レイクALSAの審査は厳しいってほんと?仮審査・本審査について徹底解説

  • レイクALSAの審査は厳しいの?
  • 審査ってどれくらい時間がかかるの?
  • 審査基準は何?どんな人が落ちるの?

レイクALSAで借入を検討したとき、審査に受かるかどうかは最も不安なポイントですよね。

申し込む前にどういった審査が行われるのか理解しておくと、不安も減り契約もスムーズに進められるでしょう。

本記事では初めてレイクALSAを利用する人に向けて審査概要と審査にかかる時間について解説します。

レイクALSAの審査には仮審査と本審査がある

レイクALSAの審査は「仮審査」と「本審査」があり、この2段階の審査両方を通過しなければ借入できません。

    レイクALSAの審査の流れ

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 在籍確認
  6. 審査結果の通知
  7. 借入

仮審査をスムーズに通過したとしても、本審査ではあっけなく不合格となるケースも珍しくありません。

その仮審査と本審査にはどのような違いがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

レイクALSAの仮審査ALSAとは

  • 仮審査は10秒~15秒程度
  • 審査の早さはスコアリングによって自動化されているから
  • 仮審査では信用情報は考慮されない
  • 仮審査結果画面で、希望金額に届かない場合もある

レイクALSAの仮審査は申し込みの後に行われ、10秒~15秒程度ととても早いですが、これは「スコアリング」と呼ばれる方法を使って審査しているからです。

スコアリングとは申し込んだ方の情報を数値化し、客観的かつ機械的な評価によって借入の可否を判断する方法になります。仮審査は自動化されているため、これだけ早いのです。

仮審査で使用される情報
・氏名、年齢、生年月日といった個人情報
・住所、居住年数や居住状況といった住まいに関する情報
・勤務先、勤務年数といった仕事に関する情報
・年収、他社からの借入やレイクALSAで借入れたい額といったお金に関する情報

仮審査の結果画面には、借入可能な額(利用限度額)が表示されます。

ただ、本審査を経ていない段階なのでこれも”仮”です。

また仮審査に合格したとしても、画面に表示される利用限度額が申し込みフォームで入力した希望金額よりも低い場合があります。

これは、スコアリング評価の段階で返済能力を判断されたためです。

仮審査の段階で本格的な信用情報との照会は行われませんが、希望金額に届かないケースもあります。

レイクALSAの本審査とは

  • 本審査では信用情報の照会
  • 本人確認書類、住所確認書類や収入証明書の提出
  • 電話による本人確認
  • 電話による勤務先への在籍確認

レイクALSAでは仮審査を通過すると本人確認書類など必要書類の提出が求められます。

その後必要書類と信用情報を元に「本審査」へと移るのです。本審査は約30分~1時間程度かかります。

本審査では個人信用情報機関への照会が行われ、返済能力といった金融的信用の有無が確かめられます。

この際、他社のカードローンもある場合はそちらも審査されるので正確に申告しておくのが重要です。

過去の借入や金融事故についても調べられますので、隠さず伝えるのが賢明な判断となります。

加えて、本人確認書類、住所確認書類、場合によっては収入証明書といった必要書類と、申し込みフォームに入力された内容を照らし合わせる作業も行われます。

そのため申し込みフォームの情報・必要書類の情報・信用情報、これらが合致しないと本審査は不合格になるでしょう。

各情報が合致しない場合、故意に間違えたり、虚偽の情報を伝えて騙そうとしたと見なされかねないからです。

たとえ悪気のないミスであっても、貸す側にとってその真意は判断不可能なため返済不能のリスクを避けようとする心理が働きます。

本審査通過のためには、申し込みフォームの段階で丁寧かつ正確に情報を入力しましょう。

本審査の結果通知の確認方法は、「インターネットのレイクALSAの審査結果画面」「メール」「電話」になります。

インターネット(WEB)で申し込んだ場合、対応時間内であれば「メール」での通知。

対応時間外となると、「インターネットのレイクALSAの審査結果画面」での確認となります。「電話」での通知は、電話で申し込んだ場合です。

レイクALSAの審査は甘い?厳しい?

