プロミスの審査に落ちる人の特徴とは?審査クリアの可能性を高めるコツ

プロミスの審査に落ちる人の特徴とは?審査クリアの可能性を高めるコツ

大手消費者金融のプロミスでは、それなりに厳しい借入審査が行われます。その成約率は、およそ40~46%程度。

※2020年7月時点の情報(参照:プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスの月次データ

とはいっても、貸し倒れや借り逃げのリスクがないかを確認するための審査なので、必要以上に厳しいわけでもありません。

事前に審査に落ちる要因を知っておけば、不利な評価をされる可能性が低くなります

プロミスの審査に落ちないか不安でためらっている方や、既にプロミスの審査で落ちてしまった方は、この記事を参考にして対策を立てましょう。

プロミスの審査に落ちるのは収入がないから

プロミスが融資の対象にしているのは「安定した収入がある20~69歳」です。

収入のない無職、専業主婦の方は100%審査に落ちてしまうので注意しましょう。

逆に言えば、金額が少なくても毎月安定した収入を得ていれば、プロミスで借入の審査を受けられます。

スコアリング(点数化)の審査によって借入限度額が決まる

カードローンの借入限度額を審査する基準に、個人の属性に対する「スコアリング(点数化)」があります。

申込者の年収、職業、勤続年数などを評価して、融資限度額の指標にするシステムです。

スコアリングの結果が高ければ高いほど返済能力が高いと判断されるため、多額の借入をしやすくなります。

プロミスでのスコアリング基準は明示されていませんが、一般的にスコアリングの対象になるのは以下のような要素です。

    スコアリングの対象要素

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 業種・職業
  • 居住形態
  • 家族構成

これらの要素を見て借り逃げや延滞のリスクを評価し、リスクが低いほど多くの金額を借りられる仕組みです。

引っ越しがしづらい、自分の自由になるお金が多い、毎月決まった額の収入がある、などの要素はプラスに評価されます。

なお、このスコアリングは融資額の大小を決めるための材料なので、合否にはさほど影響しません。

しかし、「非正規雇用」「収入が低い」「賃貸に住んでいる」「勤続年数が短い」などマイナスの要素が多く重なると、審査に落ちる可能性が高くなります

プロミスの審査に落ちる原因は、審査の段階によって違う

プロミスの審査には、一次審査と二次審査が存在します。

審査方法や注意すべきポイントが異なるので、事前にそれぞれの違いを把握しておきましょう。

一次審査で落ちる要因

プロミスの一次審査では、申し込み内容や信用情報が合格基準に達しているかどうかをコンピューターで数値化(スコアリング)して確認します。

この段階での審査は自動的に行われるため、申し込み時点での借り入れ状況を示す「信用情報」や、年収、勤続年数などの「属性情報」が重要です。

    プロミスの審査の可否を分けるポイント

  • 属性情報……年齢、職業、年収、勤続年数など
  • 生活状況……家族構成、住宅ローンの有無など
  • 信用情報……クレジット関係・ローンの契約状況、借入残高、債務整理歴の有無など

これらを総合して審査した結果、利用者の返済能力に合わせた借入額がプロミスから提示されます。

    信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの契約情報、残高
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などが信用情報を照会した記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

