アコムの審査基準は厳しいの?基準をもとに審査通過のコツを解説

最終更新日:

アコムの審査基準は厳しいの?基準をもとに審査通過のコツを解説

  • アコムの審査基準は何だろう?
  • アコムの審査は厳しいの?
  • 審査基準に基づく通りやすい方法はあるの?

アコムに申し込みをしたいけど、どういった基準で審査が行われているのか分からず不安になっているかもしれません。

実はアコムの審査基準では返済能力があるかどうかが特に重要です。

本記事ではアコムがどのような審査基準を持ち、自身が審査基準を満たしているのか確認する方法を解説します。

アコムの審査基準

  • 20歳~69歳である
  • 安定した収入と返済能力がある
  • 当社基準を満たしている

アコムの審査基準は「年齢」「収入」「返済能力」の3点が見られ、アコム独自の基準を満たしていれば審査に通過できる可能性があります。

審査基準の中でも特に、返済能力が重視されるので注意してください。

年齢の審査基準

アコムの審査基準が20歳以上とされているのは民法の規定があるからでしょう。

年齢二十歳をもって、成年とする。|民法第4条
未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。|民法第5条1項
前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。|民法第5条2項

参照:民法各条文

未成年者の行う契約などの行為は後で取り消しができてしまいます。

もしアコムを20歳未満の人が利用できたとしたら、途中で融資の契約を破棄できてしまい、アコムにとっては損を被ってしまうでしょう。

また、社会人として働いている人や、結婚している未成年であっても、例外なくアコムの利用はできません。

収入・返済能力の審査基準

アコムは安定した収入と返済能力を持ち合わせ、かつ当社基準を満たしていれば利用可能です。

安定した収入とは毎月継続的な収入がある状態を指し、パートやアルバイトでも審査に落ちる可能性は低くなります。

アコム利用者の年収別構成比較

参照:気になるみんなの年収は?|アコム

実際にアコムを利用している人の年収を見てみると、4人に1人が200万円以下だと分かります。

年収200万円を月収に換算すると16万円前後です。この金額だと、フルタイムで働くパートやアルバイトでも審査に通る可能性があると考えられるでしょう。

ただし2カ月に1度以上の間隔で給与が振り込まれるような状態では審査の通過は厳しいかもしれません。

また返済能力とは、アコムから借入をする人が返済に充てるための資金をどれだけ生み出せるかを指します。

収入が低い人でも、借入する金額が小さく確実に返済できるだけの余裕があれば審査基準を超えられます。

反対にどれだけ収入が多くても、他社からの借入が多かったり高額ローンを組んでいたりすれば、アコムから返済能力がなく審査基準に満たないと判断されてしまうかもしれません。

このように、アコムの審査では収入と支出のバランスをチェックした上で返済能力の有無を見られると考えていいでしょう。

アコムの審査基準は厳しいのか

アコムの審査に通過して借入したい人の中には、その審査基準が厳しいのか甘いのか気になる人もいるでしょう。

実際、アコムの審査はその基準を満たしているかを厳しくチェックしています。

そもそも貸金業を営むには都道府県か国への登録が必要ですが、アコムは国からの登録を受けています。

この登録を受けているからには貸金業法の規定に反しない運営が必要であり、無収入の人にお金を貸してはくれません

つまり収入がない人がアコムに申し込みをしたところで審査に通りませんし、借入希望額が本人の収入で返済できない可能性がある人の場合は審査基準が高くなるでしょう。

アコムの審査基準を満たすのに重要なポイント

  • 必要書類に問題はないか
  • 在籍確認に問題はないか
  • 信用情報に問題がないか

アコムが審査を行う上で重要な基準は返済能力の有無ですが、その確認をするのに上記の3点が要になります。

提出する書類でアコムの利用条件を確認します。また書類自体に不備があるとチェックがしづらかったり、本人の信用問題に発展したりする可能性もあるでしょう。

また、職場への在籍確認を行い記載された通りに働いているかどうかや、その情報をもとに安定した収入を確保できているのかの裏付けをします。

信用情報とは過去に利用したクレジットカードなどの履歴を見て、きちんとアコムに返済できるかどうかの目安になります。

もし支払いに遅れた経験がある場合、アコムは二の舞を踏まないようにするため審査をより厳しくするでしょう。

これらのポイントのうち一つでも問題があればアコムの審査基準を満たさないとして処理されるおそれがあるので、十分に気を付けてください。

アコムの審査基準を満たしているか確認する方法

  • 現在の年収と他社の借入金額を確認する
  • 自身の信用情報を確認する
  • 3秒診断を利用する

現在の年収と他社の借入金額を確認する

アコムは貸金業法で定められたルールに反して貸し付けを行ってくれません。

貸金業法では利用者の年収に対して最大3分の1まで融資ができると決められており、返済能力の上限とも言えます。

これはアコム1社からの金額ではなく、他社から借入したものも合計して計算されるため注意が必要です。

年収300万円の人が借入できるのは100万円まで。もしすでに他社から目いっぱい借入していると、アコムからは返済能力がなく審査基準に満たさないとして処理されてしまいます。

したがって、まずは自身の年収と既に借入している金額を見比べるといいでしょう。

ただし、住宅ローンや自動車ローンといった貸し付けを受けている場合は借入の上限に影響されないので、省いて計算してください。

自身の信用情報を確認する

アコムが審査を行う際に信用情報を必ず確認します。事前に自身で確認しておけば審査基準に満たない可能性があるかどうかを把握できるので見ておきましょう。

信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるところで保管されており、一般の人でも問い合わせをすると確認可能です。

取り寄せた信用情報の支払い情報の欄に「異動」と書かれていれば過去に返済が遅れた旨を表しているので、その有無を確認しておきましょう。

支払いの遅れがあると信用情報にキズがついていると、返済能力に難があるとアコムに思われ、審査基準を満たさない可能性があります。

もし現在何かの返済が滞っている場合、できるだけ早く返済を済ませてしまいましょう。

3秒診断を利用する

アコムの公式ページには3つの項目を入力して審査基準を満たし借入できるかどうかを簡易的に確認できる3秒診断があります。

    3秒診断で入力する項目

  • 年齢
  • 年収(総支給額)
  • カードローン他社借入の状況

3秒診断を利用すれば、アコムへ申し込む前に審査基準を満たし融資可能かどうかの目安となるでしょう。

現在の年収に対して他社借入額がどれらいなら基準を満たすのかも確認できます。

他社の借入状況の欄には、クレジッカードのショッピングや住宅・自動車ローン、銀行カードローンは含まれません。
アコム3秒診断の結果
・お借入できる可能性が高いです
・ご入力いただいた内容だけではお借入可能か判断できませんでした

ただし、アコムの3秒診断で表示された結果は、実際の審査に必ずしも反映されるとは限りません。

3秒診断には信用情報を記入する欄がないので、診断と本審査の結果が異なる場合もあるので注意してください。

あくまで簡易的な確認ができるだけなので、目安として捉えるようにしましょう。

アコムの審査基準を満たして審査通過を実現させよう

    アコムの審査基準

  • 年齢
  • 年収
  • 返済能力

アコムの審査基準は上記の3つですが、特に返済能力を重要視しています。

借入してもきちんと返済できる旨をアコムに示しさえすれば、審査基準を満たせるでしょう。

事前に審査基準を満たしているかを把握する方法もありますので、一度ご自身で確認してみるのもいかもしれません。

関連コラム