レイクALSAで一括返済はできる?一括返済するメリットと注意点を解説!

レイクALSAは借入日数が長引くほど返済額が大きくなってしまうため、できれば早めに返済してしまいたいですよね。

まとめて返済したい場合には一括返済がおすすめ。利息の節約ができるなどメリットがありますが、レイクALSAの返済方法によっては一括返済に対応していないものもあります。

本記事ではレイクALSAで一括返済するメリットとその方法、さらに注意点について解説します。

レイクALSAで一括返済するメリット

レイクALSAの一括返済とは、一度に総返済額を完済する「全額返済」とも言い換えられます。

通常、レイクALSAでは、毎月決められた額(最低返済額)をコツコツと返済していくスタイルがメジャーです。

しかしながら、ユーザーの中には、まとまった金額で早く返済したい方もいます。こうしたニーズを受け、レイクALSAでは、「一括返済」による返済も可能です。

一括返済には、他の返済方法にはないメリットもあります。この記事を読んでいる方の中にも、実は一括返済が向いているのを知らなかった人もいるでしょう。

レイクALSAの一括返済はどんなケースに向いているか?

一括返済に向いている5つのケース
・とにかく早く全額返済したい
・できるだけ利息を安くして総返済額を抑えたい
・まとまった金額を返済できる経済的余裕がある
・返済残高が少なくなってきた時
・住宅ローンや自動車ローンを組みたい時

レイクALSAの一括返済に向いているケースは、上記の5パターンになります。まず、とにかく早く全額返済したい方にとっては、一度で済む一括返済にメリットを感じるでしょう。

一括返済には利息を安くして総返済額を抑えられるメリットもあり、上手にレイクALSAのカードローンを利用したい方にも向いています。

返済残高が残り少なくなってきた場合も、残りを一括返済で完済できます。

一括返済すると借入残高が増える

一括返済を利用すれば、利用限度額(借入残高)もクリアになり、再び借入できるようになります。

例えば利用限度額が30万円で返済残高が10万円の時、10万円を一括返済して新たに30万円借り入れられます。

手元にあるお金以上に緊急で融資が必要な場合、一括返済を活用して借入残高を元に戻せるのです。

利息を節約して総返済額を抑えるメリットがある

レイクALSAの一括返済の大きなメリットの一つは、利息を安くできる点です。レイクALSAの利息は「日割り計算」のため、返済期間が長くなればなるほど利息も増える仕組みです。

一括返済は、文字通り一度に全額返済するわけですから、通常なら積み重なる利息を大幅にカットして節約できてしまうのです。

利息が安くなればその分だけ総返済額を抑えられるため、余裕があるのであれば一括返済すべきでしょう。

レイクALSAで50万円借入した場合
・1年間毎月返済した場合の総返済額:
50万円×18.0%=9万円(1年間の利息)
50万円+9万円=59万円(総返済額)
・1カ月で一括返済した場合の総返済額:
246.6円(1日分の利息)×30日(1カ月)=7,398円(1カ月分の利息)
50万円+7,398円=50万7,398円(総返済額)

総返済額は、「契約金額(元金)+利息」になります。ご覧いただいた通り、一括返済との総返済額の差は、一目瞭然です。

1年間毎月返済した場合の利息はなんと9万円。対して1カ月で一括返済した場合の利息はわずか7,398円です。

1日分なら246.6円なので、「たった250円くらいかぁ」と思われるかもしれません。しかし1年ともなれば利息だけで9万円にもなります。

返済期間が長くなるほど利息は積み重なり、これだけの金額に達するのです。

無利息期間中に一括返済すれば利息はなんとゼロ

レイクALSAでは、新規申込者のみ申し込み方法によって、30日間、60日間、180日間から無利息期間を選択できます。

この無利息期間中に一括返済すればその間の利息はゼロとなります。

無利息期間中でも返済日はあります。無利息期間中の返済を怠るとその時点で無利息期間が終了し、遅延損害金も発生しますのでご注意ください。

レイクALSA

WEB申込なら24時間365日受付
実質年率4.5%~18.0%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

