プロミスの即日融資を成功させる方法って?即日融資の注意点を解説!

  • 急にまとまったお金が必要になったが家族や友人に相談しづらい
  • プロミスの即日融資を利用したいが手続きや注意点が分からない

短期間でまとまったお金が必要になり困っていませんか?

家族や友人に相談しようにも、金銭トラブルに発展するかもしれず相談しにくいかもしれません。

プロミスでは即日融資のサービスを提供しており、スムーズに手続きが済めば最短1時間で借入が可能です。

プロミスで即日融資をするには以下の点に気を付けてください。

  • 午前中に申込みを済ませる
  • 提出書類を事前に作成しておく
  • 在籍確認の対策を講じる
  • 必要最低限の希望額を設定する

プロミスで即日融資を受けるなら申し込みは20時まで

プロミスは夜遅くにでも申し込みができる方法がありますが、審査をする時間は限られています。

カードローン会社には審査実施時間が設けられており、プロミスの場合は9時から21時です。

ですが、プロミスの審査にかかる時間は最短30分、申し込みから借入までは最短1時間となっています。

あくまで最短の時間なのでもっと時間がかかる可能性はありますが、即日融資をしてもらうには遅くとも20時までには申し込みましょう

もし審査中に21時を回ってしまうと審査結果を送られるのが翌営業日以降になります。

プロミスの即日融資を受けるにはWEB申込がおすすめ

    おすすめの申し込み方法

  • WEB申込
  • 自動契約機

プロミスの申し込み方法はいくつかありますが、一部の方法では即日融資を見込めない場合があります。

郵送すると書類の往復で時間を要し、店頭窓口では営業時間の短さから即日にキャッシングできない可能性があるためです。

    プロミスの即時融資を受ける申し込み方法の選び方

  • 短時間でやり取りができるか
  • 受付時間が長いかどうか

プロミスで即日融資をしてもらうには上記の条件に当てはまる申し込み方法を選択するのがよく、それがWEB申込と自動契約機です。

中でも上記条件に1番適しているのがWEBからの申し込み

申し込みの意思や書類の提出にかかる時間が短く、24時間365日いつでも申し込みの受付をしているからです。

WEB申込の流れ

    WEB申込の即日融資手順

  1. プロミス公式サイト
  2. 「24時間いつでもOK!新規お申し込み」を選択
  3. 必要情報の入力
  4. 「ご契約方法」を「WEB契約」に選択
  5. 全項目の入力終わり次第プロミスコール
  6. 即日融資を希望しており、急いでいる旨を伝える
  7. プロミスに送られるメールから必要書類の提出
  8. 審査・結果の受信
  9. インターネット上で契約
  10. 指定した口座に振り込み
  11. 即日融資完了

WEBの申し込みフォームに必要事項を入力し終えたらプロミスに電話をかけましょう

WEB申込をしてもプロミスの状況次第で対応が遅れるかもしれません。

そのため申し込みが済んだらプロミスに直接連絡を入れ、即日融資を希望している旨を伝えると優先的に対応してもらいやすいです。

プロミスコール
フリーダイヤル:0120-24-0365
女性専用ダイヤル:0120-86-2634

瞬フリを利用する

プロミスには最短10秒で振込をしてもらえるサービス、「瞬フリ」があります。

瞬フリは、三井住友銀行やみずほ銀行などの全国の約200ある金融機関の口座を登録しておけば、24時間いつでも最短10秒で振込をしてくれるサービス。

瞬フリではすぐに振込をしてくれるので、審査にさえ通ってしまえば自身のタイミングで借入ができるようになります。

ただし22時までに指定の口座を登録しておくようにしましょう。

もし夜中などに借入したくても登録されていなければ即日融資が実現できないからです。

24時間時間振込可能な主な金融機関例
三井住友銀行 三菱UFJ銀行
みずほ銀行 ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行 その他銀行