延滞を続ける、自己破産をするなどの問題が発生すると、問題解決後から最大5年間(自己破産は10年間)信用情報にその旨が記録されます。

これが「信用情報に傷がついた」「ブラックリスト入り」と言われる状態です。

信用情報に傷がある状態で審査に申し込んでも落ちてしまうので、注意してください。

借入シミュレーションを利用すると簡易的な診断ができる

初めてプロミスを利用する方は、実際に一次審査に申し込む前に、プロミスの「お借入シミュレーション」を利用してみましょう。

「生年月日」「年収」「現在のお借入れ金額」を入力するだけで、審査に通過するかどうかを簡易的に診断できます。

二次審査で落ちる要因

二次審査では、提出書類と申し込み内容の照合、勤務先への在籍確認を実施します。

こちらは人の手で行なわれる審査で、一次審査を通過した申し込み者の申告が正しいか確かめる段階です。

二次審査で問題があると判断されると、一次審査段階で提示されていた借入限度額が下がったり、審査に落ちたりしてしまいます。

「嘘をつかない」「プロミスの担当者と連絡を取る際は丁寧に対応する」など、相手の心証を良くする態度で臨みましょう。

プロミスの一次審査で落ちてしまう人の特徴

プロミスの一次審査で落ちてしまう場合、そのままの状態では他社のローンに申し込んでも借り入れができない可能性が高いです。

まずは現在の状況を見直し、借入額を減らすのを目標にしましょう。

限度額以上の借入を希望した

貸金業法の「総量規制」によって、消費者金融などの貸金業者は利用者の年収の3分の1以上を貸してはいけない決まりが存在します。

総量規制には他社借入分も合算され、その限度を超えた額は他社でも借りられません。

また、最初から限度いっぱい借りられるわけではない点にも注意しましょう。

総量規制に反しない限り、プロミスとの契約後に限度額を増額していくのは可能です。

プロミスの審査に落ちたくない場合は、欲張らずに必要最小限の額で申し込むのをおすすめします。

すでに他社からの借入が複数件ある

複数の金融機関から多額の借入があり、返済が困難な状態を「多重債務者」と呼びます。

プロミスに申し込んだ時点で他社借入が複数件あると、多重債務者と判断されやすく非常に不利です。

借入件数を増やすごとにローン審査に悪影響が出るため、これに該当する方は新規の申し込み自体が難しいと考えましょう。

プロミスの二次審査で落ちてしまう人の特徴

一次審査には通っている状態で落ちてしまった場合、基本的な属性情報には特に問題がなかったと考えられます。

すでにプロミスの審査に落ちてしまった場合でも、ここに挙げられている要因をなくせば他社での借入が可能になるかもしれません。

申し込み時の情報に嘘があった

申込内容に嘘(虚偽申告)があると、プロミス側の担当者から信頼を得られなくなってしまいます。

住所の書き間違え程度であれば虚偽申告と見られる可能性は低いですが、特に下記の項目には注意が必要です。

    記入時に気を付けるべき項目

  • 年収
  • 勤続年数
  • 他社借入

借入額に影響する部分でプロミス側が確認した情報と申告のずれが大きいと、故意に嘘をついたとみなされ、審査に落ちる原因になります。

見栄を張っても最終的にバレてしまうので、申し込みの際は最初から正確な情報を書いておきましょう。

信用情報に傷がついている

カードローンの審査に落ちる原因のなかで、一番対処しにくいのが「信用情報」に関する問題です。

信用情報はJICC、CIC、日本銀行協会などの「個人信用情報機関」で管理されています。

申し込みがあった時点で個人信用情報機関に利用者の情報が照会されるため、借り入れ状況などは筒抜けだと思っておきましょう。

過去の延滞債務整理によって信用情報に傷がついていると、プロミスに限らず、全てのローン審査に通りにくくなってしまいます

消費者金融やローンへの短期間での申し込みもマイナス評価につながるので、既に信用情報に傷がついていると分かっている場合は、しばらく申し込みを避けたほうが安全です。

必要書類を提出できなかった

プロミスの二次審査では、本人確認書類の提出が必須です。さらに、借入希望額によっては収入証明書類も求められます。

本人確認書類

運転免許証 これらのうち、いずれか1つが必要(最新の情報が記載されている必要がある)
健康保険証+1点(住民票、公共料金の領収書等)
パスポート
マイナンバーカード(通知カードは不可) 申し込み方法によっては利用できないので要確認

※記載されている住所と現在の住所が異なる場合、公共料金の領収書や住民票の写しなどを追加で送付する

収入証明書類
最新の源泉徴収票 これらのうち、いずれか1つが必要
最新の確定申告書
税額通知書
最新の所得(課税)証明書(「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
給与明細書(直近2ヶ月分+1年間の賞与明細)