一括返済することでプレッシャーからも早く解放される

レイクALSAのようなカードローンはとても便利ですが、同時に返済にかかるプレッシャーによって、心理的負担も強いられます。

レイクALSAの返済が遅れたり延滞すれば、督促などに発展し、最悪の場合は債務整理にさえなってしまうのです。

毎月の返済日に遅れないかとの心配は、返済期間が長くなるほど、重くのしかかってきます。

しかし一括返済なら、こうした返済にかかる心理的負担も一度に解消できてしまうのです。

レイクALSA以外の借入契約がしやすくなる

住宅ローンや自動車ローンといった、新規の借入契約を検討しているケースでも、一括返済にメリットがあります。

一括返済すれば、住宅ローンや自動車ローンを契約する経済的余裕が生まれるだけではありません。一括返済によって、住宅ローンや自動車ローンの審査に通りやすくなるメリットもあるのです。

レイクALSAの利用限度額は、総量規制により年収の1/3に制限されています。これは一括返済にも関係があり、新規の借入契約をしたい場合に重要な意味を持ってくるのです。

レイクALSAのカードローン利用中に、新規に住宅ローンや自動車ローンを組みたいケースも出てきます。

しかしレイクALSAでの借入によって、総量規制による年収の1/3に余裕がなければ、住宅ローンや自動車ローンの契約はできません。

このような場合、一括返済を利用して総量規制の年収1/3に余裕を作れます。一括返済は、ただ一度に全額返済できるだけではなく、様々なケースにおいてメリットがあるのです。

一括返済した事実が信用情報に記録される

一括返済したとは、カードローンの完済も意味します。個人信用情報には、こうしたポジティブな情報も記録され、新規の借入時には審査でも見られるのです。

カードローンを一括返済で完済したポジティブな情報は、住宅ローンや自動車ローンの審査で好印象を与え、審査を通りやすくする効果もあります。

一括返済はレイクALSAの借入だけでなく、その後の他社借入にもメリットがあるのです。

レイクALSAで一括返済する方法

レイクALSAの返済方法は5種類ありますが、その中で一括返済に対応しているのは

  • WEB返済
  • 新生銀行カードローンATM
  • 銀行振込み

の3種類です。

このうちWEB返済と新生銀行カードローンATMは手数料無料。一括返済にかかる手数料を節約したい方はどちらかを選択しましょう。

「WEB返済」とは、インターネットバンキングです。金融機関を選択し、WEB上から土日祝日も手数料無料で一括返済できます。

全国各地に設置された「新生銀行カードローンATM」では、必要情報を入力するだけでカードレスでの一括返済も可能です。

新生銀行カードローンATMの一括返済受付時間
・平日/土曜:7:30~24:00
・日曜/祝日:7:30~22:00
・第3日曜日:7:30~20:00

一括返済する日を決めよう

レイクALSAでは、ユーザーが自由に返済日を決められます。

    一括返済の3ステップ

  1. 返済残高を確認
  2. 返済日を決める
  3. お金を用意して一括返済

レイクALSAの利息は、「日割り計算」。借入日から返済日の間、毎日利息が積み重なっていきます。この利息を安くすれば、総返済額を抑えられるのです。

それには、返済日の設定が重要です

レイクALSAの利息を抑える返済日を決めるコツ

  • 借入日は1~13日にする
  • 返済日は16~28日にする(2月以外は30日まででもいい)
  • 借入日と返済日の間が14日になるようにする
  • 「借入日+15日」が最適の返済日

指定した返済日の14日前に一括返済すれば、最大限に利息を節約でき、総返済額を抑えられます。

そのためには、ひと月の中に借入日と返済日の間が14日間の間隔で収まるようにしましょう。

最も利息を安くできる返済日の計算は、「借入日+15日」になります。例えば、借入日が8日なら、返済日は23日に。そして、9日に一括返済すれば利息を最大限に節約できます。

借りた翌日に返す必要がありますが、「緊急でこの日だけお金が必要だが、すぐに返せる」場合はこの手法を使いましょう。

無利息キャンペーンを使わない場合や、無利息期間中に一括返済できないときも参考にしてください。

提携ATM(コンビニ)は一括返済非対応

通常、レイクALSAは提携ATMでも返済できます。この提携ATMはコンビニにも設置されており、セブン銀行ATMなどが代表的です。

しかし小銭に対応しておらず端数の返済ができないため、一括返済には非対応となっています。

また、提携ATMは1万円以下は110円、2万円以上は220円の手数料もかかります、この点も、手数料を節約したい方にとっては、デメリットに感じられるでしょう。

途中まで提携ATMで返済し、残り少なくなったらWEB(インターネットバンキング)や新生銀行カードローンATMで一括返済を選択すれば、両者のメリットを組み合わせられます。