参考:金融機関別振込実施時間検索|プロミス

プロミス公式アプリの「アプリローン」も可能

実はWEB申込の他に、プロミスの公式アプリからも新規申し込みが可能です。

スマホさえあれば24時間いつでも必要な時にカードレスでお金を借りられます。

また三井住友VISAプリペイドカードのチャージやクーポンが使えたりなどサービスが充実。

基本的な申し込み手順は変わらないので、スマホからの申し込みも検討してもいいでしょう。

自動契約機

    自動契約機での即日融資手順

  1. プロミスの公式サイト
  2. 必要な情報を入力
  3. 契約方法を「来店」に選択
  4. 審査
  5. 必要書類の準備
  6. 自動契約機にて書類の提出・ローンカード発行
  7. ATMでキャッシング
  8. 即日融資の完了

自動契約機は9時から22時まで開いており、土日祝も申し込みができます

ただし冒頭でもお伝えしたように、プロミスの審査回答時間は21時までである点に注意しましょう。

自動契約機の受付時間は22時なので閉まるギリギリの時間に申し込みに行っても審査結果は翌営業日以降にしか確認できません

プロミスの即日融資を受けるなら20時までに申し込みをしてください。

また、自動契約機を利用する際は少し工夫が必要です。

プロミスに申し込んでから自動契約機に行くまでに時間がかかるかもしれませんので、申し込みをしたらすぐに自動契約機に移動するなどするといいでしょう。

三井住友銀行のローン契約機でもカードの発行が可能

プロミスのローンカードを発行する際、三井住友銀行のATMでも可能です。

もしプロミスの自動契約機がなかったり、店頭窓口に足を運ぶのに抵抗があったりする場合は、三井住友銀行のATMがおすすめ。

銀行のATMなら利用目的が銀行取引だと思われやすいので、プロミスを利用しているのは気づかれにくい特徴があります。

プロミスの自動契約機と三井住友銀行のローン契約機の営業時間
契約記名(金融機関名) 営業時間
自動契約機(プロミス) 9:00~22:00
(一部店舗は21時まで)
ローン契約機(三井住友銀行) 9:00~21:00
(契約機により営業時間、休日が異なります)

