銀座カラーの無料シェービング範囲は?シェーバーの選び方と自己処理のコツ

銀座カラーの無料シェービング範囲は?シェーバーの選び方と自己処理のコツ

いざ脱毛を始めようと思ったら、出てくる新たな悩みが事前のムダ毛処理。

「脱毛前の自己処理ってどうすればいいの?」
「銀座カラーはシェービングサービスはある?」

美容脱毛サロンの中でも有名な銀座カラーですが、自己処理の方法や、どんなシェービングサービスがあるか知っておきたいですよね?

今回は、銀座カラーのシェービングサービスや、シェーバーの選び方、自己処理のコツや注意点について詳しく紹介していきます!

脱毛前に、自己処理の悩みを解決したい人は必見です◎

銀座カラーのシェービングサービス

銀座カラー-11

銀座カラーでは、自己処理で悩みがちな箇所をシェービング代無料でサポートしてくれます。

銀座カラーのシェービングサポートについて、詳しく解説していきましょう。

シェービングサポートの範囲と料金

銀座カラーでは、自分では手が届きにくい箇所をスタッフが処理してくれる「シェービングサービス」が無料で用意されています

他サロンでは、有料でシェービングサービスを行っている所もありますから、無料で受けられるなんて嬉しいですよね。

    無料シェービングサービス範囲

  • えり足(うなじ)
  • 背中(上下)
  • ヒップ
  • ヒップ奥(Oライン)

シェービング範囲は、コースに関わらず同じ内容でサービスを受けられるので、どのコースを選んでも追加料金はかかりません。

また、スタッフによるシェービング後はシェーバーをきちんとアルコール消毒してくれるので、衛生面も安心です。

自己処理の剃り残し

シェービングサービス範囲外の場所は、脱毛を受ける前にきちんと自己処理しておきましょう。

剃り残しがあった場合、その箇所を避けての施術となってしまいます。

自己処理が難しいですが、Iラインや太ももの裏なども、鏡を見て確認しながらやれば綺麗にシェービングが可能です。

持参するシェーバーの種類

銀座カラーでシェービングサービスを利用する際は、自分でシェーバーを準備して持参しますが、注意すべきはシェーバーの種類です。

必ず『フェイス用電気シェーバー』を準備しておきましょう。

剃刀やボディ用シェーバーを持参してもシェービングサービスは受けれません。

シェーバーを選ぶコツ

フェイス用電気シェーバーも、刃先の長さや太さが様々で、自分で購入する際にはどれを選んでいいか迷いますよね。

銀座カラーでは、『フェリエ』のシェーバーを販売しているので、同じシェーバーを選ぶか、似たような縦長(I字型)タイプであれば、細かい部分までシェービングしやすいのでおすすめ!

銀座カラーでシェーバーを忘れた場合

脱毛当日に「うっかりシェーバーを持参するのを忘れちゃった!」なんて人も安心してください。

銀座カラーでは、当日フェイス用電気シェーバーを持っていない人は、店頭で購入が可能です。

料金は3,000円程度で家電量販店より若干高めですが、毎回購入する必要はないので、脱毛予約を確認して忘れないよう持参しましょう。

銀座カラーの脱毛前の事前準備

「そもそも、全身脱毛をするのになぜシェービングが必要なの?」

と疑問に思っているあなたの為に、事前処理の必要性について解説していきましょう。

脱毛前は自己処理が必要

脱毛の施術前には、ムダ毛の自己処理が必要となります。

これは、ムダ毛の処理が出来ていないと脱毛効果に影響があるからです。

光を照射した時に毛が長いと、メラニン色素(黒色)に反応する光が毛根以外の部分にも反応し、火傷などで肌を傷つけてしまう可能性も

また、銀座カラーは毛根へダメージを与えて脱毛するので、毛が長いと直接毛根に光が届きにくくなり、脱毛効果も薄くなってしまうのです。

事前にムダ毛の処理を行っておけば、肌トラブルのリスクを避けられ、しっかりと脱毛効果を得られるようになります。

シェービングする時のコツや注意点

脱毛前の自己処理はとても大事ですが、正しい方法を知らず間違った方法を続けていると、せっかくムダ毛のないツルすべ素肌を目指していても、肌トラブルを起こす原因となってしまいます。