これらの書類を用意できないと審査に通らなくなるので、事前に準備しておきましょう。

インターネットで申し込む場合、提出した書類画像が鮮明でなかった場合も書類不備としてカウントされます。

必要事項がきちんと写っているか、申告内容とのずれがないか確認してから送付するのがおすすめです。

在籍確認ができなかった

申し込み時に申告した勤務先に本当に働いているのか、プロミスの担当者が勤務先へ電話連絡をするのが「在籍確認」です。

勤務先が長期休暇中だったり、電話対応した方から在籍確認が取れないと、申し込み者が勤務している証明ができなくなり、審査落ちにつながります。

何らかの事情で在籍確認が難しいと予測できる場合は、プロミスコール(0120-24-0365)で事前に相談しておきましょう。

在籍確認は申し込み者全員に行なわれるため避けられませんが、電話以外の確認方法を考慮してもらえる可能性があります。

短期間で複数のローンに申し込んでいる

短期間に複数のカードローン・クレジットカードなどに申し込むと、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。

相当金銭的に困窮していて、貸し倒れのリスクが高いと判断されるため、申し込みブラックになるのは非常に不利です。

一度申し込んだ後は、審査結果が出るまでは他のカードローンに申し込まず、一旦待ってみてください。

なお、既に申し込みブラック状態になってしまっている場合は、最短6ヶ月~1年の期間を空けると解除されます。

担当者への対応が悪かった

電話や実店舗(お客様サービスプラザ)で、プロミスの担当者に良くない印象を持たれると審査に落ちる可能性があります。

信頼できる人物だと思ってもらえるよう、誠実な対応を心掛けましょう。

インターネット申し込みではメールでの連絡中心で手続きを進める方法もあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

プロミスの審査に落ちてしまった時の対処法

他社の利用を検討

  • 債務整理、自己破産などを過去5年以内にした
  • すでに他社で多くの借入をしている
  • 申し込みブラックになっている
  • 収入が少ない、もしくは無収入

これらに該当していない場合、プロミス以外の他社カードローンなら審査に通る可能性もゼロではありません

借入希望額を控えめにする、大手会社で通らない場合は地元の中小消費者金融の利用を検討するなど、打つ手は存在します。

ただし、焦って同時申し込みをすると審査に落ちるリスクが高まるので、一社ずつ申し込んでください。

信用情報をきれいにしてから申し込む

すでに信用情報に傷が付いている「ブラックリスト」状態の場合、ローンの申し込みをしても落ちてしまう可能性の方が高いです。

一定期間を置けば信用情報の記録が消えるため、その後に再度申し込みをすると審査に通りやすくなります。

問題が発生してからではなく、「問題が解決してから○年」必要な点には留意しておきましょう。

信用情報の履歴が消えるまでに必要な期間

  • 審査落ちをくり返した……最短6ヶ月~1年
  • 長期延滞、債務整理の履歴がある……5年
  • 自己破産をした……10年

借入をしないで済むよう、生活を見直す

慢性的にお金が足りない場合、借入をしても返済がままならないため、長期的な延滞につながりかねません。

今の生活を見直し、支出を抑える(もしくは収入を上げる)方向に切り替えて、カードローンでの借入を増やさないほうが得策なケースもあります。

審査落ちをきっかけにして、家計を再確認してみてはいかがでしょうか。

プロミスの審査に落ちないためには返済能力や信頼できる人間性を示す

  • 一次審査で落ちる原因には総量規制が関係している
  • 二次審査の場合、書類の不備や虚偽申告が落ちる要因になる
  • 信用情報に大きな傷がある場合、プロミス以外での借入も難しい

プロミスの審査に落ちてしまう原因の中で、総量規制(年収の3分の1を超える金額は借りられない)の影響や信用情報の傷は特に大きなネックになります。

逆に言えば、一定の安定した収入があり、信用情報に目立った傷もない場合は、プロミスでの借入ができる可能性が高いです。

なお、安易な借り入れをしすぎると返済が難しくなるため、審査に通った場合でも必要最低限の借入をおすすめします。

関連コラム