レイクALSAの金利(利息)は高い?「返済額を減らす方法」3つを紹介!

「利息を節約する方法はないの?」
「どの返済方法を利用しても総支払額は一緒?」
「お得な返済方法はないの?」

レイクALSAを利用する上で気になるのはやはり返済額ですよね。

利息がかかる分、借入期間が長いほど返済額も大きくなってしまいます。

実は、返済方法によっては利息を節約できるんです!

本記事では、レイクALSAの利息を節約しお得に返済する方法をわかりやすく解説しています。

>>レイクALSAお申込みはこちら<<

レイクALSAの返済額を減らす方法(1)利息を節約する

レイクALSA

WEB申込なら24時間365日受付カードレス可能!
実質年率4.5%~18.0%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

レイクALSAの返済額をできるだけ抑える方法は利息を安くして節約することです。

レイクALSAの返済の仕組みは、月々の返済額はまず利息の消化に充てられ、そこで余るとその分が元金(契約限度額)の消化に充てらます。

つまり利息を安くすればするほど元金(契約限度額)が早く減り、返済を早めることが可能です。

レイクALSAの利息を安くするためのポイント

「返済期間をできるだけ短くする」

レイクALSAの利息を安くする方法は、「一括返済」と「繰り上げ返済」の2通り。

レイクALSAの利息は日割り計算なので、返済までの期間が長くなるほど毎日利息が増えていきます。

つまり、返済までの期間を短くすればするほど利息は安くなるのです。

一括返済
「増額返済」とも言い換えられます。まとまった金額を一度に返済する方法で、全額返済も可能。
繰り上げ返済
返済日よりも早めに返済する方法。「繰り上げ返済」で返済日よりも早めに返済すればその分だけ利息を安くできます。

「一括返済」が難しい方には「繰り上げ返済」がおすすめです。

レイクALSAの返済額を減らす方法(2)返済にかかる手数料を節約する

レイクALSAの返済方法で、提携ATMと銀行振込みを選ぶと、手数料がかかる点に注意が必要です。

この手数料、一見数百円と少額に見えますが、返済を繰り返していけばそれなりの額になります。

提携ATMで1年間返済した場合
毎月の返済額
手数料
10,000円 1,320円
(手数料110円×12ヵ月)
20,000円 2,640円
(手数料220円×12ヵ月)

これだけのお金があれば、外食も楽しめますよね。このように、レイクALSAの返済にかかる手数料をなくすだけでも返済額を節約できるのです。

この場合、手数料無料のWEB返済(インターネットバンキング)、新生銀行カードローンATM、自動引落しのいずれかから返済方法を選択しましょう。

レイクALSAの返済額を減らす方法(3)新規申し込みの場合はお得な「無利息キャンペーン」を利用する

30日間利息ゼロ 自動契約機(無人機)と電話からの新規申し込み限定
60日間利息ゼロ WEBからの新規申し込み限定
180日間利息ゼロ 新規申し込みで5万円までの借入が対象

レイクALSAでは、新規申し込み者向けの「無利息キャンペーン」が提供されています。

この「無利息キャンペーン」は「返済シミュレーション」にも適用できるため、事前に返済額を知る時にも役立つでしょう。

「無利息キャンペーン」は30日間、60日間、180日間の3通り用意されています。

30日間は自動契約機(無人機)と電話申し込みのみ、60日間はWEB申し込みのみ、180日間は5万円までの借入が対象となっている点にご注意下さい。

>>レイクALSAお申込みはこちら<<

コツを知ってレイクALSAを賢く返済

レイクALSAの返済額を節約する方法は手数料無料の返済方法を選ぶだけではありません。

より具体的な利息を安くする方法と、賢く返済するコツについても紹介します。

返済期間を短縮して利息を安くする

繰り上げ返済のように返済日よりも早めに返済するとその分利息が節約できることはお伝えしました。

返済の仕組みは、まず返済額は利息に充てられ、残った分が元金に充てられます。利息が少なければ少ないほど、元金が早く返済できるのです。

レイクALSAは返済日の14日前から返済可能です。

しかし、15日前だと前月の追加分となるため、この点にはくれぐれもご注意下さい。

無駄なく利息を安くするには1~13日の間に借りて返済日を16~28日の間で設定するのがおすすめです。

もし借入日から13日以内に返済日を設定してしまうと、初回返済日は翌月になってしまいます。

そうすると利息が発生する期間が出てきてしまうため、非常にもったいないです。

必ずその月の中で借入日と返済日が14日間の間隔で収まるように設定してください。

計算の仕方は借入日に15を足すだけ。これで最も利息が安くなる返済日が設定できます。

1日に借りたら返済日を16日に設定して14日前にあたる2日に早めに返済。

13日に借りたら返済日を28日に設定して14日に早めに返済する。借りた翌日に返済するということになりますが、これでほぼ利息は発生せず極限まで節約することが可能です。

2月(28日またはうるう年なら29日まで)をまたがない場合は、30日までに返済日を設定しておくのもいいでしょう。

31日にするとミスが起こりやすいので、30日までにしておくのがおすすめです。

レイクALSAの返済額を減らす方法:まとめ

  • 「繰り上げ返済」と「一括返済」で利息を安くする
  • 「繰り上げ返済」の場合は、1~13日の間に借りて、返済日を16~28日の間で設定する
  • 手数料を節約するため、返済方法はWEB返済(インターネットバンキング)、新生銀行カードローンATM、自動引落しから選択する
  • 新規申し込みの場合は「無利息キャンペーン」を活用する

上記4つが返済額をできるだけ減らすポイントです。

カードローンは手軽に借りられる分、借金をしているという感覚が薄くなってしまうかもしれませんが、返済が遅れるほど利息は増えていきます。

利用する場合は、くれぐれも返済計画をしっかりと立てた上で活用してください。

レイクALSA

WEB申込なら24時間365日受付カードレス可能!
実質年率4.5%~18.0%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

関連コラム