レイクALSAの審査は他社に比べて甘いのか、それとも厳しいのでしょうか。

これも気になる点ですよね。こうした疑問には、具体的なデータを用いてお答えしていきたいと思います。

レイクALSAの審査基準

レイクALSAは審査基準を公表していません。

ただ、ホームページの「よくある質問」からいくつかの不安は解消されるでしょう。

    レイクALSAに申し込みができる人(会社員以外)

  • パート
  • アルバイト
  • 学生
  • 派遣社員
  • 自営業

会社員ではない、こうした方々もレイクALSAに申し込めます。ただし、専業主婦(主夫)、未成年、71歳以上の方は対象外です。

つまり、安定した収入と十分な返済能力さえあればレイクALSAの審査に受かります。

レイクALSAと他者のカードローン成約比率の比較

続いて、レイクALSAの成約比率を他者のカードローンと比較してみましょう。

成約比率とは「審査に通過した人÷総申し込み件数」を示します。

下記のデータは、2019年12月を比較したものです。(2020年1月以降、レイクALSAはカードローンの成約比率を公表していません)

大手消費者金融の成約率
社名 成約率
レイクALSA 29.4%
プロミス 43.6%
アイフル 43.6%
アコム 42.1%

引用元:
「新生銀行グループビジネスハイライト」(レイクALSA)
「SMBCコンシューマーファイナンス月次データ」(プロミス)
「アイフル月次データ」
「アコムマンスリーレポート」

レイクALSAの審査は厳しい

成約比率のデータが示すように、レイクALSAの審査は他社に比べ少々厳しめです。

他社カードローンの成約比率が約40%であるのに対し、レイクALSAは約30%と10%の大きな開きがありました。

仮にレイクALSAの審査に落ちたとしても、他社なら受かる可能性もあると示されています。

レイクALSAの審査が厳しいな理由

なぜレイクALSAの審査は他社に比べ約10%も厳しいのでしょうか。その理由は、レイクALSAのサービスにあるようです。

  • 最短即日借入
  • 最短即日審査
  • WEBから申し込むと60日間利息0(はじめての方のみ)
  • 5万円までなら180日間利息0(はじめての方のみ)
  • スマホやインターネットならWEBで全て完結

このように、レイクALSAは業界でも注目されるサービスを展開しています。

ただその利便性が高い反面、より高い返済能力や安定した収入が求められ、さらに信用情報も慎重に見られる傾向があります。

これがレイクALSAの審査が他社に比べ少し厳しめな理由です。

収入・返済能力・信用情報の3点に自信がある場合は、レイクALSAの審査に通過するのは難しくないでしょう。

しかし、不安がある場合にはレイクALSAのホームページで「お借入れ診断」を試されるのがおすすめです。

実際の本審査とは異なりますが、審査通過の目安としてはとても有効でしょう。

>>お借入診断はこちら<<

レイクALSAの審査まとめ

レイクALSAの審査について、詳しく解説しました。

  • レイクALSAの審査は、「仮審査」と「本審査」の2段階構成
  • 「仮審査」はスコアリングで自動化されているため約10秒~15秒ほど
  • 「本審査」では、信用情報が重要視され審査時間は通常30分~1時間

審査に落ちる理由は、申し込みフォーム入力や必要書類の不備、信用情報に問題がある、在籍確認が取れなかった点が挙げられます。

そのため、申し込み段階でのミスをなくし、信用情報を回復して返済能力をアピールするのが、審査に受かるコツです。

レイクALSAの審査は他社に比べ少々厳しめではありますが、それにはサービスの利便性の高さに理由があるでしょう。

審査に受かるか不安な場合は、レイクALSAのホームページで事前に「お借入れ診断」を試してみて下さい。

レイクALSA

WEB申込なら24時間365日受付カードレス可能!
実質年率4.5%~18.0%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

人気 レイクALSA

金利 年4.5%~18.0%
審査時間 最短15秒審査
融資時間 WEBで最短60分融資も可能
借入限度額 最大500万円
無利息期間はカードローンの中でも最長!
  • パート・アルバイトでも安定した収入があれば申込みOK
  • 5万円までの借入なら最大180日間無利息!
    ※契約額1万円~200万円まで。

    ※Webでお申し込みの場合、初めてなら60日間無利息!
    (30日間無利息、180日間無利息と併用不可)
    ※詳細は下記注釈欄、または公式サイトよりご確認ください
  • Web申込み完了後の画面で審査結果が確認できる!ご契約完了後ご融資。
    ※他社借入がある方は審査に通りにくい場合があります。

関連コラム