易審査とは内容が異なるので注意がいります。

他社の3秒審査では年齢や年収、他社の借入状況を入力し、それらの簡単な情報をもとに借入できる可能性があるかを推測するサービス。

スコアリングなどの審査等は行われず、借入の可能性を機械が自動的に判断する仕組みです。

一方で、SMBCモビットの10秒簡易審査では本人の申込情報を入力する必要があり、スコアリングが行われます。

簡易審査とはいえ正式な審査とほとんど変わりません。

そのため10秒簡易審査の申し込んだ記録と審査結果は、その人の信用情報を共有する信用情報機関に登録される点に注意しておく必要があります。

また、10秒簡易審査はSMBCモビットの審査が正式に行われるため、審査に落とされれば改めて審査を申し込んでも結果は同じです。

簡易的な審査だからといって、誤った情報を入力して審査結果を試すのは避けましょう。

SMBCモビットには10秒簡易審査とは別にお借入診断がある

SMBCモビットには10秒簡易審査のほかに、お借入診断があります。

    お借入診断の入力内容

  • 生年月日
  • 税込年収
  • 現在の他社借入金額

お借入診断は借入を受ける適性があるかを診断するものです。

10秒簡易審査とは異なって入力情報がほとんど少ない上、スコアリングが行われず、診断の結果等は記録に残りません。

他社の3秒審査と同じような内容となっています。

10秒簡易審査は本審査と考えましょう。
借入可能か簡単チェックしたい場合はお借入診断の利用をおすすめします。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの10秒簡易審査の注意点

SMBCモビットの10秒簡易審査に申し込む際には、以下3点に注意しましょう。

  • 10秒簡易審査に落ちたら借入できない
  • 審査の結果が信用情報機関に登録される
  • 申し込み時は正確な情報を入力する

どれも先で軽く触れた注意点ですが、ここからはより深掘りして解説していきます。

SMBCモビットの10秒簡易審査に落ちたら借入できない

10秒簡易審査に落ちたら、基本的に借入できないと考えておく必要があります。

他社の3秒審査では、仮に借入が難しいと判断された場合でも申し込みは可能です。

しかし、SMBCモビットの10秒簡易審査は借入の申し込みとほとんど変わらないため、10秒簡易審査に落とされたら、その時点で借入は不可能となります。

そのため10秒簡易審査を利用する際は、虚偽の申告などで落とされないようにしましょう。

審査の結果が信用情報機関に登録される

審査の結果が信用情報機関に登録される点に注意が必要です。

信用情報機関とは、金融機関を利用している人のローンやクレジットカードにまつわる情報を記録している場所を言います。

申し込み件数や借入金額、借入先、返済状況などをはじめ、さまざまな信用情報が登録されています。

    SMBCモビットが加盟する信用情報機関

  • JICC(株式会社日本信用情報機関)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)

SMBCモビットの10秒簡易審査に落とされた場合、上記と同じ信用情報機関に加盟している他社サービスを申し込んだ時に少なからず影響します。

最悪の場合、10秒簡易審査結果に落とされると、他社のカードローンにも落とされてしまう可能性があります。

その点を十分理解した上で、10秒簡易審査に申し込むようにしましょう。

10秒簡易審査の申し込み時は正確な情報を入力する

10秒簡易審査に申し込む際は、正確な情報を入力しましょう。

上述したように、10秒簡易審査に落とされてしまえばSMBCモビットでの借入は難しい上に、審査落ちの情報が残ってしまいます。

仮に10秒簡易審査に通過した場合でも、虚偽の申告とわかれば本審査で落とされるでしょう。

そのため、簡易審査だからといって年収や勤務先情報、名前などを曖昧に記入してはいけません。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの10秒簡易審査の結果はメールで届く

SMBCモビットの10秒簡易審査の結果は基本的にメールで届きます。

    10秒簡易審査の結果が送られてこない原因例

  • 迷惑メールフォルダに入っている
  • メールが正しく受信できていない

審査結果が届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認するか、ドメイン設定で受信拒否に設定されていないか確認してみてください。

迷惑メールとして扱われていなければ受信拒否をしている可能性があるので、SMBCモビットに確認の連絡を入れるといいでしょう。

SMBCモビットのフリーコール
電話番号:0120-03-5000
営業時間:9:00~21:00

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの10秒簡易審査に落ちたときの対処法

ここまで、SMBCモビット10秒簡易審査の詳細や注意点について紹介してきましたが、実際に審査落ちした場合はどうすればいいのでしょうか?

