アコムはアルバイト(パート)も在籍確認や審査アリ!バレずに利用するコツ

最終更新日:

アコムは安定した収入がある20歳以上の方であれば、アルバイトやパートの方でも利用できます。

アルバイトやパートでもアコムの審査に無事通るのか気になりますが、審査中の電話による在籍確認で勤務先にアコムの利用がバレるのは避けたいですよね。

本記事ではアルバイト・パートの方がアコムの審査を通過するポイントや、勤務先の記入の仕方、在籍確認のコツなどを解説。

勤務先への在籍確認の対処法を知りたい方、必見です!

アルバイト・パートでもアコムでの借り入れ可能

アコムのカードローンは「20歳以上で安定した収入がある方」であれば申し込めます。

アコムでは雇用形態の指定はないため、アルバイト・パートや派遣社員など正社員以外の方も利用可能です。

アコムでは年齢・年収・他社の借入状況を重視

アコムの審査基準は公表されていません。

ただ一般的に、消費者金融の審査では年齢、年収、他社の借入状況が重視される傾向です。

年齢が20歳以上で自身に収入があり、「他社借入がない」もしくは「年収に対して他社借入額が少ない」場合、審査に通る可能性は高くなります。

アコム利用者の4人に1人は年収200万円以下

2018年の調査によると、アコムのカードローンを利用している方の年収による内訳は以下の通り。

  • 年収200万円超~500万円以下…65.2%
  • 年収200万円以下…25.3%

年収200万円以下の利用者が2番目に大きな割合を占めています。

このようにアコム利用者の4人に1人は年収200万円以下のため、年収が平均より少なくても審査を通過できる可能性があります。

アコムでは収入に応じて限度額が調整されるため、無理のない範囲での利用が可能です。

20歳以上なら学生もアコムを利用できる

アコムでは学生の方も、20歳以上でアルバイトなどでの収入あれば申込は可能です。

在籍確認でアルバイト・パート先にアコムの利用をバレないようにするコツ

アコムの在籍確認では担当者が勤務先へ電話をしますが会社名ではなく個人名を名乗ります

例)「○○(個人名)と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」

申込者自身が電話に出るか、別の人が出て「現在、□□は席を外しております」など申込者の不在をアコム側が確認できれば在籍確認は完了。

こうした在籍確認の電話は、カードローンだけでなくクレジットカードの申込でもたまにあるため、社内の人には以下のような対応をすると気づかれにくいでしょう。

  • 「クレジットカードに申し込んだので、カード会社から連絡があるかもしれない」と伝えておく
  • 電話の内容を確認されたら「申込をしたクレジットカード会社からの電話です」と言う

アコムの申込から借入までの流れ

アコムはインターネットでの申し込みが可能。スマホだけで申し込みから契約完了までの手続きが済ませられます。

▼インターネット申込の流れ

  1. 申込:スマホやPCからインターネット申込
  2. 書類提出:メールがきたら、スマホやPCで写真をアップロード
  3. 審査:最短30分。ここで在籍確認もある
  4. 契約:メールがきたら、内容に同意すれば契約完了
  5. 借入:振込融資かATMでキャッシング

カードの受取方法

自宅に届けてほしい人は郵送を、むじんくんまで取りに行きたい人は来店を選んでください。

電磁交付に同意すると、自宅に契約書・明細書を郵送されずに済む

アコムの利用を知られたくない方は、申込の際に「電磁交付」の項目に同意しておくのがおすすめです。

契約書や明細書をWeb上で確認できるようになり、自宅に書類が郵送されずに済みます。

アルバイト・パートの勤務先・年収の記入方法

アルバイト・パートの方も、申込書への勤務先・年収の記入方法は正社員と同様です。

▼勤務先・年収の記入方法

  • 勤務先:自分の部署につながる電話番号を記入
  • 年収:総支給額を記入

※アルバイト・パートを掛け持ちしている場合や派遣社員の方は手順が異なる場合もあります。

アルバイト・パートを掛け持ちしている場合、もっとも収入の多い勤務先を記入する

アルバイト・パートを掛け持ちしている方は、一般的にもっとも収入の多い勤務先を申込書へ記入します。

年収欄にすべての収入の合計金額を記入する欄があれば、そこに合算した年収を記入しましょう。

年収を合算する場合、すべての勤務先の収入証明書(源泉徴収票や給与明細書などから1点)が必要になる可能性もあるため、申込前に用意しておくと安心です。

派遣社員なら派遣元を記入する

派遣社員の方は、通っている勤務先ではなく派遣元(派遣会社)を記入するのが一般的です。

派遣社員の所属は勤務先ではなく、派遣会社であるためです。

派遣会社の規模が大きかったり、派遣社員の情報には一切答えないと決まっている場合、アコムの担当者が派遣会社へ電話をしても在籍確認がとれずに審査落ちとなる可能性もあります。

