アコムは専業主婦も利用できる?申込条件や借入可能なカードローンを紹介!

最終更新日:

ちょっとした借入に便利なアコムですが、専業主婦でも利用できるか気になりますよね。

結論からいうと、自分自身に収入があれば主婦(主夫)もアコムへの申込が可能です

ただ、自分自身の収入がまったくない主婦(主夫)の方は、アコムをはじめとする消費者金融を利用できません

本記事ではアコムのカードローンの申込条件や、収入のない専業主婦でも借りられるカードローンについて解説。

アコムの利用を検討している方、必見です!

専業主婦はアコムで借入ができるのか

アコムのカードローン
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
資金使途 自由
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月
1回~100回
担保・連帯保証人 不要

アコムの貸付条件は「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方」です。

雇用形態は問わないため、主婦(主夫)でもアルバイトやパートなどで収入があればアコムで借入ができます

しかし自身の収入がない場合は、アコムの貸付条件を満たさないため融資は受けられません。

収入のない専業主婦がアコムに申し込めない理由

アコムをはじめとする消費者金融には、貸金業法が適用されています。

この貸金業法には総量規制の項目があり、アコムなど消費者金融で借入できるのは「他社を含めて年収の3分の1まで」と決まっています。

たとえば申込者が年収300万円の場合、「他社も含めて100万円まで」が借入金額の上限です。

年収は世帯収入ではなく、申込者自身の収入で判断される

総量規制の「年収」とは、世帯収入ではなく申込者自身の収入となります。

配偶者に収入があっても自身の収入がなければ借入できる金額は0円となりアコムの審査を通過できません。

勤務先を偽っても審査通過は困難

仮に以前の勤務先などを書いて申し込んだとしても、審査の最終段階では在籍確認があります。

在籍確認では、アコムの担当者が申込書に記載された勤務先へ直接電話をかけるため、勤務先を偽っても審査の通過は難しいでしょう。

専業主婦でも自身に安定した収入があればアコムの利用は可能

逆に、主婦(主夫)でも自身に収入があればアコムで借入ができます

アコムの場合雇用形態に関わらず申込ができるため、アルバイトやパート、派遣社員、契約社員など正社員以外でも審査の通過は可能です。

またフリーランスや自営業者も申込ができます。

フリーランスや自営業者の場合、希望額が少なくても収入証明書の提出を求められるケースがあるため、あらかじめ確定申告書などを準備しておくといいでしょう。

収入のない専業主婦も利用できるカードローンは?

配偶者貸付を採用しているカードローン

総量規制の例外となる「配偶者貸付」を採用しているカードローンであれば、本人に収入がなくても配偶者の収入と合算して申込ができます。

しかしアコムをはじめとする大手消費者金融は配偶者貸付を行っていません。

一部の中小消費者金融は配偶者貸付を行っていますが、配偶者の同意書が必要だったり、即日融資ができなかったりと手間も時間もかかります。

配偶者貸付を利用するより、はじめから配偶者名義で借りてもらう方が無難です。

銀行カードローン

専業主婦で自身の収入がない場合、銀行カードローンを利用する方法があります。

銀行カードローンとは、銀行や信用金庫といった金融機関が提供するカードローンです。

▼銀行カードローンの特徴

  • 銀行や信用金庫といった金融機関が提供している
  • アコムのような消費者金融カードローン同様、利用目的は自由で担保・保証人不要、限度額の範囲で自由に借入・返済を繰り返せる
  • 消費者金融カードローンとは違い、即日融資には対応しておらず申込から融資までに1週間程度かかるケースもある
  • 消費者金融カードローンより金利は低い傾向