正しくシェービングするコツや注意点を知っておきましょう。

自己シェービングするベストな日程

事前にムダ毛の自己シェービングをするにも、ベストな日程があります。

「脱毛当日にムダ毛がない方が良い」と考え、その日に自己処理を行うよりも、実は1~3日前に行う方がベスト

脱毛をする際には、毛が2ミリ程度伸びている方が効果が高くなります

また、当日に自己シェービングを行うよりも、事前にしておく方がお肌のケアを十分にでき、脱毛施術の際の肌負担を減らせます。

自己シェービングしてから脱毛当日まで、入念な保湿を行い、お肌の回復をしておきましょう。

間違えると肌トラブルの原因に!NGな自己処理方法

ムダ毛の自己処理にも様々な種類がありますが、重要なのはその方法です。

脱毛は毛根にダメージを与えるので、自己処理は可能な限りお肌に優しい方法を選ぶべき。

除毛クリーム脱毛ワックス毛抜きなどは、毛根を傷つけやすく、傷付いたところから細菌が入って炎症が起きてしまい、脱毛当日までに回復できない可能性があるので、絶対に避けましょう。

カミソリボディ用シェーバーは、手軽に自己処理できますが、表面の皮膚を削ぎ落してしまい、肌を傷つけてしまいます。

傷付いた肌は水分蒸発が激しく乾燥してしまい、脱毛効果も低くなってしまうので避けておくべきです。

フェイス用電気シェーバーなら、肌より上に生えている毛を刈り取るように自己処理できるので、肌を傷つけず安心して利用できます。

難しいVIOの自己処理のコツ

自己処理が難しいと言われている中でも、デリケートなVIOゾーンのシェービングは、特に悩む人も多いでしょう。

ムダ毛の中でも濃くて量の多いデリケートゾーンの処理には、少しコツが必要です。

    VIOの自己処理手順

  1. 自己処理をする前に、新聞紙やビニールなどを自分の下に敷いて、処理した毛を捨てやすいように準備
  2. アイブロウ用のハサミなどを使って、ムダ毛を短めにカット
  3. フェイス用シェーバーを使い、細かく動かしながら少しづつ剃る

長めの毛は先にカットして短くしておくと、シェーバーの故障を防げます。

デリケートで凹凸が多い部分なので、細かく動かせるフェイス用シェーバーが扱いやすいです。

粘膜を傷つけないよう注意しながら、鏡やライトで見えやすくして丁寧にシェービングしていきましょう。

Oラインは銀座カラーがシェービングしてくれるので、自己処理をしなくても大丈夫です。

銀座カラーのVIO脱毛時の流れ

VIOはデリケートゾーンなので、どんな流れで施術されるのか気になりますよね。

先に知っておくと、心の準備が出来るのでお伝えしておきましょう。

銀座カラーでは施術用の専用ショーツを履き、VIラインは片足を横にくの字に曲げた状態で、ショーツを少しづつずらしながら照射していき、Oラインはうつぶせになりショーツをずらして照射します。

脱毛施術中は光が目に入らないようにタオルで目隠しされている状態で、スタッフも脱毛のプロなので、安心して任せましょう。

銀座カラーはスタッフの対応も丁寧

脱毛サロンに通っている女性でも、背面やVIOのムダ毛をスタッフの女性に見られるのが恥ずかしいと感じる人もいるはず。

ですが、銀座カラーはスタッフの対応が丁寧と評判の脱毛サロンです。

ムダ毛に悩んでいる女性に寄り添い、プロとして丁寧な声掛けと脱毛施術をしてくれます

脱毛サロンは、”ムダ毛の悩み”をさらけ出せる場所なので、心許せるスタッフに丁寧に接客してもらえると通うのも楽しくなりますね。

銀座カラーは背面のシェービングサービスが無料!

脱毛を始める時、銀座カラーではフェイス用シェーバーを持参するように説明されます。

事前の自己処理を行い、手の届かないところは持参のシェーバーでスタッフに処理をしてもらいましょう

もし当日シェーバーを忘れても、店頭でも購入可能なので安心ですね。

銀座カラーの脱毛で憧れのツルスベ肌をGETしましょう!

関連コラム