SMBCモビットの10秒簡易審査に落ちた時の対処法には以下のものがあります。

  • 再申込は早くても半年後に行う
  • 他の大手消費者金融から借入する
  • 他社からの借入があるなら増額を検討する
  • 審査落ちの原因を考えて改善する

ここからは、それぞれの対処法について詳しく解説していきます。

再申込は早くても半年後に行う

再申込は早くても半年後に行いましょう。

審査に落とされた場合、その時は借入できないと判断されているので、その後すぐに申し込んでも基本的に結果は変わりません

通常、審査落ちの結果が信用情報機関に登録されている期間は半年程度とされています。

半年間は審査結果が変わらないと考えられるため、再度SMBCモビットに申し込むなら、審査落ちの半年後に行いましょう。

他の大手消費者金融から借入する

SMBCモビットの審査に落ちたら他の大手消費者金融の利用も検討しましょう。

各金融機関によって審査方法には違いがあるため、SMBCモビットの10秒簡易審査に落とされても、その他の消費者金融の審査に通過する可能性はあります。

以下は、各消費者金融が公開している平均審査通過率です。

消費者金融の平均審査通過率
消費者金融名 平均審査通過率
アイフル 40.9%
アコム 39.9%
プロミス 40.2%
SMBCモビット 非公開

SMBCモビットは非公開ですが、その他の消費者金融は40%前後でばらつきがあり、それぞれ審査方法が異なる根拠の一つと言えます。

SMBCモビットの10秒簡易審査に落ちた場合は、その他の消費者金融の利用も検討されてみてはいかがでしょうか。

ただし、短期間で複数の金融業者へ申し込みを行うと、申し込みブラックとなり、その後半年程度はどこからも借入ができない可能性があります。

他社に申し込む際は、最低でも1ヶ月の期間を空けるように心がけましょう。

他社からの借入があるなら増枠を検討する

すぐにお金を準備したい方のうち、他者からの借入があるなら借入額の増枠も検討しましょう。

たとえばSMBCモビットで10万円の借入を申し込むのと、他社から10万円増枠するのとでは、利用できる金額は同じです。

その場合、ムリしてSMBCモビットから10万円を利用する必要はありません。

さらに、うまくいけば増枠と併せて金利を下げてもらえる可能性もあります。

長期にわたって他社への支払いをきちんと行っていれば、仮にSMBCモビットの10秒簡易審査に落ちたとしても、増枠審査に通過する可能性はあるでしょう。

増枠にも審査に通らなければ利用できません。

審査落ちの原因を考えて改善する

10秒簡易審査に落ちた場合、審査落ちの原因を考えて改善を心がけましょう。

審査に落とされても半年後の再申込で審査に通過する可能性があるとはいえ、その半年間のうちに原因をつきとめて改善していた方がより審査に通過しやすくなります

たとえば、審査に落とされる原因には以下のものが考えられます。

  • 信用情報にキズがある
  • 収入が不安定
  • 複数社から多額の借り入れがある
  • 短期間で複数社に申し込んでいる
  • 申し込み情報に誤りがある

これらのうち、当てはまるものがあれば改善できるように努めましょう。

また、以下の記事ではSMBCモビットの審査落ちの原因について詳しく解説しています。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの10秒簡易審査は本審査と考え準備しよう

10秒簡易審査はスコアリングを利用した、正式な申し込みです。

他社の3秒審査とは異なり、審査結果などが信用情報機関に記録されます。

そのため簡易審査だからといって適当な情報を入力するのではなく、正しい情報で10秒簡易審査に申し込みましょう

また万が一、10秒簡易審査に落ちた場合は、他の消費者金融の利用他社の増額の検討などをおすすめします。

SMBCモビットの10秒簡易審査の正しい知識を身につけ、うまく借入を行いましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

関連コラム