アイフルのかりかえMAXは利用する価値あり?借り換えで損をしない方法

アイフルのかりかえMAXは利用する価値あり?借り換えで損をしない方法

「複数社からの多重債務を一本化したい」
「より低い金利で借金をまとめたい!」

そんなニーズに答えてくれるのが、アイフルの借り換え専用ローン「かりかえMAX」です。

この記事では、かりかえMAXの特徴や利用するメリット、申し込みに必要な書類などを解説します。

今借りている借金の金利を下げ、返済の負担を軽くしたい方は要チェックです!

アイフルの「かりかえMAX」を利用すれば、他社の借金を借り換えられる

貸付利率 3.0~17.5%
遅延損害金利率 20.0%
融資限度額 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式
返済期間 最長10年(120回)
担保・連帯保証人 いずれも不要

アイフルの「かりかえMAX」は、おまとめローン(複数の債務を1本化するサービス)の1種です。

例えばA社から20万円、B社から10万円、C社から20万円借りているとします。

その場合は「かりかえMAX」で50万円を借りてA社、B社、C社の債務を返済し、借り換え先のアイフルにだけ借金を返済する仕組みです。

アイフルをすでに利用している場合は「おまとめMAX」を使おう

アイフルはかりかえMAXとは別に「おまとめMAX」という名称のおまとめローンも提供しています。

● かりかえMAX……アイフルを初めて利用する人向け
● おまとめMAX……現時点ですでにアイフルを利用している人向け

違いは対象になる利用者の条件のみで、貸付利率、遅延損害金利率、融資限度額、返済方式などはいずれも同じです。

かりかえMAXは総量規制の対象外

貸金業者(消費者金融や信販会社など。銀行は該当しない)から借りられるお金の総額の上限を、その人の年収の3分の1までとする貸金業法の「総量規制」という決まりがあります。

