アイフルの申し込みは保証人不要!融資額の基準と審査通過のコツを解説

アイフルの申し込みは保証人不要!融資額の基準と審査通過のコツを解説

「保証人が不要なところでお金を借りたい!」
「保証人不要のローンって他よりも審査が甘いの?」

アイフルは保証人・保証会社不要のカードローンです。

今回の記事では、アイフルが保証人なしで融資OKな理由や、保証人なしでお金を借りる方法について解説します。

必要なお金をなるべく確実に借り入れたいと考えている方は必見です!

アイフルは融資の条件さえ合えば保証人無しで借り入れ可能

アイフルは保証人・保証会社不要のカードローンを提供しています。

  • 安定継続した収入を得ている
  • 満20歳以上69歳以下

アイフルのカードローンは無担保ローンのため、「家や土地などの動産」を担保にせずローン審査を受けられます。

ただし、だからといって審査が甘い訳ではありません。以下のような点において問題がないと利用者でなければ審査に通過する可能性は低くなります。

• 年収
• 職業
• 勤続年数
• 持ち家の有無
• 家族構成
• 借入状況

このような申込者の要素を基に信用度や返済能力をはかり、融資限度額を決める「スコアリング審査」を行なっているため、アイフルでは保証人や担保が不要となっているのです。

アイフル

30日間無利息&WEB・アプリ申込はカードレス対応
実質年率3.0%~18.0%/融資上限額最大800万円 ※初回利用時のみ

保証人、連帯保証人の違い

カードローンだけでなく、様々なローンを契約する際には保証人、連帯保証人を求められる機会があります。

「保証人」も「連帯保証人」も借金返済が難しくなった場合、債務者に代わって返済する義務があるのは共通ですが、連帯保証人には「抗弁権」がありません。たとえ理不尽な状況で返済を強いられたとしても応じなければならないため、安易に連帯保証人になるのは危険です。

銀行系カードローンには保証会社が必要

かつては保証人がいなければお金を借りるのも難しかったのですが、今では銀行、消費者金融ともに保証人不要のカードローンも増えています。

元々、銀行は不動産などを担保にした貸付がメインで、無担保・保証人無しでの少額融資やカードローンのノウハウがありませんでした。

そのため、銀行系カードローンは審査のミスや貸し倒れのリスクを避けるために保証会社を利用しています

それに対して、アイフルはアイフル自体が保証会社としての機能を持つため、保証会社も不要でローンを組めるようになっているのです。

アイフル以外の大手消費者金融の中では、例えばプロミスも同様の対応を行っています。

他社の保証会社を通さないからこそ、審査が最短1時間で終わるスピード融資も可能なのです。

カードローンの場合、ホームページなどで保証会社の欄を確認するとどの保証会社が関わっているのか分かります。

一度審査に落ちてしまった後、別の金融機関のローンに申し込む場合は別の保証会社がついている所を選ぶようにしましょう。

アイフルの金融商品は全て保証人不要

アイフルはカードローンの他にも商品のラインナップがあり、そのすべてが保証人不要となっています。

事業資金用途に借入をする前提の「不動産担保ローン」を除けば、原則保証人も担保も不要で借入が可能です。

  • キャッシングローン(カードローン)
  • ファーストプレミアムカードローン
  • SuLaLi(女性向けカードローン)
  • おまとめMAX
  • かりかえMAX
  • 無担保ローン
  • 不動産担保ローン

また、他社借入と合算して少しでも金利を抑えたい方は「おまとめMAX」「かりかえMAX」を利用するのも良いでしょう。

自分の目的に合ったローンを利用して、計画的に借入・返済を行ないましょう。

保証人不要でも返済状況が悪いとアイフルで融資を受けられない

カードローンやクレジットカードなどの返済を延滞してしまうと返済状況が悪いと判断され、次のようなペナルティが発生します。

  1. カードローンを利用できなくなる
  2. 個人信用情報機関に返済延滞が登録される

個人信用情報機関とは、ローン利用者の返済・申し込み状況などの「信用情報」を記録する「CIC」「JICC」「KSC」などを指します。

個人信用情報は、カードローン審査が行なわれる際に必ず照会されるため、「返済能力に問題あり」と判断できる信用情報が記録されていると新規の融資を受けられません

延滞が長期化していたり、債務整理を受けたりした情報は5年間(自己破産の場合は10年間)保持されるため、その間は審査に通りにくくなると考えられます。

もちろん、アイフルでの借入を延滞した場合も同様のペナルティが発生するので注意しましょう。

嘘の情報ではアイフルの審査に通らない

アイフルの審査に申し込む際は、次のような点にも注意したほうが賢明です。

  • 借入状況は正しく伝えるようにする
  • 勤務先、年収、勤続年数などの情報は正しく記入する

審査の申し込み時典で嘘をついたとしても、信用情報や職場に行なわれる在籍確認を通じてバレてしまいます。

申し込む側にとっても時間のロスになってしまうので、記入ミスや虚偽の申告を避け、正しい情報を記入するようにしましょう。

アイフルは保証人不要で借り入れできる!計画的に返済してアイフルを活用しよう

  • アイフルでの借入は原則保証人も担保も不要
  • 借入状況や信用情報によっては審査に通らない場合がある
  • 嘘の情報を申告するのはNG

保証人が必要なローンを利用する場合、どうしても家族や友人などを頼る必要があります。

アイフルの場合は保証人不要なだけでなく、保証会社や担保も不要でローン審査にかかる時間が最短30分以内と短いのがメリットです。

しかし審査自体が甘いわけではないので、他社での延滞歴や申し込み時の態度によっては審査に通れない場合もあります。

アイフルが保証人不要な理由を理解した上で、入念に準備をして借入を受けられる可能性を高めましょう。

人気 アイフル

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
利用限度額 最大800万円
郵送物一切なし!
カードレスだからスマホひとつで簡単操作!
  • 24時間365日、いつでも申込み可能な最短30分審査、即日融資が可能なカードローン!
    更に最大30日間利息は0円!
  • 無担保・無保証人で借り入れOK。
  • 20~60代まであらゆる人におすすめ。

関連コラム