プロミスの残高を確認する方法は?残高を減らして計画的に借入・返済をする

プロミスの残高を確認する方法は?残高を減らして計画的に借入・返済をする
  • プロミスの利用残高を確認する方法を知りたい
  • 残高不足で追加の借入ができない
  • 残高を効率的に減らしたい

プロミスはATMやコンビニ窓口、オンラインなどでも手軽に利用でき、仕事が忙しく日中の時間が確保できない方にとっても心強い味方になってくれます。

しかし残高が原因で起きる問題もあり、対処法に困る方もいるでしょう。

カードローンの利用には計画的な返済が欠かせませんが、現在の利用状況を把握しておくためにもこまめに残高確認を行なっておきたいもの。

今回の記事では、プロミスの残高を確認する方法はもちろん、計画的に借入残高を減らす方法も含めて詳しく解説していきます。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの残高とは

一般的に残高と聞くと、預金残高のようなものを連想する方もいるかもしれません。

しかし、プロミスをはじめとしたカードローン契約においては、同じ残高といった言葉でも意味するものが異なります。

プロミスにおける残高とは借りている金額です。

クレジットカードで使う残高はあといくら借りられるのかを表す言葉です。一口に残高と言っても意味が異なるので気をつけましょう。

また、プロミスとの契約においてもう一つ注意しておきたいのが利用限度額との違いです。

利用限度額とはその名の通り、借りられる金額の合計を表す言葉。

残高と利用限度額の関係を分かりやすく説明すると、以下の通りです。

100万円の融資枠で現在20万円借りている場合
残高   :20万円
利用限度額:100万円

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの残高を確認する方法

  • Web(またはスマホアプリ)
  • ATM
  • ATM
  • プロミスコール(電話)

プロミスでの残高を確認する方法は上記の4つです。

プロミスインターネット会員サービスまたはスマホアプリでは、いつでも残高確認が可能で手軽である一方、ログイン用のアカウント管理が必要になります。

プロミスATMの場合は、現地まで足を運ぶ必要がありますが、担当者とのコミュニケーションが不要です。

専用窓口であるお客様サービスプラザは、設置数が限られていて対面でのコミュニケーションがいりますが、残高確認のついでに返済プランの相談もできます。

電話での窓口であるプロミスコールは、いつでも残高の確認ができて手軽ですが、電話口での本人確認が求められるでしょう。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの残高が原因で借入ができない理由

プロミスのATMなどで追加の借入をしようとしたとき、何らかの理由で借入ができないケースがあります。どのような事例が考えられるのでしょうか。

残高が利用限度額に達している

翌月の返済日まで繰り返し追加の借入をすると、気付いたときには借入残高が利用限度額まで達しているケースがあるでしょう。

プロミスでは毎月の返済状況や借入状況によって都度審査が行われており、限度額のアップが提案されたり、反対に引き下げられたりします

先月までは限度額に達するまで余裕があったのに、今月に入ってから限度額が引き下げられてしまい、追加で借入ができなくなる事態も起こり得るでしょう。

返済が遅れてしまう

所定の返済日までに入金が遅れると、返済遅延のため利用が制限され、追加で借入ができなくなる場合があります。

返済日の直前に入金したら、返済方法や振込のタイミングによっては、翌営業日扱いとなってしまうケースもあるため事前の確認は必須です。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの残高を計画的に減らす方法

毎月所定の返済額を支払っているにも関わらず、なかなか借入残高が減らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ここからは着実に計画的な返済をしていくためのコツを紹介します。

返済のタイミングで残高を確認する

もっとも基本的かつ有効なのは、返済のタイミングで借入残高を都度確認する方法です。

毎月一定の金額を返済に充てている方も多いと思いますが、元金の返済に充てられている金額と、利息としていくら支払っているのかを正確に把握している方は少ないのではないでしょうか。

返済額には利息も含まれているため、返済した分だけ元金が減るわけではありません

金銭的に余裕のある月は、返済すべき最低の金額よりも多めに入金しておくと返済が早まります。

ATMやネットバンキングなど、返済方法にかかわらず借入残高の金額が確認可能です。

この金額をメモとして残しておき、前月と比較することによって返済の進捗も見えやすくなります。

プロミスに返済プランの相談をする

借入残高があまりにも多く残高を減らす方法が分からない方は、プロミスコールまたはお客様サービスプラザの窓口で相談しましょう。

担当者とのコミュニケーションに不安を覚える方もいるかもしれませんが、親身になって話を聞いてくれます

計画的な返済プランを考えるには有効な手段だと言えるでしょう。

プロミスの残高を確認して借入・返済をスムーズにしよう

残高確認や借入、返済など、プロミスはユーザーにとって利便性の高いサービスを心がけています。

計画的な返済プランを考えた上での借入や継続的な支払いができるよう、まずはあらためて契約内容の確認から始めてはいかがでしょうか。

>>プロミスの公式サイトはこちら

関連コラム