一部の銀行カードローンには専業主婦が申し込めるものもあります。

自分の名義で申込をすれば、配偶者の勤務先に連絡は入りません。

しかし銀行カードローンを利用すると自宅に郵便物が届くため、配偶者に内緒で借りても後々知られる可能性は高いでしょう。

家庭内での問題を避けるためにも、銀行カードローンを検討する際はあらかじめ配偶者に相談しておきましょう。

ここからは専業主婦が申し込める3つの銀行カードローンを簡単に紹介するので、参考にしてみてください。

セブン銀行カードローン
貸付対象者 セブン銀行の口座を持っている方
契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
一定の審査基準を満たし、指定の保証会社(アコム)の保証を受けられる方
外国籍の方は永住者であること
資金使途 自由※事業性資金以外
限度額 10万円・30万円・50万円・70万円・100万円
(新規申込は50万円が上限)
金利(実質年率) 限度額50万円まで:15.0%
限度額70万円以上:14.0%
遅延損害金(年率) 不要
返済方式 元加方式
担保・連帯保証人 不要

参考元:セブン銀行/ローンサービス商品概要

セブン銀行カードローンは、セブン銀行の口座がある方なら即日の借入も可能です。

利用限度額は新規申込なら最大50万円、金利は限度額50万円までなら15.0%となります。

借入や返済の際は、セブン銀行のATMを手数料無料で使えます。

イオン銀行カードローン
貸付対象者 日本国内に居住している方、外国籍の方は永住許可を受けている方
契約時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
本人に安定かつ継続した収入の見込める方(※専業主婦も申込可)
指定の保証会社(イオンクレジットサービスまたはオリックス・クレジット)の保証を受けられる方
資金使途 自由※事業性資金以外
限度額 10万円~800万円
金利(実質年率) 3.8%~13.8%
遅延損害金(年率) 14.5%
返済方式 残高スライド方式
担保・連帯保証人 不要

参考元:イオン銀行/カードローン商品概要

イオン銀行カードローンは、イオン銀行に口座を開設しなくても利用できます。

ただイオン銀行に口座があると、振込融資(インターネットで振込依頼をすれば口座に直接入金してくれる)を利用できるため便利です。

ある程度の期間、カードローンを利用する予定なら口座を開設しておくといいでしょう。

借入や返済の際は、イオン銀行ATMや提携コンビニATM(イーネット、ローソン銀行)を手数料無料で利用可能です。

ジャパンネット銀行カードローン
貸付対象者 申込時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
仕事をしていて、安定した収入のある方(※配偶者に安定した収入があれば申込可)
ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている方
一定の審査基準を満たし、指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられる方
資金使途 自由※事業資金以外
限度額 1,000万円まで
金利(実質年率) 1.59%~18.0%
遅延損害金(年率) かかる(具体的な利率は記載なし)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
担保・連帯保証人 不要

参考元:ジャパンネット銀行/カードローン商品要項

ジャパンネット銀行カードローンは、はじめての借入から30日間は利息が0円となる無利息特約が魅力です。

金利には幅がありますが、専業主婦の方は18.0%を適用されるケースが多いでしょう。

借入や返済は、ジャパンネット銀行の口座への振込・引き落としで行います。

アコムは専業主婦も利用できる?申込条件や借入可能なカードローンを解説:まとめ

専業主婦の方は、アコムのカードローンを利用できません。

ただ、アルバイトやパートなどで自身に収入があれば、主婦(主夫)の方も借入は可能です。

自身に収入のない専業主婦の方は、イオン銀行やセブン銀行、ジャパンネット銀行など一部の銀行カードローンを利用できます。

しかし銀行カードローンを利用すると自宅に郵便物が届くため、配偶者に内緒で借りても後々知られる可能性は高いでしょう。

家庭内でのトラブルを避けるためにも、申込の前に一度、配偶者への相談をおすすめします。

人気 アコム

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
借入限度額 最大800万円
来店不要!ネットで契約から借入まで可能
  • 最短30分で審査回答! 即日振込! 初めての方は30日間金利0円!
  • バイト・パート申込OK! 安定した収入があれば誰でも運転免許証のみで申込み可能!※専業主婦は除く
  • 無担保・無保証人で申込! 限度額50万円以下なら原則収入証明書の必要なし!

関連コラム