ただし、プロミスの自動契約機よりも三井住友銀行のATMの方が営業時間が短いです。

即日融資を目的としているなら20時までに行けばいい点は変わりませんが、実際に取引する際はプロミス自動契約機の方が遅くまで開いているのを頭に入れておきましょう。

プロミスの即日融資は土日でも可能

銀行カードローンは土日の審査に対応していない所が多いですが、プロミスでは土日祝の審査が可能です。

土日祝であろうと審査をする時間は21時までなので、平日と同じ感覚で即日融資を進められる特徴があります。

土日に融資を受ける際は在籍確認に注意

プロミスに申し込むと本人確認のために電話がかかってきます。

本人確認は記入した情報が正しいかどうかを確かめる作業で、審査の一環として実施されるのが一般的です。

電話は勤めている会社にかかってきます。

この電話に出なければ本人確認や会社に在籍しているか確認ができなくなるため審査落ちとなり即日融資は受けられません

もし自身の勤めている会社が土日」休みの場合は、プロミスに申し込んだ後で在籍確認の電話に対応できない旨とその理由を伝えるようにしましょう。

プロミスでは電話以外での在籍確認の方法を提示してくれる可能性があるので、指示にし従うようにしてください。

プロミスの即日融資を受けられない人の特徴

信用情報にキズがある

信用情報にキズがある人はプロミスの即日融資に申し込んでも審査に通りにくいでしょう。

信用情報とはクレジットやローンなどを利用した際に残る個人情報の一つです。

プロミスはこの信用情報を参考にして審査を進めるのですが、過去に返済の滞納などをしていれば信用情報にキズがあるとして審査が通りにくくなります。

つまり「この人にお金を貸しても返済してくれないかもしれない」とプロミスが身構え審査に通してくれない可能性が高いです。

現在他社で借入している人やこれから借入しようとしている人は自身の信用情報にキズをつけないよう、滞りなく返済するようにしましょう。

すでに年収の1/3以上借りている

プロミスは貸金業法に基づいて融資を行っており、年収の1/3以上の融資はしてくれません

そのためプロミスに即日融資を申し込んだ際、年収の1/3を超えて申請をしても、申請額以下の融資審査落ちになってしまうでしょう。

また、この規定はその人の年収に対して設けられる限度です。他社で借入している場合、プロミスで借入しようとするとより少ない金額しか申請できません。

限度いっぱいいっぱいに申し込みをしても、本当に返済をしてくれるのかと懐疑的な目で見られるかもしれず、即日融資ができない可能性があるでしょう。

プロミスで即日融資をするには、必要最低限の金額で申請するのがおすすめです。

在籍確認ができない

プロミスでは在籍確認ができない人には審査を通してくれず、即日融資もしてくれません。

したがって在籍確認に応じない場合は必然的に審査落ちです。

基本的に在籍確認は電話で行われ、会社にかかってきます。

プロミスの担当者に何時ごろに電話を掛けたらいいのかを伝えたり、会社の人に自分が席を立っていればその旨を伝えるように言っておくなど対策をとっておきましょう。

審査受付時間内に申し込みをしない

プロミスの審査受付時間内に審査が通過しなければ即日融資を受けられません。

プロミスには24時間いつでも申し込みができる方法があるものの、審査は人の手で行われるため対応してくれるのは21時までと限られています。

申し込みから借入まで最短1時間なので遅くとも20時までには申し込みをし始めるようにしましょう。

プロミスの即日融資を成功させるポイント

プロミスの即日融資を成功させるには、早め早めの行動が大事です。

  • 午前中に申込みを済ませる
  • 提出書類を事前に作成するしておく
  • 本人確認の電話対策を打つ
  • 必要最低限の希望額を設定する

午前中に申込みを済ませる

プロミスの即日融資を成功させるには申し込みを午前中のうちに済ませておきましょう。

プロミスの申し込みにかかる時間
審査 最短30分
申し込みから借入まで 最短1時間

プロミスで即日融資をしてもらえるまでにかかる時間は早くても1時間です。

しかし提出した書類に不備が見つかったり混んでたりして審査に時間がかかる可能性もあります

必ずしも最短の時間で即日融資ができるとも限らないので、遅くなるのを見越して余裕をもって行動するといいでしょう。

より確実性を上げるためにも、申し込みは午前中に済ませておくと不測の事態にも対応しやすいため即日融資の可能性も上がります。

提出書類を事前に作成するしておく

プロミスに提出する書類をあらかじめ作成しておくとタイムロスをなくせるので即日融資を成功させやすいです。

提出書類の不備が原因で再度書類を揃え直さないといけなくなり、時間がかかる場合があります。

書類によってはその日のうちに準備できないかもしれません。

申し込みをしてから提出書類の作成をし始めていては時間がかかり当日のうちに用意できない可能性があるので、必要書類はあらかじめ準備しておきましょう。

本人確認の電話に出る

プロミスでは、そもそも申し込みが嘘でないかを確認するために、在籍確認と別で本人確認を行います。

本人確認も電話で行われますが、この電話に出なければ審査が開始されません

もし電話番号の指定電話をかけてほしい時間がある場合は、事前に伝えておけば融通を効かせてくれます。

確実に出られるように準備しておきましょう。

本人確認の電話対策も、プロミスで即日振込を行う際に重要なポイントになります。

本人確認の電話とは在籍確認の電話や、他にもネットから申し込みをした際に、プロミスから電話がかかってくることがあります。

この電話に対応を怠ると、本人確認や在籍確認が出来なかったことになるため、きちんとプロミスからの電話対策もしておきましょう。

他のカードローンの場合、名前だけ確認して終わり、ということも多いのですが、プロミスの本人確認は結構深く突っ込まれることが多く、時間がかかると言われています。

本人確認の電話では、下記のようなことを尋ねられます。

必要最低限の希望額を設定する

希望融資額を少なめに設定すると即日融資の可能性が上がります。

プロミスは返済利息で利益を得る企業なので、そもそも返済されなければ確実に赤字になり困ってしまいます

だから返済能力があるかどうか、つまりちゃんと返済できるかどうかを重視しているのです。

したがって希望額が少額であればあるほど、滞納のリスクが小さくなるので審査に通りやすくなります。

即日融資を受けたいなら希望額を少なめに設定するのがおすすめです。

まとめ

    プロミスの即日融資で気を付ける点

  • 申し込みは20時までにしておく
  • WEB申込を選択する
  • 提出書類は早めに作成しておく
  • 希望額は出来るだけ少なめに設定する

大事なのは早め早めの行動とプロミスに審査をスムーズに行ってもらうようにする点

これらの注意点に気を付けてプロミスの即日融資を実現してください。

関連コラム