プロミスのインターネット返済って?時間とお金を節約して返済をしよう

プロミスのインターネット返済って?時間とお金を節約して返済をしよう

プロミスをはじめとしたカードローンのサービスは、専用ATMや窓口以外にも、さまざまな方法で利用できます。

特に需要が大きいのが、店舗やATMに足を運ぶ必要がなく返済手数料を支払わなくてよいインターネットによる取引です。

しかし、中には以下のようなことに困っていたり、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

  • インターネットでの返済のやり方が分からない
  • ATMや窓口での返済に比べて本当に便利なのか分からず、利用を躊躇している

今回の記事では、インターネット返済の概要や取引の流れ、他の返済方法と比較した場合のメリット・デメリットについても詳しく解説します。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスのインターネット返済とは

インターネット返済とは、金融機関のネットバンキングを通じて口座からプロミスへ振り込む方法です。

プロミスインターネット会員サービスまたは専用のスマホアプリからログインし、返済以外にもさまざま取引に利用できます。

    プロミスの返済方法

  • 提携ATM
  • プロミスATM
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 口座振込

プロミスの返済方法にはいくつかありますが、これらは店舗に足を運ぶ必要があったり営業時間も限られているなどの制約があります。

インターネット返済はこれらの制約を受けず、いつでもどこでも非対面で利用可能です。

ちなみに、インターネット返済と並んで利便性が高い口フリ(口座振替)といった、あらかじめ指定した銀行口座から毎月自動的に引き落とされる方法もあります。

インターネット返済はネットバンキングから金額を随時指定して返済できるため、口フリと比較しても自由度の高い返済方法といえるでしょう。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスのインターネット返済のメリット

プロミスのインターネット返済を利用する場合、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。代表的なポイントを整理してみました。

    インターネット返済のメリット

  • 窓口やATMへの来店が不要
  • 手数料が無料
  • 24時間365日返済可能
  • 全国約1100の金融機関で利用可能

インターネット返済はWeb上で返済手続きが完結するため、お客様サービスプラザ(店頭窓口)やATM、コンビニなどに来店する必要がありません。

移動する手間がなくなるメリットはもちろんですが、出入りしている姿を家族や知人に見られる心配がないのも大きなポイントです。

また、プロミスの窓口やATMは営業時間が限られているため、時間を作って出向く必要がありますが、インターネット返済ならスマホやPCがあれば時間や場所を問わず返済ができる点も評価が高いと言えるでしょう。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスのインターネット返済のデメリット

さまざまなメリットがあるプロミスのインターネット返済ですが、反対にデメリットとして考えられることはないのでしょうか。

    インターネット返済のデメリット

  • 返済日をうっかり忘れてしまう可能性がある
  • 事前にネットバンキングの登録が必要
  • 一部の曜日、時間帯にシステムメンテナンスが実施される

インターネット返済の最大のデメリットは、ネットバンキングに登録していない方は手続きが面倒である点です。

口座をもっている金融機関に対して、ネットバンキングの利用開始手続きをとる必要があり、実際にインターネット返済が利用できるまでに時間を要してしまいます。

また、毎月決まった日に自動的に引き落としがされる口フリ(口座振替)とは異なり、自分からプロミスインターネット会員サービスにアクセスして返済手続きをしなければならないため、返済をうっかり忘れてしまうかもしれません。

ただし、プロミスではこのようなリスクを想定し返済日お知らせメールのサービスも提供しています。

これを活用すれば、たとえば給料日にプロミスへの返済をメールで知らせてくれるので、うっかりミスを未然に防止できるでしょう。

インターネット返済は原則的に24時間受付を行っているものの、以下の通り例外的にシステムメンテナンスの時間帯があります。

    インターネット返済のメンテナンス日

  • 毎週日曜日23:00~月曜日7:00
  • 毎月第3日曜日0:00~6:00、および前日土曜日の23:00~24:00
  • 各金融機関メンテナンス日

返済を先延ばしにしてギリギリのスケジュールになると、最悪の場合メンテナンスの時間帯と重なり、返済が遅延する可能性もあります。

仕事の都合や給料日のタイミングなどで返済日程が先延ばしになったりするかもしれませんが、前もってスケジュールを確認しておくのが重要です。

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスのインターネット返済の手順

プロミスでインターネット返済を実行する場合、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。今回はできるだけ具体的にインターネット返済の方法を解説します。

会員サービスにログイン

プロミスインターネット会員サービスにログインします。

プロミスカードに記載されているカード番号と4桁の暗証番号、またはWeb-IDとパスワードでもログインが可能です。

ログインできれば会員ページ内にあるインターネット返済のお手続きをクリックしましょう。

返済する金額を入力

返済する金額を入力してください。プロミスでは残高スライド元利定額返済方式を採用しており、借入残高に合わせて最低返済金額が設定されています

たとえば借入残高が10万円の場合、1ヶ月あたりの最低返済金額は4,000円です。

また、インターネット返済は100円単位での金額設定ができます。

Pay-easy支払い時の番号が発行

プロミスのインターネット返済ではPay-easyの決済サービスによって支払いが行われます。

返済金額が決定すると、Pay-easyの番号が発行されるため控えておきましょう。

自身の金融機関を選択

ネットバンキングに登録している口座の金融機関を選択します。

対応している金融機関は全国で約1100ありますが、自身の金融機関が対応しているか事前に確認しておきましょう。

参考:ご利用可能金融機関検索(インターネット返済)|プロミス

ネットバンキングにログイン

金融機関を選択したら、ネットバンキングにログインしましょう。

ログインIDおよびパスワードは、ネットバンキングの利用登録時に自身で設定したアカウント情報になります。

Pay-easy支払いを選択

金融機関によっても異なりますが、Pay-easy支払いの項目をクリックします。

項目が出てこず、直接払込手続の画面に遷移する場合もありますが、払込手続を完了して問題ありません。

返済完了

払込手続が完了すると、金融機関によってはメールで通知が届くケースもあります。

もしメールが届かない場合は、ネットバンキングから取引履歴を選択し、返済金額の振込が完了しているかどうかを確認してください。

ちなみに、インターネット返済を利用した場合、金融機関の取引履歴にはPEトランスファーネットまたはPAY-EASYと表示されますが、Pay-easyの決済サービスを採用しているためです。

振込先はプロミスであり、返済は完了しているので心配はいりません

>>プロミスの公式サイトはこちら

プロミスのインターネット返済で手軽に返済を進めよう

プロミスのインターネット返済は手数料がかからず、誰でも手軽に利用できるため最適な返済方法といえます。

ネットバンキングの手続きをしてしまえば足を運んだり手数料を支払ったりする手間がなくなり時間とお金の節約が可能です。

ぜひこの機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

>>プロミスの公式サイトはこちら

関連コラム