レイクALSAで一括返済する際の注意点

一括返済をしても別途レイクALSAの解約手続きが必要

レイクALSAの一括返済(全額返済)と解約は、別の手続きが必要になります。一括返済したとしても、それは総返済額がゼロになっただけです。

この時点では、まだ解約とはなっていないため、放っておくと会員で居続ける状態になります。

レイクALSAはそのまま会員であり続けても年会費は一切発生しません。そのままカードを持ち続けられるので、また必要になった時に再度借入もできます。

この場合、新規申し込み時のような審査を受ける必要もないため、ユーザーにとってはメリットになるでしょう。

一方で、カードローンだけでなく借入をできるだけ避けたい方にとっては、一括返済をしてから別途解約手続きをするのがおすすめです。

解約後に再びレイクALSAに申し込んでも無利息キャンペーンの対象外

レイクALSAの無利息キャンペーンの対象となるのは、”はじめて”レイクALSAを利用される方のみです。

過去に一度でもレイクALSAの会員になった経験があれば、無利息キャンペーンは適用されません。

生活に響かないタイミングで一括返済しましょう

一括返済とは、まとまった金額を一度に支払うのを意味します。例えば、10万円を一括返済すれば、その月は10万円の出費となるのです。多くの方にとって、一度にこれだけの出費をするのは、経済的負担があるでしょう。

もし50万円、100万円以上を一括返済するとなれば、生活への負担はさらに大きくなります。

このように、一括返済は借入を一度に返済できるメリットがある一方で、場合によっては生活に大きな負担がかかる危険性もあるのです。

一括返済したはいいけど、そのせいで生活に困るようになっては大変です。生活の苦しさから再び借入となれば、まさに本末転倒と言えます。

レイクALSAの一括返済にはメリットがありますが、生活に響かない範囲であるのが不可欠です。それには、一括返済しても経済的余裕がなければなりません。

一括返済が難しい場合は毎月の返済額を増やすのも可能

一括返済したいけれども、そこまでの余裕がない場合はレイクALSAの毎月の返済額を増やす方法で対応できます。

レイクALSAが設定する「最低返済額」とは毎月支払い義務が課される返済額のノルマとお考え下さい。「最低返済額」以上に返済できる余裕があれば、これに上乗せした金額を返済できます。

一括返済するほどの余裕はないものの、できるだけ早く返済を終えたい方は、最低返済額に加えて毎月の返済額を増やしましょう。

返済日の14日前に返済すれば、利息も大幅にカットして総返済額を抑えられます。

一括返済で多く支払いすぎてしまった場合

一括返済したはいいものの、返済残高以上の金額を振り込んでしまったというトラブルも起こります。

WEB(インターネットバンキング)や新生銀行カードローンATM、銀行振込みなら、小銭の端数まで返済できるので、このようなトラブルは避けられるでしょう。

しかし、1000円単位の提携ATMや自動引落しの場合は、多く返済し過ぎてしまうトラブルも起こり得ます。

その場合はレイクALSAの問い合わせ窓口(☎0120-09-09-09・フリーダイヤル/通話料無料)に連絡して、多く返済したと伝えましょう。

会員ページで預かり金の返却手続きを行えば、差額分が返却されます。

レイクALSAで一括返済する方法と注意点まとめ

レイクALSAで一括返済できれば返済期間をぐっと短縮できるため、大幅に利息を節約できるメリットがあります。

一括返済をするには

  • WEB(インターネットバンキング)
  • 新生銀行カードローンATM
  • 銀行振込み

の3通りから選択。提携ATM(コンビニ)は硬貨が使えないため、一括返済には非対応です。

手数料が節約できるのはWEB(インターネットバンキング)か新生銀行カードローンATMですので、このどちらかを利用するのがいいでしょう。

また、一括返済しただけではレイクALSAの解約とはなりません。別途解約手続きが必要となりますのでご注意ください。

人気 レイクALSA

金利 年4.5%~18.0%
審査時間 最短15秒審査
融資時間 WEBで最短60分融資も可能
借入限度額 最大500万円
無利息期間はカードローンの中でも最長!
  • パート・アルバイトでも安定した収入があれば申込みOK
  • 5万円までの借入なら最大180日間無利息!
    ※契約額1万円~200万円まで。

    ※Webでお申し込みの場合、初めてなら60日間無利息!
    (30日間無利息、180日間無利息と併用不可)
    ※詳細は下記注釈欄、または公式サイトよりご確認ください
  • Web申込み完了後の画面で審査結果が確認できる!ご契約完了後ご融資。
    ※他社借入がある方は審査に通りにくい場合があります。

関連コラム