事前にアコムへ相談しておけば別の方法で在籍確認をしてくれるケースもあるため、申込前に派遣会社の規則などを確認しておくといいでしょう。

アルバイト・パートの方がアコムの審査を通過するポイント

アルバイト・パートの方がアコムの審査を通過するポイントを確認していきましょう。

希望額を少なめにする

アコムでは貸金業法の総量規制により「他社を含めて年収の3分の1まで」が借入上限となります。

年収120万円なら、他社を含めて40万円が借入の上限です。

一般的に、この上限より希望額を少なめにして申請すると審査に通りやすくなる傾向にあります

2カ月以上連続して給料をもらってから申込をする

アコムは毎月安定した収入があるかを審査で重視します。

安定した収入とは一般的に毎月1回以上の収入が2カ月以上連続していることを指します。

勤続年数が短いと必ず審査に落ちるわけではありませんが、できれば2カ月連続して給料を受け取ってから申込をするといいでしょう。

他社の借入総額・借入件数が少ない

アコムでは他社の借入状況も審査で重要なポイントとなるため、借入が多いよりも少ない方が審査を通過する可能性は高いでしょう。

総量規制で「他社を含めて年収の3分の1まで」しか借入ができないのはもちろんですが、一般的に「他社の借入件数が4件以上」になると審査には不利といわれているため注意してください。

過去5年以内に長期延滞や債務整理がない

過去に長期延滞や債務整理をしていると最低5年は個人信用情報機関に事故情報が保存されます。

過去5年以内に3カ月以上の延滞や、任意整理などしている場合は審査で不利になるでしょう。

特に未払いがあると審査は厳しくなります。

アコムが加盟している個人信用情報機関

アコムが加盟している個人信用情報機関はCICとJICC。

登録されている個人信用情報はそれぞれ1000円ほどで開示請求ができます。

勤続年数が長いと有利

アコムをはじめとするローンの審査では、勤続年数が長いほど有利になります。

アルバイト・パートの方も勤続年数が長いほど信用があると見なされます。

学校を卒業して間もない方は、勤続年数が短くても問題のないケースがほとんどです

働いている期間が短い場合も最低1回は給料を受け取ってから申込をするといいでしょう。

年齢が60歳未満だと有利

ローンの審査では、一般的に60歳以降は審査のスコアリングで加点が少なくなります。

アコムの場合、貸付対象となる年齢は20歳以上で上限がないため60歳以上の方も申込自体は可能。

ですが60歳以上の方は、60歳未満の方より低めの限度額となる可能性が高いでしょう。

家賃負担がないと有利

ローンの審査では、月々の家賃負担額は住宅ローンの月々の返済額と同じような扱いになります

「親の持ち家で同居している」「賃貸だけど自分は家賃を負担していない」

このように月々の家賃負担がない人は、その分自分で使えるお金が多いと見なされ家賃負担のある人より審査で有利になる傾向にあります。

まとめ:アコムではアルバイト・パートの方も収入に応じて融資をしてくれる

アコムではアルバイト・パートの方もカードローンの申込ができます

アコムの審査基準は公表されていませんが、消費者金融の審査では一般的に年齢、年収、他社の借入状況を重視する傾向です。

年齢が20歳以上で自身に収入があり、「他社借入がない」「年収に対して借入額が少ない」場合、審査に通る可能性は高いと考えられます。

年収が少ないから貸してもらえるか不安な方も、アコムは収入に合わせて無理のない範囲で融資をしてくれるため、試しに申込をしてみるのもいいでしょう。

人気 アコム

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
借入限度額 最大800万円
来店不要!ネットで契約から借入まで可能
  • 最短30分で審査回答! 即日振込! 初めての方は30日間金利0円!
  • バイト・パート申込OK! 安定した収入があれば誰でも運転免許証のみで申込み可能!※専業主婦は除く
  • 無担保・無保証人で申込! 限度額50万円以下なら原則収入証明書の必要なし!

関連コラム