プロミスは何日前から返済可能?返済期日の仕組みと利息の軽減方法を解説

プロミスは何日前から返済可能?返済期日の仕組みと利息の軽減方法を解説

「プロミスの初回支払日や、毎月の支払い期日が分からない」
「プロミスの支払い日より前に支払いしても問題ない?何日前から返済できるの?」

このような疑問を抱えている人は多いです。

結論から言いますと、プロミスの支払いは期限内であればいつ支払いしても問題ありません。

しかし、支払い日を早くする場合は支払い金額に対する利息の割合が変わる可能性があるため、注意が必要です。

今回は、プロミスの返済日と入金が出来る期日や、利息を軽減する返済方法について紹介します。

プロミスの初回返済日はいつ?

プロミスでは、初回の返済日が初回の借入日と選んだ返済日によって変わり、返済期日は5日、15日、25日、末日のいずれかから選択できます。

次回の返済期日は、借入時または返済時に交付する利用明細書に記載されるため、確認しておきましょう。

返済期日 借入日 初回の返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の返済期日
20日~末日 借入日の翌々月の返済期日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の返済期日
10日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の返済期日
15日~末日 借入日の翌月の返済期日

プロミスの口フリでの返済可能日は口座によって制限がある

プロミスの返済方法の一つ、口フリ(口座振替)で「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」以外の金融機関を利用する場合、引き落とし日が「5日」しか選択できません

なお、プロミスの返済日が土日祝日の場合は翌営業日に支払い日がずれます

例えば返済日が5日で、5日が土曜日の場合は7日(月曜日)に引き落としが発生するので覚えておきましょう。

プロミスの返済方法

インターネット返済 口フリ(口座振替) お客様サービスプラザ(店頭窓口) プロミスATM コンビニ(マルチメディア端末) 提携ATM 銀行振込
Webで手続きが出来る
土日返済可能
来店不要
手数料0円
24時間365日返済可能
返済計画を相談したい
プロミスの返済日は変更可能

プロミスでは契約時に返済日を選択しますが、この返済日は契約後でも変更可能です。

給料日の変更などがあった場合は、毎月の支払いをしやすい日に期日を変更するようにしましょう。

プロミスは返済月内ならいつでも返済可能!ただし返済日より後だと延滞扱いになる

プロミスでは、返済日と同じ月内であれば、何日前に返済しても問題ありません。

例えば、返済日が10月31日だった場合でも10月1日に返済が出来ます。

10月1日に返済した場合、10月31日の支払いがそれで終わるため、次回の返済日は11月30日です。

しかし、25日支払いで26日以降に支払うなど、1日でも後になると延滞として扱われてしまいます。

あくまで、同月の支払い日までに支払いを完了させるのが重要です。

支払い日が何日だったか忘れそうな人は、月末支払いに設定しておくと細かい返済日を気にする必要がなくなります。

返済期日よりも早くプロミスに返済すると、次回は利息が多くかかる

返済期日よりも早くプロミスに返済すると、次の返済期日は翌月になります。

金利の計算は前回入金した日の翌日から計算されるため、次回11月30日に返済する場合は10月2日~11月30日までの2ヵ月分の利息の支払いをする必要があります。

最低返済額だけで返済していると、次回分の支払いで元金に充てられる金額が普段の返済よりも少なくなるため、注意しておきましょう。

余裕がある時に多めに返済すると利息の軽減につながる

利息は借り入れている元金から算出されるため、余裕がある時に多めに支払いをしておくと、結果的に利息の軽減に繋がります。

返済日よりも早く返す余裕のある時は、繰り上げ返済も視野に入れておくのがおすすめです。

プロミスで30万円、金利17.8%で借入しているケース

● 毎月の最低返済額:11,000円
● 支払利息:4,389円(300,000円×17.8%×30日÷365日=4,389円)
● 支払元金:6,611円(11,000円-4.389円=6,611円)
● 支払い後元金:293,389円(300,000円-6,611円=293,389円)

プロミスで最低返済額のみの支払いをすると、次回元金部分が大きく減らず利息が多くかかります

しかし、例えば毎月2,000円でも多く支払いをすると次回以降の利息が変わります。

繰り上げ返済の有無による利息の違い(30万円を金利17.8%で借入している場合)

最低返済額11,000円のみの返済 11,000円+2,000円の返済
支払い利息合計 87,289円 69,954
支払い回数 36回 29回

月2,000円多く支払いをするだけで、支払い利息合計が17,335円削減され、支払い回数も36回から29回へ減りました。

利息が減った分、返済金額から元金に充当できる分が増え、完済までの期間も短くなっています。

ただし、支払い金額を増やすのは余裕がある場合のみにしましょう。無理な返済をして更に借入を増やしては意味がありません。

まずはしっかりとした返済計画を立てて、その通りに返済していくのが大切です。

まとめ

  • プロミスは支払い月内であれば先払いで返済可能
  • 先払いで返済した場合、次回支払いは利息の割合が多くなる
  • 最低返済額よりも少しでも多めに返済すると支払う利息を減らせる

プロミスでは、返済日より何日早くても同月内なら支払いが可能です。

しかし、次回の支払い日まで間が開くと利息の割合が大きくなるため、最低返済額だけを支払っている場合は注意が必要です。

また、余裕がある時は少しでも多く支払いすることで、利息の負担軽減が可能です。

借入時に支払い計画をしっかり立て、計画通りに完済を目指しましょう。

人気 プロミス

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利用限度額 最大800万円
郵送物なし!WEB完結なら電話連絡なし!
バレずにお金を借りたい方へオススメ
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物無し!内緒でお金借りるならコチラ!
  • 10秒で簡易審査結果表示!ご融資可能かすぐわかる!
  • 来店不要、スマホ・WEBで申込完結!免許証又は健康保険証で申込可能!

関連コラム