アイフルの利用限度額が減額される!?減額を避けるための注意点と対処法

「アイフルの利用限度額が減額されることってある?」
「どういう条件で利用限度額は決まっているの?」
「月々の返済額を減額してほしい……」

アイフルのカードローンでは、行動次第で利用限度額が減額される場合もあるのが事実です。

この記事では、アイフルの減額基準や利用限度額が決まる仕組み、返済額を減額する方法などについて詳しく解説していきます。

アイフルの融資限度額が減額になる仕組み

一定期間ごとにアイフルは利用者の信用情報を確認して増額・減額を行なう

アイフル以外で融資を受けた場合でも、ローン審査に申し込んだ時点で申し込み情報は個人信用情報機関に登録されます

他社で多額の融資を受けたり、延滞をしたりしていると、アイフルから減額を受ける可能性が高いです。

消費者金融は総量規制に従って融資を行なっている

アイフルのような消費者金融は貸金業法の「総量規制」を遵守して融資をしています。

総量規制とは、簡単に言うと「融資していいのは年収の3分の1以内まで」と定められたルールです。

つまり、年収300万円の人は最大でも100万円までしか借入が不可能になります。

収入の減少に伴って利用限度額が減るのはこの仕組みが理由です。

「返済額の減額」はアイフルに相談すれば可能な場合もある

経済状況が苦しく、しばらく返済ができない状況になった時、月々の返済金額を減額したいと考える利用者の方もいるでしょう。

アイフルのフリーダイヤルで返済に困っている件を相談すれば、返済額をなるべく下げてもらう交渉が可能です。

根本的な解決にはなりませんが、当面の返済を利息分だけで済ませる手もあるでしょう。

まずはアイフルに毎月の返済額を減額できないか相談してみてください。

アイフルで減額される原因(1)転職・独立などで年収が変化した

年収が以前に比べて減った場合、それに伴って利用限度額が減額になる可能性があります。

しかし、減額を恐れて収入の変化をアイフルに隠すのはおすすめできません

アイフルの規約では、年収や住所に変更があった際のアカウント情報更新が必要です。

無職、または無収入となった場合は利用限度額以前に融資自体が難しくなるので、注意しておきましょう。

アイフルで減額される原因(2)アイフルの返済状況が良くない

長期の延滞や複数社での延滞が発生すると、ローンの利用状況を記録している「信用情報」に傷が付いてしまいます。

信用情報は「個人信用情報機関」に登録され、多くの金融機関に共有される重要なデータです。

返済を複数回、または長期延滞をすると「返済状況に問題がある」と判断されやすくなり、借入限度額を減額される原因になります。

短期の延滞ならアイフルに連絡すれば減額されない可能性がある

返済が遅れるのが数日~10日程度であれば、一般的な返済延滞として扱われる可能性もあります。

この場合、延滞をする前にアイフルに相談しておけば、信用情報に延滞者として登録される可能性を下げられるかもしれません。

しかし、2ヶ月以上の延滞をしてしまうと、長期延滞とみなされ確実に信用情報に傷が付きます。これが俗にいう「ブラックリスト入り」の状態です。

ブラックリストとして登録されてしまうと、アイフルどころかそれ以外のローンでも5年間融資を受けられなくなります。

一般的に、カードローンは、「信用」を元にして融資を受けるシステムです。

アイフルで何度も減額を受ける行動をすれば、最終的に融資を受けられず強制的に退会処分になる可能性があります。

アイフルで減額を受けないコツ

適度な借入と返済を心掛け、延滞による減額を受けないようにする

減額を受けづらくするには、誰から見ても無理のない範囲の借入に留めるのが大切です。

  • 借入希望額を低く設定する
  • 審査前にアイフルで返済シミュレーションを受ける
  • 他社の借り入れがある場合は完済を優先する

年収にもよりますが、初めての借り入れで50万円以上の融資は難しいです。

そのため、無難に融資を受けたい場合は高くても20万円以内で借入希望額を調整するようにしましょう。

信用情報には完済の情報も記載されるため、一度借入を完済すると今後の審査が有利になる可能性があります。

安易に増額審査を申し込むと逆に減額されるおそれもある

アイフルは年収だけでなく、返済の実績も含めて増額審査を行います。

確実に増額を受けられる自信がない限りは申し込まないのが得策でしょう。

また、経済的に苦しいと判断されやすいので、契約後すぐに増額審査を申し込むのも避けた方が無難です。

ちなみに、限度額内での追加融資であれば再審査もなく受けられます。返済に困らない範囲で利用してくださいね。

利用状況が良ければアイフルから減額はされない!計画的な利用を心掛けるのが肝心

  • アイフルで減額を受ける主な原因は「年収の減少」「返済の長期滞納」
  • 必要以上の借り入れを増やさず、堅実に返済すると良い
  • アイフルの返済を怠ると他社の借入にも影響が出る

返済が難しいのではないかとアイフル側に判断されると、減額が発生しやすくなります。

減額を避けるためには、無理な借入を避けて返済日を守り続けるのが最も効果的です。

返済が滞るとアイフルからの新規借入ができなくなる他、今後5年間他社での審査にも影響が出てしまうので注意しましょう。

また、仕事をやめるなど無収入になった場合も借り入れが不可能になってしまいます。

アイフルが利用限度額を決定する基準を理解して、いつでも必要な金額を借りられる立ち回りを心掛けてくださいね。

人気 アイフル

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
利用限度額 最大800万円
郵送物一切なし!
カードレスだからスマホひとつで簡単操作!
  • 24時間365日、いつでも申込み可能な最短30分審査、即日融資が可能なカードローン!
    更に最大30日間利息は0円!
  • 無担保・無保証人で借り入れOK。
  • 20~60代まであらゆる人におすすめ。

関連コラム