たとえば年収が300万円の人の場合、総量規制により通常借りられる金額は100万円までです。

しかし、アイフルのかりかえMAXに関しては総量規制の対象になりません。

これは、借り換えのような「顧客に一方的に有利となる借り入れは、例外的に総量規制から外してもよい」と決められているからです。

上記の理由から、債務の総額が年収の3分の1を超えている場合でもかりかえMAXへの申し込みができます

もちろん審査に通過する必要はあるので、必要書類の準備などは怠らないようにしましょう。

アイフルのかりかえMAXで借金を借り換えるメリット

借入金利が低くなることが多い

アイフルのかりかえMAXの金利は3.0%~17.5%で、通常の金利として設定される3.0%~18.0%より少し低い数字です。

さらに、基本的には一社からの借入金額が高くなるほど金利は低くなりやすい傾向があります。

複数の債務を一本化する「かりかえMAX」を利用すれば借入金額は多くなり、その結果金利が借り入れ前よりも低くなる可能性が高いでしょう。

毎月の返済額が減り、家計に余裕ができる

かりかえMAXを利用すると、毎月の返済額は利用前よりも少なくなるケースが多いです。

毎月の返済額が少なくなれば、家計にも心にも余裕が出てきます。

ただし、あまりにも返済額を少なくしすぎてしまうと返済期間が伸び、その結果総返済額が増えかねませんので注意が必要です。

総返済額はウェブ上で提供されている「返済シミュレーション」で計算できますので、あらかじめ確認しておきましょう。

返済の管理が楽になる

おまとめローンを使うと、毎月の返済回数を1回にできます

複数社から借り入れていた時は複雑だった返済管理が楽になるのも、かりかえMAXの大きなメリットです。

なお、給料日直前に設定してしまうとお金を使いすぎて返済できなくなる恐れがあるので、返済日は返済資金に余裕がある給料日直後に設定したほうが良いでしょう。

アイフルのかりかえMAXで借り換えるデメリット

返済期間が伸びると総返済額が増えることも

毎月の返済額が減るのは一見メリットしかないように思えますが、返済額が減れば、その分返済期間が伸びていきます。

利息がかかる期間が長くなりすぎると、総支払額が増えてしまうかもしれません。

かりかえMAXを利用しつつも総返済額を減らしたい場合は、随時繰り上げ返済を行うといいでしょう。

繰り上げ返済によって支払った金額は全額利息ではなく元本に充当されるため、毎月定められた返済(約定返済)よりも効率的に債務を減らせます。

ただし、繰り上げ返済をしても、毎月の約定返済の義務は残ります。繰り上げ返済のし過ぎで約定返済ができない、という事態に陥らないよう注意してください。

おまとめローン利用中の追加借り入れはできない

おまとめローンの利用中は、原則として追加借り入れが行なえません。

追加借り入れができないのはデメリットでもありますが、「新たに借り入れをして債務を増やしてしまう心配がない」点ではメリットとも言えるでしょう。

普段からついつい借りすぎてしまう方には、追加借り入れができなくなるおまとめMAXの利用をおすすめします。

審査のハードルが高い

かりかえMAXにも通常のカードローンと同様に審査があり、無条件で融資を受けられるわけではありません

借入金額や借入件数が多すぎたり、延滞した情報が残っていたりする場合は審査に不利になります。

かりかえMAXは融資額も多くなりがちなので、誰もが通過できるような簡単な審査ではないと考えておきましょう。

アイフルの「かりかえMAX」で借金を借り換えるまでの流れ

(1)申込み&審査

まずはアイフルへの申し込みをしてから、審査を受けましょう。

かりかえMAXを申し込む手段

上記3つの手段のなかで、最もおすすめなのはwebからの申し込みです。

24時間365日いつでも申し込める上、店舗まで移動する手間もかかりません。

なお、いずれの申込方法を選んだ場合でも、審査の内容や難易度は変わりません。自分にとって最も都合の良い方法を選びましょう。

(2)契約

申し込み後、審査に合格したら契約手続きを行ってください。

契約手続きは自動契約機、もしくは店頭窓口から行えます(近所にどちらもない場合は、郵送でも対応可能)。

なお、契約にあたっては、以下の書類が必要です。

本人確認書類

A
運転免許証
パスポート
(※所持人記入欄があるもの)
住民基本台帳カード
特別永住者証明書
在留カード
公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
個人番号カード(表のみ)
B
健康保険証
年金手帳
母子健康手帳
C
戸籍謄本(抄本)
住民票
住民票記載事項証明書

Aを持っている場合は「A+BまたはCの計2点」を提出すれば申し込みが可能です。

Aを持っていない場合は「B2点」「B1点とC1点」「C1点とアイフルから送付される簡易書留」のいずれかを選択して提出しましょう。

収入証明書

源泉徴収票
住民税決定通知書
給料明細書
確定申告書
所得証明書

収入証明書は、上記いずれかのうち1点を提出します。

会社員なら給料明細書や源泉徴収書、自営業の場合は確定申告書が用意しやすいのではないでしょうか。

(3)他社への返済

契約に成功したら、借り入れたお金を使って既存の債務を返済できます。

その後、かりかえMAXで借り入れた分をアイフルに対して返済していきましょう。

アイフルの返済日は毎月1回ですが、余裕のある時は前述した「繰り上げ返済」を行なうとより早く残高を減らせますよ。

アイフルの「かりかえMAX」で他社からの借金を借り換えて一本化!返済期間の延ばしすぎには要注意

  • かりかえMAXを利用すると複数の借金を一本化できる
  • 金利が低くなりやすく、毎月の負担額も少なくなるのがメリット
  • 返済総額が増加しないよう、繰り上げ返済の利用がおすすめ

アイフルのかりかえMAXは他社ローンだけではなく、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠も一本化できる便利な借り換えサービスです。

借り換え後は返済が月1回になるので心理的な負担も減りますし、うまく使えば金利も低くできます。

一方で、最低限の返済しかせずに返済期間が長引くと、利息によって総返済額が増加する可能性もあるため、計画的な利用を心掛けるようにしましょう。

関連コラム